スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NFLドラフト

先週末、ドラフトでした。

本題に入る前にクイズ。
NFLで、平均年俸が1番高いポジションは?

これはもったいぶらずに答えをすぐ書いちゃいます。
ボールを触るのが一番多く、パスの判断を任されるクォーターバックです。


じゃあ、平均年俸が2番目に高いポジションは?

記事の途中に答えを書くんで、
読みながら考えるなり、考えてから読むなりどうぞ。


今年のドラフト最初の指名権で、
史上初の16戦全敗を喫したデトロイト・ライオンズは、
ジョージア大のQB、マシュー・スタッフォードを選択しました。



ジョージアが基本的に好きじゃないんで、
好きな選手ではないんですが、肩は相当強いです。
3年で大学を出てきましたが、
すでにビッグゲームでのビッグプレーも数多くあります。


次に取られたQBは、USCのマーク・サンチェス。
ファーブの引退でスタメンQBを欲しがっていたジェッツが、
トレードで17位から5位まで上がって指名しました。

これまた大学が好きじゃないですが(苦笑)
カーソン・パーマ-、マット・ライナート、マット・キャセルと、
USCは最近QBをどんどんNFLに出してます。

スタッフォードほどインパクトは無いですが、良い選手だと思います。


1巡目で取られたQBは、あともう1人。
バッカニアーズが、カンザス・ステートのジョッシュ・フリーマンを取りました。

ダンテ・コルペッパーやジョー・フラッコ型でしょうか。
体のでかい選手ですが、まだまだ荒削りのようです。


サプライズだったのは、レシーバー2人。

7位指名で、オークランド・レイダーズが取ったのが、
メリーランド大のダリウス・ヘイワード=ベイ。

ドラフトキャンプでの40ヤードダッシュで4.30秒の好タイムを出したのは事実ですが、
レシーバーとしてのスキルは微妙なところ。
早くて1巡目後半と思われてた選手を、ここで取っちゃダメでしょ、
というのが衆目一致するところです。

本当に取りたければ、トレードでもっと低い指名権を貰えば良いんですからねぇ。
でもここで取っちゃうのがレイダーズらしいと言うか...
(オーナーのアル・デイヴィスは足の速い選手が好きな事で有名)


おかげで、オークランドの対岸、サンフランシスコ49ersに、
テキサス・テックのマイケル・クラブツリーが転がり込んできました。



10位指名でこんな選手が取れたのは、お得感タップリ。
直線のスピードではヘイワード=ベイにかないませんが、
フリーになるための敏捷性も、テクニックもありますし、キャッチ能力も文句なしです。


ここで、クイズの答え。

今のNFLでは、パスプレーの際、
守備のチームはクォーターバックを狙って選手を何人も突撃させます。
QBが捕まってサックされてしまうのは、攻撃としては最悪のシナリオの1つ。
いかにQBがサックされないように守るかは、最重要課題なんですね。

と言うわけで、2番目に年俸が高いポジションは、
QBを守るのに一番大事なポジション、レフトタックルです。(オフェンシブラインの一番左の選手)


オフェンシブラインの中でも、なぜレフトタックルが一番大事かというと、
ほとんどのQBは右利きなので、すぐにパスを出せるよう、左肩を前にしたスタンスを取ります。
そうすると、フォーメーションの左側は死角になる事に。
(野球で一塁が右投げ投手の死角なのと一緒ですね)

その見えないところから当たられると、
ファンブルやインターセプションの危険が一気に増すので、
守備としてはこの死角をまず狙ってきます。

なので、左側からサックを狙うのは、守備の中でも一番運動能力が高い、危険な選手。
それに対応するために、
レフトタックルは、体が大きいだけでなく、敏捷でフットワークが良くないといけません。
なかなか見つからない素質が必要なんです。

去年の1位指名はレフトタックルのジェイク・ロング(ミシガン→ファルコンズ)、
今年の2位指名もレフトタックルのジェイソン・スミス(ベイラー→ラムズ)。
ドラフトでも高く評価されてる事が分かります。



ジェイソン・スミス、確かに凄そうです。


このレフトタックルの話は、
「マネー・ボール」の著者マイケル・ルイスの、「The Blind Side」という本の受け売りです。

Blind SideBlind Side
(2007/10/02)
M Lewis

商品詳細を見る


↑カバーに出ている選手は、
今回オールミスからレイブンズにドラフトされたマイケル・オーア。



本のメインストーリーは、このマイケル・オーアが、
メンフィスのスラムで育ち、そこからの出口が見えなかった少年時代から、
偶然が重なって郊外の裕福な白人の家族の養子になり、
レフトタックルとしてアメフトのスターになる話。

誰にも見向きされなかった彼が、
アメリカ中の大学から引っ張りだこになるストーリーと、
最近数十年で一気に評価が上がった、
レフトタックルというポジションのストーリーを見事に絡めて書かれてます。

野球の話だった「マネー・ボール」と違って、和訳は出ないかと思いますが、
普通のノンフィクションの読み物として素晴らしいです。


マイケルの生い立ちの話はまさに、アメリカ社会のどん底の部分の話。
アメリカ人のほとんどにとって、想像するのさえ難しい貧困の話です。
(自分自身、メンフィス近郊に5年住んでいましたが、
せいぜい10kmしか離れていない場所が、ここまで酷いとは正直知りませんでした。
こういった場所に用事など無いですし、危険なので行く事は無いんです。)

なぜこういった場所が出来て、
なぜそこで生まれた人たちのほとんどがそこを抜け出せないのか。
大いに考えさせられる本でした。

テーマ : NFL
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

今さらですが、オーアの本、ココから買っちゃいました(笑)

式の打ち合わせがあったので2巡目の途中までしか見れませんでしたが、
レイダースは2巡目のSの選手でも「誰コイツ?」みたいになってましたね(笑)


ドラフト後の各サイトの評価を見てると、
クラブツリーのようにこの順番でおトクな指名をした、っていうよりも、
確実にニーズを埋める指名の方が評価されてるみたいですね。
まぁ、この時期の評価なんて・・・ですけど。

preさん

あ、本どうもです。
気に入ったものをさりげなくオススメしてるだけですけど、
一応Amazonのアフィリエイトプログラム入ってるんで。
まだ還元出来るほど貯まってませんが(笑)

ドラフトってものは、
最初の方は堅実に、最後の方でギャンブル、ですよねぇ(笑)
明らかに早すぎる選択は指名権がもったいないです。

ジェリー・ウェストの言っていた、
残っている中で一番良い選手を取る、
って言うのが個人的にはしっくりきます。
(グリズリーズでは実行できてた例が少ないですが、苦笑)

NFLだと、即スタメンになれる選手は限られてますから、
後々、スターになれるような選手が取れるなら、
ポジションは無視して良いんじゃないかな、と。
困るほど余ったらトレードすれば良いだけですし。
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

プロフィール

アシュリー

Author:アシュリー
カリフォルニア州バークリー在住、元スポーツジャンキーのアシュリーです。

今観るスポーツは、アーセナル(サッカー)とグリズリーズ(バスケ)、あとテニス。

専門の物理ネタ以外にも、色々書いていくつもりです。

Twitterをハンドル名Inoueianでやっています。

ブログ内検索
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
RSSリンク
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。