スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

物理の歴史

保留になっている原子核合成の話、考えれば考えるほど、一般向けに説明出来る自信がなくなってきたんで、ちょっと良い方法を思いつくまではやめておきますね。


先週末、サンフランシスコの紀伊国屋に行ってみたんですね。見かけたのがこんな本。

物理学天才列伝 上 (ブルーバックス)物理学天才列伝 上 (ブルーバックス)
(2009/12/22)
ウィリアム・H・クロッパー

商品詳細を見る

物理学天才列伝 下 (ブルーバックス)物理学天才列伝 下 (ブルーバックス)
(2009/12/22)
ウィリアム・H・クロッパー

商品詳細を見る



中身はほとんど見なかったんですが、裏表紙に、出てくる物理学者の名前が列記されたのをメモってきました。

上巻
1.力学 ガリレオ、ニュートン
2.熱力学 カルノー、マイヤー、ジュール、ヘルムホルツ、トムソン、クラウジウス、ギブス、ネルンスト
3.電磁気学 ファラデー、マックスウェル
4.統計力学 ボルツマン
5.相対性理論 アインシュタイン

下巻
1.量子力学 プランク、ボーア、パウリ、ハイゼンベルク、シュレディンガー、ド・ブロイ
2.原子核物理 キュリー、ラザフォード、マイトナー、フェルミ
3.素粒子物理 ディラック、ファインマン、ゲルマン
4.天体物理 ハッブル、チャンドラセカール、ホーキング

大体のところは納得の行くメンバーです。当然、このリストに載ってない人の話も出てくるはずなんですが、それを承知でイチャモンを付けるとすると…


まず、ニュートンの力学の指針になったはずの、ケプラーは入れて良いんじゃないかな、と。そしてニュートンのあとに、力学の表記法を改良したラグランジュ、ハミルトンも。この改良が無かったら、20世紀の物理の進歩は相当遅れたはずです。

熱力学の歴史は、正直良く知らないんですよねぇ。出てくる名前だけから、業績を思い浮かべられない人がいます。なのでノーコメント(苦笑)

電磁気学、統計力学、相対性理論は、このままでも文句無し。


量子力学は、このメンツを眺めると、ド・ブロイがどうしても他の人達の2段、3段下にいるんですよね。他の5人にアインシュタインとディラックを加えたのが、量子力学を作り上げた天才7人。

核物理は、出ている4人は文句無しなんですが、ベーテも入れて欲しかった。ガモフも入れても良いかな。この2人は、天文物理にもカウント出来ます。

素粒子物理は、ワインバーグも入れて良さそう。

天体物理は、ホーキングを入れて良いのかなぁ?もちろん有名で、ストーリー的にも良いんだけど、実在の天体に関わる重要な業績がどれくらいあるかと言うと、微妙な気がします。宇宙の膨張を理論化したフリードマンとルメートルなんかは入れても良さそう。


…うーん、すでに物理の歴史にちょっと詳しい人じゃないと、何のことやら、なブログでした。

テーマ : 物理学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

プロフィール

アシュリー

Author:アシュリー
カリフォルニア州バークリー在住、元スポーツジャンキーのアシュリーです。

今観るスポーツは、アーセナル(サッカー)とグリズリーズ(バスケ)、あとテニス。

専門の物理ネタ以外にも、色々書いていくつもりです。

Twitterをハンドル名Inoueianでやっています。

ブログ内検索
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
RSSリンク
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。