スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

転校

抽象的な話のアイディアはあっても、記事になりそうな気配がないんで、
自分の近況について。

2月にさりげなく書いた話ですが、
8月に転校する事になりました。
行き先はカリフォルニア、ベイエリアです。

土曜から、少し見学&住居を探しに行ってきます。

研究は同じ教授と続けるんで、
日々やる事は多分そんなに変わりません。
会う人、話す人、吸収するものは変わりますが。


教授が移るのに付いていくって事で、
どうも、入学審査は普通よりずっと緩かったようで(笑)
裏口から入ったような気分です。

3年前には、願書を出さなかった学校なんで、
表口から入れたかどうかは永遠の謎です。


人生、色々と後になって後悔する事はありますが、
大学院でワシントンに来たのは、
今になってこそ分かる事を考慮に入れても、正しい判断だったように思います。

受けた院の選択も、悪くなかったな、と今でも思ってます。


ちょっと後悔してるのは、17、18歳の時の、受ける大学の選択ですね。
無意味な条件で絞りすぎてたな、と。
例えば西海岸の学校は1つも受けませんでした。

最終結果は悪くなかったですが、リスキーでしたし、
もっと良い結果が出ていたかもしれない、とも思います。

今になって分かる、という事なら、後悔してもしょうがないですが、
この場合は、そうでもないと思うんです。
少し調べたり、人に聞けば分かったはずの事を、見逃していたんで。


大事な判断は、最終的には自分が下すものですが、
集められる情報はちゃんと集めて、
参考になりそうな人の意見も聞かないといけませんね。
当然ですが。

テーマ : 研究者の生活
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは

自分の選択を正しい判断と思えるのは、
きちんと自分を見つめている人ではないと出来ないような気がします。
当時見逃していた事は、やはり今になってこそ分かる事で、でもそれがわかったと言う事は、今現在見逃す事が少なくなる。今後さらに向上していく、自分を見つめる幅が大きく広がるのではないでしょうか...
アシュリーさんはその可能性を存分にお持ちだと思います。
頑張ってくださいね!

ココロコさん

はじめまして(?)
コメントありがとうございます。

タイムマシンは無いし、人生のリセットも出来ないので、
当時、分かってもおかしくない、と今思う事も、
本当はどうやっても分からなかった事だったかもしれませんけどね。
もしそうだとしても、教訓が得られるものなら、
振り返って考えるのは本当に有益だと思います。

振り返ってもどうしょうもないのは、
実は郊外に住むのは嫌いだった、とか言う事ですね。
大学を出た後で分かった事なので、
どうひねっても、大学を選ぶ時の失敗には数えられません。
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

プロフィール

アシュリー

Author:アシュリー
カリフォルニア州バークリー在住、元スポーツジャンキーのアシュリーです。

今観るスポーツは、アーセナル(サッカー)とグリズリーズ(バスケ)、あとテニス。

専門の物理ネタ以外にも、色々書いていくつもりです。

Twitterをハンドル名Inoueianでやっています。

ブログ内検索
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
RSSリンク
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。