スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カフェ

前回は、ブログタイトルのBerkeleyの方の話だったんで、今回は、なぜ「Cafe」なのか、説明します。

まぁ単純に、自分がカフェによくいる、と言うのもあるんですが、それ以上に、コーヒーがヨーロッパに広まってから、カフェ、コーヒーハウスと言うものが、活発な議論の場だったからです。

17、8世紀、イギリスやフランスで生まれた啓蒙思想は、パリのカフェ、ロンドンのコーヒーハウスでの討論に育てられたという話があって、イギリスのチャールズ2世は、危険思想を抑えつけるためにコーヒーハウスの禁止を考えたほどです。


アイザック・ニュートンの「プリンキピア」は、近代物理の基礎を築いた本ですが、ニュートンが「プリンキピア」を書くに至るまでに、こんなエピソードがあったとされています。

ある日、ロンドンのコーヒーハウスに、3人の有名な科学者が集まりました。
ロバート・フック (バネの力の強さを表わすフックの法則。「顕微鏡図譜」)
エドモンド・ハレー (ハレー彗星の軌道を計算、再来を予期)
クリストファー・レン (ロンドン大火の後、↓セントポール大聖堂などを再建)
St. Paul's


この3人が1箇所に集まって討論してる、というだけでもすごい話なんですが、この日、3人が語り合ったのは、惑星の軌道と、それを保っている力について。

この時はすでに、ケプラーの法則は発見されていました。
1.惑星の軌道は楕円形で、その楕円の焦点の1つに太陽がある。
2.惑星と太陽の間を繋ぐ線が、一定時間に通り過ぎる面積は一定。
3.惑星の周期の2乗は、軌道の長半径(楕円の一番長い半径)の3乗に比例する。

3人は、この3つの法則から、惑星を軌道に保っている力の向きと強さが分かるかどうか、考えていたんです。


まず、「この力は太陽に引っ張られる力で、強さは太陽からの距離の2乗に反比例(逆2乗の法則)するのじゃないか、と思ったが、数学的に示す事が出来なかった」、と言ったのがレン。

これに対してフックは、「天体の全ての運動は、この逆2乗の法則で説明できる。そしてそれを証明することも出来る」と言いました。
さらに、「もっと他の科学者が挑戦して、失敗してから発表する。そうすれば価値が認めてもらえるだろう。」という自信満々の発言まで。

ハレーは、フックが本当に証明できるのかどうか、疑問を持ちました。フックに証明できるかどうか、レンは賞金を掛けたそうです。これを証明したのはもちろん、フックではなくニュートンでした。


フックがすぐに答えを出さない様子なのを見て、ハレーはニュートンに会いに行きました。逆2乗の法則で、太陽が惑星を引き寄せていたら、惑星の軌道はどんな形になるのか、と。

ニュートンは、それは楕円になる、と即答。

彼は、20年近く前の大学生時代、ケンブリッジが黒死病に襲われた際の休みの間に、万有引力の法則を発見していたんです。その発見については、彼は何も発表していない状態でした。今の科学界では考えられない話ですが、当時では珍しくなかったと思われます。

ハレーの度重なる質問に対して、計算、証明、説明を続けながら、ニュートンは「プリンキピア」の構想を練っていったそうです。「プリンキピア」が出版されたのは、ハレーとニュートンが話したほぼ3年後(1687年)、500ページほどの大著でした。


フック、ハレー、レンの、コーヒーハウスでの議論が無かったら、ニュートンより先に、フックやライプニッツ、ヨハン・ベルヌーイなどが、逆2乗法則が正しい事を証明して、発表していたかもしれません。

その力が、地球上で感じられる重力と同じものだ、という飛躍はニュートンだけのものですが、それでも、科学史が大きく変わっていたかもしれないわけです。

テーマ : 物理学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

プロフィール

アシュリー

Author:アシュリー
カリフォルニア州バークリー在住、元スポーツジャンキーのアシュリーです。

今観るスポーツは、アーセナル(サッカー)とグリズリーズ(バスケ)、あとテニス。

専門の物理ネタ以外にも、色々書いていくつもりです。

Twitterをハンドル名Inoueianでやっています。

ブログ内検索
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
RSSリンク
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。