スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かな、カナ、漢字

前のブログだった頃に初めて読んだ本なんですが、(当時の記事
金田一春彦の「日本語」、再読してます。

日本語〈上〉 (岩波新書)日本語〈上〉 (岩波新書)
(1988/01)
金田一 春彦

商品詳細を見る


日本語〈下〉 (岩波新書)日本語〈下〉 (岩波新書)
(1988/03)
金田一 春彦

商品詳細を見る


3年前には、余白に書き込みたいな、と思ってましたが、
今は、小さいノートを携帯して、読書のノートもそれに付けるようになったので、
付けてます。

まだ上巻の半分も来てませんが、ノートの多い事。
もっと新しい資料をチェックしてみたい事や、浮かんだ疑問、
あと、英語についての記述で、これは無いだろう、というコメント(笑)


日本語とはどういう言語で、どういった特色があるのか、という本なんですが、
最初に出てくるのが、
日本語のどこが珍しいのか、またはそう珍しくもないのか、という話です。

読んでみて、やっぱり一番珍しいんじゃないかと思うのが、日本語の表記法。

自分の知っている限り、
日本語と、ちょっと前までの朝鮮語以外で、
表音文字(アルファベット、かな)と表意文字(漢字、ヒエログリフ)を両方使ってる言語って言うのはありません。

日本語にはさらに、ひらがな、カタカナの区別があって、
発音が全く同じなのに使い分けられています。

writing systems

↑Wikipediaに載っているマップだと、
表記法が複数あるのは日本語とモンゴル語だけ。
すごくマイナーな言語ならあるかもしれませんが、
数千万人以上の人が話せる言葉では、他に無いはず。


これは本にも書かれてますし、
外国語を読むことの多い人なら気付いてると思いますが、
この使い分けのおかげで、日本語はとても流し読みがしやすくなってます。

人物や組織の名前は、たいてい漢字かカタカナ。
誰が何をしたのか、という要点だけを掴みたければ、
漢字とカタカナに注目するだけで、結構いいところまでいけるんです。

他の言語では、そうはいきません。
長かったり短かったり、大文字だったりで、目立つ言葉はありますが、
数は多くないので、それだけ見ていては要点を逃してしまいます。

英語で単語を目立たせたい時には、
太文字や下線を使って、字面を目立たせる手はあります。
でもこれは、使いすぎると読んでて疲れるだけでしょうね。


日本語の長所・短所、
自分などには判断できない事がほとんどですが、
これについては、長所だと断言できます。


情報科学の視点からも、表記法って言うのは面白いと思うんで、
関連した話をまたあとで書きます。

テーマ : 言語学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

プロフィール

アシュリー

Author:アシュリー
カリフォルニア州バークリー在住、元スポーツジャンキーのアシュリーです。

今観るスポーツは、アーセナル(サッカー)とグリズリーズ(バスケ)、あとテニス。

専門の物理ネタ以外にも、色々書いていくつもりです。

Twitterをハンドル名Inoueianでやっています。

ブログ内検索
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
RSSリンク
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。