スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダーウィン生誕200周年

今年は「種の起源」出版150周年でもあるんですよね。(これは11月)

チャールズ・ロバート・ダーウィン、
言うまでもなく科学史の巨人です。


家畜や植物の交配は、昔から行われていたわけで、
進化論は、「コロンブスの卵」的発見と言えるかもしれません。
一度説明されれば、当たり前じゃないか、と言われそうな。

ただ、ダーウィンが進化論を考え出した時には、
遺伝子の存在は知られていませんでした。
(メンデルの研究は1860年代で、しかも当時は注目されなかった)
この情報無しで、正しい説を組み立てられたのは、見事としか言えません。


有名な反面、誤解も色々とある人です。

「社会の進歩のため」として、
社会の強者が弱者を駆逐するのを正当化する「社会進化論」は、
ダーウィンの曲解ですが、
ナチスなどの民族主義を掲げる人達に取り入れられてしまいました。

生き物がよく使う器官が進化して、使わない器官が退化する、
というラマルキズム(用不用説)も、よくある誤解です。
(キリンの首が長いのは、首を伸ばしていたからじゃないですよ)


物理学者の中には、
全ては物質で出来ているのだから、
物理学で全ての現象が説明できる、と勘違いしている人が時々います。

確かに、化学は物理学の応用でしかない、とは言えるんですが、
進化論は、物理学とは全く別のレベルで自然現象を説明する試みです。
進化論が当てはまるのは、
自らを複製することが出来るもの(遺伝子は1例)なら何でも。

これは物理法則とはハッキリ言って関係ない話で、
物質の構造がこうなってるから、進化論が成り立つ、というような事は言えません。
(この本のどこが面白いの?と聞かれて、
インクが紙に付いてるところ、と答えるくらい的外れです)

進化論も、素粒子の理論と同じくらい、「根本的」な科学の理論だという事。


この、現象のレベルの違い、という考え方は、
昨日紹介したGEBのテーマの1つです。

脳には知能がありますが、脳細胞1つには知能があるとは言えません。
部品に分ける事で何でも説明できるわけではない、という事です。

ゲーデル、エッシャー、バッハ―あるいは不思議の環 20周年記念版ゲーデル、エッシャー、バッハ―あるいは不思議の環 20周年記念版
(2005/10)
ダグラス・R. ホフスタッター

商品詳細を見る



本題の進化論の本は、個人的にはリチャード・ドーキンスがオススメ。
(他にあまり読んでないのもありますが。
どうせだからダーウィンの本を読んでみようかな、と最近思ってます)

まず、多分一番有名な、「利己的な遺伝子」。

進化論で進化するのは、種でも個体でもなく、遺伝子だ、
というのがこの本のテーゼです。

利己的な遺伝子 <増補新装版>利己的な遺伝子 <増補新装版>
(2006/05/01)
リチャード・ドーキンス

商品詳細を見る

The Selfish GeneThe Selfish Gene
(2006/05/25)
Richard Dawkins

商品詳細を見る


ただ、「遺伝子の川」の方が、入り込みやすいかもしれません。
内容は大体、「利己的な遺伝子」を噛み砕いたものです。

遺伝子の川遺伝子の川
(1995/11)
リチャード ドーキンス

商品詳細を見る


「目的」を持っていないはずの進化が、
どうやって複雑な器官を作り上げたのかを説明するのが、「盲目の時計職人」。
これも面白いです。

盲目の時計職人盲目の時計職人
(2004/03/24)
リチャード・ドーキンス

商品詳細を見る

The Blind WatchmakerThe Blind Watchmaker
(2006/04/06)
Richard Dawkins

商品詳細を見る

テーマ : 生物学、生態学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

プロフィール

アシュリー

Author:アシュリー
カリフォルニア州バークリー在住、元スポーツジャンキーのアシュリーです。

今観るスポーツは、アーセナル(サッカー)とグリズリーズ(バスケ)、あとテニス。

専門の物理ネタ以外にも、色々書いていくつもりです。

Twitterをハンドル名Inoueianでやっています。

ブログ内検索
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
RSSリンク
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。