スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NFL最終節

明日、じゃなくてもう今日(0時過ぎました)でNFLのレギュラーシーズンも終わりです。


プレーオフとまず関係ない話で、
ライオンズ(0-15)対パッカーズ(5-10)
この試合に注目ですね(苦笑)
去年のペイトリオッツの16戦全勝のように、16戦全敗は前代未聞です。
(14試合しかなかった時代には、
72年ドルフィンズが全勝、76年バッカニアーズが全敗してますが)


今までのようにプレーオフ出場の条件を箇条書きにするんじゃなくて、
プレーオフの枠ごと、試合ごとに状況を説明してみます。

まず、すでに決まってるのはここまで。

AFC
タイタンズ 1番シード(South優勝)
スティーラーズ 2番シード(North優勝)
コルツ 5番シード(ワイルドカード)

NFC
ジャイアンツ 1番シード(East優勝)
カーディナルス 4番シード(West優勝)
パンサーズ 2、5番シード
ファルコンズ 2、5、6番シード


パンサーズとファルコンズは、
片方がNFC South優勝で、もう片方はワイルドカード。

というわけで、残る枠はこの5つ。
AFC East優勝
AFC West優勝
NFC North優勝
AFCワイルドカード1枠
NFCワイルドカード1枠

簡単な方から行きます。枠を争ってるチームは太字&カラーで。


AFC West
ブロンコズ(8-7)対チャージャーズ(7-8)

これほどシンプルなのはないです。
勝ったチームがAFC West優勝。負けた方はシーズン終了。


NFC North
ジャイアンツ(12-3)対バイキングズ(9-6)
ベアーズ(9-6)対テキサンズ(7-8)

バイキングズとベアーズが並んだ場合は、
タイブレイクでバイキングズに軍配。
(9-7で並んだ場合は共通の相手に対する成績、
10-6で並んだ場合はカンファレンス内での成績でバイキングズが上)

つまり、ベアーズが地区優勝するには、
勝った上に、バイキングズに負けてもらうしかありません。


AFC East
ペイトリオッツ(10-5)対ビルズ(7-8)
ドルフィンズ(10-5)対ジェッツ(9-6)

これは3チームも優勝の可能性があってちょっと複雑。

まず、ドルフィンズが勝てば、ドルフィンズが優勝。
(カンファレンス内の成績でドルフィンズがペイトリオッツより上)

ジェッツとペイトリオッツが勝つと、ペイトリオッツが単独で11勝5敗なので優勝。

ジェッツとビルズが勝つと、争ってる3チームがみんな10勝6敗で並ぶ事に。
3チーム間の直接対決で3勝1敗のジェッツが優勝します。


NFC Wildcard
カウボーイズ(9-6)対イーグルス(8-6-1)
レイダーズ(4-11)対バッカニアーズ(9-6)
ベアーズ(9-6)対テキサンズ(7-8)

イーグルスは、9勝6敗1分にして、他のみんなに9勝7敗になってもらうしかないので、
言ってみれば、難しいけどシンプル、です。

他の3チームの優先順位は、カウボーイズ>バッカニアーズ>ベアーズ。
並んだ場合は、これを使ってワイルドカードが決まります。
(タイブレイクについては最後にちょっと解説します)


AFCワイルドカード
ジャグアーズ(5-10)対レイブンズ(10-5)
ペイトリオッツ(10-5)対ビルズ(7-8)
ドルフィンズ(10-5)対ジェッツ(9-6)

このワイルドカードは、AFC Eastの地区優勝に思いっきり絡むんで、
さらにこんがらがりますが...

これも、並んだ場合の優先順位を知っておけば分かります。
AFC Eastの3チームの間だと、ジェッツ>ドルフィンズ>ペイトリオッツ。
レイブンズは、ジェッツには負けますが、ドルフィンズとペイトリオッツには勝ってます。

最初にEastのタイブレイクを適用して、地区優勝チームと2位チームを決めたあと、
2位チームとレイブンズを比べてワイルドカードを決めるわけです。

…以上、条件の説明終わり…

…以下、知らなくても良い話。タイブレイクについて…

NFLのプレーオフは、
成績順で地区優勝を決めて、
優勝できなかった中のカンファレンス上位2チームがワイルドカード、
ってなるわけですが、
試合数が少ないので複数のチームが並ぶ事は日常茶飯事。
タイブレイクで優先順位をつけないといけません。

ルールを全文書くのは面倒なんで、リンクするだけにしますが、
今回一番複雑だった場合を例として適用してみます。

10勝6敗で、AFC Northのレイブンズ、
AFC Eastのジェッツ、ドルフィンズが並ぶ場合です。
(ペイトリオッツが11勝5敗でEast地区優勝した場合)


まず、East地区内での順位を決めないといけません。
ドルフィンズとジェッツ、どっちが地区2位で、どっちが3位なのか。

同じ地区で2チーム並んだ場合のタイブレイクを順々にチェックしていくと、

1.直接対決
ドルフィンズ1勝1敗 ジェッツ1勝1敗 引き分け

2.地区内の成績
ドルフィンズ3勝3敗 ジェッツ5勝1敗 ジェッツの勝ち

ジェッツが地区2位になりました。
地区内の試合は他の試合よりも大事、と言われるのは、
地区優勝を争うライバル同士だから、という他に、このタイブレイクのためでもあります。


さらにジェッツとレイブンズのタイブレイクで、ワイルドカードを決めます。

1.直接対決
無し 引き分け

2.カンファレンス内の成績
ジェッツ 8勝4敗 レイブンズ 7勝5敗 ジェッツの勝ち

と、9勝6敗から大逆転でジェッツがワイルドカード、となるわけです。


ファルコンズが10勝6敗の場合、
どういうケースでも本当にワイルドカードになれるのか、
って言うのは、なんとなく調べてみたい疑問ですが、
そこはNFLのコンピュータを信じる事にします(笑)

追記:
ファルコンズのタイブレイク、確認できました。
まとめると、こういう事です↓
カウボーイズ>ファルコンズ>バッカニアーズ>ベアーズ
どうやっても、ファルコンズが2つ目のタイブレイクを逃す事はない、という事です。

今回はたまたま4チームに順位があるかのように書けましたけど、
必ずしも、AがBの上でBがCの上なら、AはCの上、とは限らないんで、
ケースバイケースで確かめないといけません。
(三つ巴、じゃんけんみたいな事もありえます。
数学用語で言うと、タイブレイクは必ずしも推移的じゃない、って事)

長くなるのでそれを書くのはやめておきます。

テーマ : NFL
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

プロフィール

アシュリー

Author:アシュリー
カリフォルニア州バークリー在住、元スポーツジャンキーのアシュリーです。

今観るスポーツは、アーセナル(サッカー)とグリズリーズ(バスケ)、あとテニス。

専門の物理ネタ以外にも、色々書いていくつもりです。

Twitterをハンドル名Inoueianでやっています。

ブログ内検索
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
RSSリンク
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。