スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オッカムの剃刀

Calvin and Hobbesって4コマ漫画があります。というか、ありました。

小学生Calvinと、トラのぬいぐるみのHobbesが主人公。Calvinが、親、学校、社会一般の常識に無邪気に反抗する日々を描いた漫画です。和やかな絵柄とは裏腹に、やけに鋭い社会風刺をしてるんですね。コメディーとしても面白いのはもちろんですよ。

と言うわけでオススメなんですが、この話をしてるのは、1つ紹介したい回があるから。

4コマより長い、日曜版です↓

Calvin and Hobbes

昔の写真がなんで白黒なのか不思議に思ったCalvin、お父さんに聞きに行きます。

Calvin「おとうさん、なんで昔の写真は白黒なの?カラーフィルムはあったんでしょ?」
Dad「そりゃああったよ。実はね、古い写真はカラーなんだよ。でも、世界が白黒だったんだ」
Calvin「ホントに?」
Dad「本当さ。世界は1930年代くらいまでカラーにならなかったんだ。しかも最初の頃は、色が粗かったんだよ」
Calvin「それってすごい不思議」
Dad「事実は小説より奇なりというからね」
Calvin「でも、なんで昔の絵はカラーなの?世界が白黒だったら、画家もそういう風に描いたんじゃないの?」
Dad「そうとも限らないさ。偉大な画家の多くは、狂っていたからね」
Calvin「でも、でも、なんでカラーで描けたの?絵の具も灰色だったんでしょ?」
Dad「そうだよ。1930年代に、絵の具もカラーになったんだ」
Calvin「じゃあなんで、白黒の写真はカラーにならなかったの?」
Dad「白黒の世界をカラーで撮ったからだよ」


Calvinが不思議に思った事、説明して欲しかった事は、
1.今の写真はカラー
2.昔の写真は白黒
3.今の絵はカラー
4.昔の絵はカラー

もちろん、正しい説明は、昔の写真は白黒しか撮れないフィルムだった、で、お父さんの説明はデタラメです。でも、論理的には間違ってません。昔のフィルムが白黒だった、という証拠があるのでもなければ、絶対に間違ってると言う証明はできないんですね。


判明している事実を説明するために、いくつかの説がある、っていうのは科学の世界や法廷ではよくある事。こういう時にどうすればいいのか。

タイトルでピンときた人はもう分かっていると思います。複数の説がある場合には、より簡潔なものを選ぶべき、というオッカムの剃刀、という指針があるんです。

なぜ「剃刀」かというと、必要の無いものは切り落とすべき、という事です。オッカムのウィリアムという人が書いたので、こういう名前が付いたんですね。


Calvin and Hobbesの、昔の写真に付いて説明するには、
1.1930年代頃にカラーフィルムが発明され、普及しだした
2.カラーフィルムの質は最初の頃はあまり良くなかった
という2つの要素だけで足ります。

一方、Calvinのお父さんの説明には、
1.世界は1930年代まで白黒で、そのあとカラーになった
2.さらに、カラーになったあと少しの間は、色が粗いままだった
3.昔の画家は、白黒の世界がカラーに見えていた
と、3つの主張が入ってます。しかも3つとも、なんで?とさらに聞きたくなるような話です。

このことから、1つ目の説明のほうが、正しい可能性が高いと思われるわけです。


オッカムの剃刀は当然、絶対的な基準ではありません。込み入った説明のほうが正しいこともあります。

でも、自分の説がどういう前提の上に成り立ってるのか考えるのは大事です。例えば、陰謀論と言われるもののほとんどは、気をつけて考えれば、おかしな前提がある事に気がつくものです。

秘密の何かがあったとして、その秘密をどれだけの人が知っているのか。そして秘密を知っている人それぞれに、秘密を隠す理由はあるのか。つまり、隠す事で、秘密を明かした場合より得をしているのか。世の中にある色んな陰謀論についてこう考えて行くと、実はそんな秘密など無いんじゃないか、と思えるものがほとんどのはずです。



ところで、うちのブログで書いている色んな事は実は、結構少ない数のテーマで繋がってます。自分の頭の中にある密接な繋がりを、どうやって他の人にも伝わる言葉で説明出来るかな、と言うのが1つの課題です。

で、オッカムの剃刀の話は、エントロピーと大いに関係があったりするんですねぇ。今回はもう長くなりかけてるんで、また後で。

テーマ : 哲学/倫理学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

なるほど~

こんにちは。「オッカムの剃刀」の話、とても興味深く読ませて頂きました。私なんか、もっとも騙されやすい人間だと思ってしまいます。より簡潔なほうを選ぶ前に、枝葉でいちいち感動したり、考えたり、流されたりしちゃうんですね。しかも、自分の妄想まで始まったりして・・・。最後に頼るは、最初の自分の直感みたいな?まだ、心底わかってないと思いますけど、ごちゃごちゃになったら、「オッカムの剃刀」を思い出してみます。今日、このブログ読ませて頂くだけで、かなり頭を使いました(笑)。どうもありがとうございました。

かのちゃん♪さん

騙されないために一番大事なのは、ツッコむ事、じゃないでしょうか。それってホントなのかな、と一歩下がって見る事で、見えていなかったものが見えるようになる事はあると思います。他の人が言っている事はもちろん、自分の思っている事に付いても。

載せた部分でも分かると思いますが、Calvinのツッコミは結構きついです。残念ながら、お父さんのほうが一枚上手でしたが(苦笑)
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

プロフィール

アシュリー

Author:アシュリー
カリフォルニア州バークリー在住、元スポーツジャンキーのアシュリーです。

今観るスポーツは、アーセナル(サッカー)とグリズリーズ(バスケ)、あとテニス。

専門の物理ネタ以外にも、色々書いていくつもりです。

Twitterをハンドル名Inoueianでやっています。

ブログ内検索
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
RSSリンク
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。