スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

砂上の楼閣

昨日は、CDOの危険性がなぜ見落とされていたのか、でした。

今日は、住宅バブルが終わった時に、
なぜそれが金融業界全体に大打撃を与えたのかを話して、
金融危機シリーズを終わりにしたいと思います。
(最初から読んでなかったら、1日目2日目からどうぞ)


ローンを組んで、CDOを作って、売る、
という方法で銀行が大儲けした話はもうしました。

さて、CDOを売ったお金を銀行は何に使ったでしょう?


当然、一番儲かる場所にお金を注ぎ込みたいわけです。

そう、投資家から受け取ったお金を、
さらにサブプライムローンとして貸して、CDOを作って売ったんです。

実質上、投資家から金を借りて、家を買う人に貸してる事になります。
これを繰り返す事で、銀行が貸し出したローンの総額は、
元々の銀行の資産の数倍、数十倍にも膨れ上がりました。

2倍ローンを組んで、2倍CDOを売れば、儲けも2倍。
借りては貸す、という方法で利益を数倍、数十倍に増やす事が出来たんです。


これは、小さな力でも大きなものを持ち上げられる、てこの原理にちなんで、
レバレッジ(leverageはてこの事)と言われる手法です。

レバレッジ自体は、普通の会社でもやってる事ですから、真新しくもなんともありません。
新しかったのは、ローンを出していた銀行から、ウォール街の大手証券会社まで、
金融業界みんながかけていたレバレッジの度合いでした。

leverage

これはバブルの最中の、ウォール街の証券会社5社のレバレッジの倍率。
1年ごとに見てもレバレッジの倍率が上がっていた事が分かります。

レバレッジは、儲かっている間はウハウハ状態ですが、
損をすると、それも倍増させられてしまいます。
これが、住宅バブル崩壊で金融業界が大打撃を受けた最大の理由でした。


レバレッジの倍率がここまで上がっていたのは、
CDOはもちろん、他にも色々な種類の複雑な金融商品が作られていて、
規制する側がどういう商品なのか良く分からず、追いつかないうちに、
大量の取引(貸し借り)がされていたからです。
(こういった商品はデリバティブといわれます)

取引していた当事者も、
商品を新しく開発ような、数字に(とても)強い人達以外は、
ちゃんとした理解はしていなかったようです。

理解していないのに、
「数学者が作ったんだから、絶対に失敗はないはず」、と。
ここまで来ると、神話、信仰です。

信じきっているから、
絶対に返済されないようなローンもCDOにすれば問題ない、
と思ってしまったんですね。


そもそも、住宅のバブル自体が、「家の値段が下がる事はない」
と言う神話をベースにしたバブルでした。
(いや、神話のないバブルなんてないのかもしれません)

住宅にしろ、CDOなどのデリバティブにしろ、
神話が土台にあった好景気でしたから、
その神話が崩れたとたんに、
今まで絶対の自信を持っていた投資も疑われるようになりました。

次はどこが破綻するのか、とオドオド。
証券会社や銀行の間での貸し借りはもちろん、
ちゃんと信用のある人へのローンや、
普通の企業への融資もほとんどなくなってしまって、今に至るわけです...


↓は、アメリカのGDP(国内総生産)のうち、金融が占める割合の推移です。

finance

1920年代のバブルで一気に上がって、大恐慌で逆戻り。
戦後はずっと上り坂ですが、80年頃から、上昇がさらに急になって、
2、3年ほど前に8%にまで達しました。

今後は、最低でもこの不景気から回復するまでは、この割合は下がり続けるはずです。


金融には、お金をすぐに必要としない投資家から、
お金を必要としている企業や消費者に渡す大事な役割があります。
でもそれは、あくまで他の経済活動を助けるという事。
消費者の幸せや、企業のイノベーションに繋がってこそある価値です。

そう考えると、
ハーバード卒業生の半分が金融へ、というのは明らかにおかしかったですし、
証券会社のトップが、バブルの儲けで膨大なボーナスを取っていたのもおかしかった。
(あぶく銭とはよく言ったものです。違う文化が同じたとえにたどり着いたのも面白いです)

これからアメリカは金融業界をどういった風に規制して、
どういった形で経済を支えられるようにするのか。
変化を見ていきたいです。

テーマ : サブプライムローン問題
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

プロフィール

アシュリー

Author:アシュリー
カリフォルニア州バークリー在住、元スポーツジャンキーのアシュリーです。

今観るスポーツは、アーセナル(サッカー)とグリズリーズ(バスケ)、あとテニス。

専門の物理ネタ以外にも、色々書いていくつもりです。

Twitterをハンドル名Inoueianでやっています。

ブログ内検索
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
RSSリンク
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。