スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006年のTop 5 Games

去年のスポーツを、自分の中でのベスト5で振り返ってみます。

どれも甲乙付けがたいんで、順番は日付で。


1月4日
大学アメフト、ローズボウル(National Championship Game)
USC(1位)対テキサス(2位)

記事

USCにはQBマット・ライナート(現カーディナルス)とRBレジー・ブッシュ(セインツ)、
テキサスにはQBヴィンス・ヤング(タイタンズ)。
今はNFLのルーキーとして活躍している選手で、
MVP(ハイズマントロフィー)候補3人が揃った豪華な対戦でした。

USCは34連勝中で連覇をかける試合、テキサスは19連勝中。


試合は最後までもつれて、
4thダウンのスクランブルでヤングがタッチダウン。
テキサスが逆転で勝ちました。


2月12日
トリノ冬季五輪
クロスカントリー、30kmパシュート

記事

スタート早々、優勝候補だったノルウェーのフローデ・エスティルが転倒。
最後尾から追う事になってしまいます。

嘘のような追い上げで、なんと銀メダル獲得。


3月26日
大学バスケ
NCAAトーナメント準々決勝
ジョージ・メイソン対コネチカット

記事

コネチカットは優勝経験もある強豪で、1番シード。
ジョージ・メイソン大学は、
ギリギリでトーナメント入りした、11番シード。

ジョージ・メイソンは、
準々決勝まで出てきたのがすでにサプライズでした。


コネチカットが優勢だったのを、残り時間わずかで逆転しますが、
コネチカットが最後のプレーで同点にして延長に。
層の厚さを含めた実力と勢いの違いで、
コネチカットが勝つんじゃないかと思いました。

結局はジョージ・メイソンが延長でシュート6本中5本を決めて、
86-84で勝ち。

準決勝で負けましたけど、
11番シードがファイナル4に残ったのは史上初。


8月31日~9月1日(12時を回ったので、笑)
テニス
全米オープン2回戦
アンドレ・アガシ対マルコス・バグダティス

記事

これが現役最後のトーナメントのアガシと、
8番シード、バグダティスの対戦。

アガシが2セット先取した後、
バグダティスが2つ取ってフルセットに。

疲労で足を攣らせたのは、
36歳のアガシではなくて、21歳のバグダティスでした。
この辺、今思い出してもクレイジーな展開で、
アガシが勝ち抜けました。

次の(ベンヤミン)ベッカー戦でアガシは負けたんで、
これが現役最後の勝利に。


11月18日
大学アメフト
オハイオ州立(1位)×ミシガン(2位)

記事

伝統のあるライバル対決で、
レギュラーシーズンでは珍しい1位対2位の試合。
勝てば、1月8日のタイトル戦への切符が手に入ります。

しかも、オハイオ州立の卒業生で、
ミシガンの名監督だったボー・シェンベックラーが、
試合前日に亡くなった事で、さらに感情の高まる試合に。


期待に応えたレベルの高いゲームで、
3点差でオハイオ州立が勝ちました。



1試合に限らないで言うと、
カーディナルスのワールドシリーズ優勝や、
スペインの世界バスケ優勝が、個人的には上の方に来ます。

ワールドカップや、WBCもありましたし、
全体的にスポーツの面白い年だったんじゃないでしょうか。

テーマ : スポーツ全般
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

プロフィール

アシュリー

Author:アシュリー
カリフォルニア州バークリー在住、元スポーツジャンキーのアシュリーです。

今観るスポーツは、アーセナル(サッカー)とグリズリーズ(バスケ)、あとテニス。

専門の物理ネタ以外にも、色々書いていくつもりです。

Twitterをハンドル名Inoueianでやっています。

ブログ内検索
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
RSSリンク
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。