スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リッキー・ヘンダーソン

1ヶ月遅れのネタですが。
リッキー・ヘンダーソンの殿堂入りが決まりました。

Rickey

僕が小学校に入った時にはすでに伝説の人で、
大学にいるときまでプレーしてた、というすごい人ですね(笑)

恐らく永遠に破られないはずの盗塁の通算記録(1406)の保持者で、
2295回、ホームベースを踏んだのも記録です。


以下、ビル・ジェームズの本とBaseball Referenceを参考に

29歳までの盗塁数
1.リッキー・ヘンダーソン 794
2.タイ・カッブ 648
3.ビリー・ハミルトン 638
4.ヴィンス・コールマン 586
5.ティム・レインズ 585
6.セサル・セデーニョ 475
7.エディー・コリンズ 456
8.ヒュー・ダフィー 452
9.ウィリー・ウィルソン 436
10.ジョン・マグロー 434

30歳からの盗塁数
1.リッキー・ヘンダーソン 612
2.ルー・ブロック 604
3.オーティス・ニクソン 515
4.ホーナス・ワグナー 464
5.デイヴィー・ロペス 458
6.ハリー・ストーヴィー 441
7.トム・ブラウン 414
8.モーリー・ウィルス 390
9.ダミー・ホイ 379
10.アーリー・レイサム 372

両方で1位なだけじゃなく、
両方でトップ10に入ってるのも、リッキーだけ(笑)


ビル・ジェームズは、
打者の、ヒットの数(と打率)で測れない活躍を測るために、
Secondary basesという指標を考案しました。

直訳すると、二次塁、でしょうか。
シングル以上に稼いだ塁、って事です。
計算式は、
塁打-安打+四球+盗塁。
(盗塁失敗を引く場合もあるみたいですが)

これの歴代ランキングは、

1.バリー・ボンズ 6113
2.リッキー・ヘンダーソン 5129
3.ベーブ・ルース 5105
4.ハンク・アーロン 4727
5.ウィリー・メイズ 4584
6.テッド・ウィリアムズ 4275
7.スタン・ミュージアル 4181
8.カール・ヤストレムスキー 4133
9.フランク・ロビンソン 4054
10.ジョー・モーガン 3999

リッキーの通算打率は.270なんですが、
それでも史上最高の1番打者と言われる所以です。
539人中28人も、殿堂入りの票を入れなかったのが、
「リッキーに入れないのなら、誰に入れるんだ」、と逆に騒がれてます。


一緒に殿堂入りするジム・ライスは、
ここで落ちたらもう入れない、15年目の投票で入りました。

うーむ、それなりの数字は残してるんですが、
打者に優しいレッドソックスのフェンウェイパークに助けられた部分が大きいです。
アウェイでは打率.277、出塁率.330、長打率.459。
失礼ながら言わせてもらうと、そこまですごい選手とは思えません。

テーマ : MLB
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

プロフィール

アシュリー

Author:アシュリー
カリフォルニア州バークリー在住、元スポーツジャンキーのアシュリーです。

今観るスポーツは、アーセナル(サッカー)とグリズリーズ(バスケ)、あとテニス。

専門の物理ネタ以外にも、色々書いていくつもりです。

Twitterをハンドル名Inoueianでやっています。

ブログ内検索
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
RSSリンク
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。