スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前回の答え

前回書いた問題。コメントがないんですが、考えてくれたと勝手に決め付けて答えを書きます。

一応、ネタバレ防止のために、↓「続きを読む」をクリックした後に。








ヒントは、「月から見る夜空を想像してみてください」、でした。


月から見ても地球から見ても、空で一番明るいのは太陽。でも、太陽が沈んだ後に一番明るいのはなんだろう?、って言うのが問題なんですね。

地球で言うと、太陽の次に明るいのは月。月は、他の惑星地球以外の惑星と比べたら小さいですが、やっぱり地球から一番近い天体だから、ですね。

月では、太陽の次に明るいのは地球です。地球の半径は、月の4倍くらい。という事は、月から見える地球は、地球から見える月より、16倍くらいの大きさで見えるんですね。実際に見る事が出来たら、圧倒される大きさじゃないかと思います。見てみたいですね…

つまり、月面で、太陽に直接照らされていない場所でも、地球に照らされているという事。その部分が地球から灰色に見えるという事は、太陽→地球→月→地球と何度も反射された光が見えているんです。


さらに、月から見た地球の満ち欠けを考えると、三日月くらいの時にこれが見えやすい理由が分かります。

地球から三日月が見えるというのは、太陽・地球・月の位置関係はこんな感じ↓(本当は、月と地球の距離は、太陽からの距離よりずっとずっと近いです。一応)

phases of the Earth
地球から月を見ると、斜め向こうから照らされているので、明るい部分が小さく見えるわけです。

逆に月から地球を見ると、背後から光が来ているので、見える部分のほとんどは太陽に照らされている事になります。要するに、大体満ちている地球が見えるので、普段よりさらに明るいんですね。


こういう些細だけど奥深い謎。感激が共有できたかなぁ?

テーマ : 物理学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

プロフィール

アシュリー

Author:アシュリー
カリフォルニア州バークリー在住、元スポーツジャンキーのアシュリーです。

今観るスポーツは、アーセナル(サッカー)とグリズリーズ(バスケ)、あとテニス。

専門の物理ネタ以外にも、色々書いていくつもりです。

Twitterをハンドル名Inoueianでやっています。

ブログ内検索
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
RSSリンク
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。