スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダークマター、進展?

去年の末に、CDMSというダークマター(暗黒物質)を検出しようとする実験の結果が発表されました。

その時のブログ記事は、この辺
世紀の大発見?←結果についての話。

結果の話に到るまでの予備知識(結構長いですねぇ。でも噛み砕いてありますから時間のある時にどうぞ)
足りない物質~その1
足りない物質~その2
足りない物質~その3
ダークマターへの3つの道
WIMP
CDMS
WIMPの資格

結論としては、ダークマターが実験装置と衝突したのが、2回検出されたかもしれない、という事でした。かもしれない、というのは、検出された衝突は、どちらもダークマターとは関係なく、もう知られている物質との衝突かも知れない、という事です。

これがもしダークマターだったとしても、CDMSという実験は、ギリギリ検知できるか出来ないか、というレベルの実験だったわけです。


CDMS以外にも、ダークマターを発見しようという実験がいくつか行われています。今週になってその1つ、XENON100が、最初の結果を発表したんですね。

XENON100は、ダークマター探知機として100kgのキセノンを使う実験。名前の由来は…そのまんま(笑)


キセノンのように液体を使った実験が、CDMSのように超伝導体を使う実験と比べて有利なのは、体積をどんどん増やして、ダークマターがぶつかるためのターゲットを大きく出来ること。すでに、1トンクラスのキセノン探知機を使った実験が、日本でもうすぐ始まる予定です(XMASS実験)。

100kgでギリギリまで迫った場合には、1トンあれば確実にダークマターが探知出来るはず、というわけ。


とにかく、XENON100が今回発表したのは、去年の10~11月に行われた、延べ11日間のテストランの結果。そしてこの11日間では、ダークマターの衝突だと思われるイベントは無かったそうです。

ガッカリしそうなところですが、これはまだテストラン。これを今発表する理由は、ダークマター以外の物が装置にぶつかっても、ダークマターと間違うことはないよ、というのを宣伝するためです。今後XENON100が、ダークマターを発見した、と発表する事があれば、それは信憑性がかなり高いわけです。


XENON100がどうやってダークマターを検知するつもりなのか、など今後書くかもしれません。自分的には、CDMSより分かりやすいです。

この話については、New York Timesに記事がありました。

論文はこちら

テーマ : 自然科学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

毎度、毎度

Ashさんの日記には感心させられっぱなしです
一応、私自身、理系で大学を出てますがこういったことを理解出来る能力はもちろん、門外漢にも解りやすく説明出来る能力には脱帽です
ダークマターについても正直、初耳で過去の日記を見てどういったものか知った次第です
もう少し、アンテナを高くしないとなーと、思う反面、Ashさんのブログ自身がいい情報源になるなと(笑)

ハルオさん

能力と言っても、長い間練習してる、っていうのが大きいと思います(笑)

普通に生活しているだけでは接する事がない情報を集めるのはなかなか大変ですよね。Twitterを最近始めたんですが、これは結構使えるかも知れません。
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

プロフィール

アシュリー

Author:アシュリー
カリフォルニア州バークリー在住、元スポーツジャンキーのアシュリーです。

今観るスポーツは、アーセナル(サッカー)とグリズリーズ(バスケ)、あとテニス。

専門の物理ネタ以外にも、色々書いていくつもりです。

Twitterをハンドル名Inoueianでやっています。

ブログ内検索
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
RSSリンク
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。