スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

問題の答

ちょうど1週間前出した問題の答です。

問題をまず再掲。

「あなたは、机の前に、目隠しをされて座っています。

机の上には、50枚のコインがあって、
そのうち20枚が表を向いています。
(何枚でも問題は成立するんだけど、例えば)

あなたに託された課題は、
この50枚のコインを、2つのグループに分けて、
それぞれのグループの中で、同じ数が表を向いているようにする事。

グループそれぞれの枚数は、何枚でもいいですが、
全部のコインがどちらか片方のグループに入っていて、
表の枚数が同じならクリア。

触ったりしても、
コインの表裏は区別できない事とします。」





問題のコメント欄に、LFMさんの回答があるんですが、
これでほぼ当たりです。

まずコピペさせてもらうと、

「1.まずは、表を向いているコインの枚数分のグループをつくります。 この場合は、20枚ですね。 で、残りはひたすら放っておきます。

2.次に、その20枚のコインを触ります。 これがヒントでした。

3.すると・・・ 20枚のグループと30枚のグループの表の数は、同じはずです。」

この2番を、「その20枚のコインをひっくり返します」、
に変えれば正解です。

ただの書き間違いだと思うんで、
正解おめでとうございます~
(景品もなにも無いですが、笑)


ちょっとだけ解説。

最初のステップは、ただ20枚コインを選ぶ事。

20枚選んだのを集めてグループA、
残りの30枚をグループBと呼んでみます。

ただ適当に選んだだけなので、
Aの中にある表向きのコインの数は分かりません。

でも、Aの中の表向きのコインがN枚だとすると、
Aの中の裏向きのコインは(20-N)枚で、
Bの中にあるの表向きのコインも(20-N)枚だ、
って事は分かります。

そこで、Aの20枚のコインを、全部ひっくり返します。
そうするとAにあるのは、
裏向きのコインN枚に、表向きのコイン(20-N)枚。

AとBそれぞれで、(20-N)枚のコインが表を向いてることに。
何枚かは分かりませんけど、
それでも同じ枚数ならクリアなんで、これでOK。


解答でも分かるように、
全体のコインの数や、表向きのコインの数に関係なく、
同じ方法で解ける問題です。

でも、問題の出し方としては、
表向きの数は偶数の方がいいですね。
なんとか半分ずつに分けられないか、と悩んじゃって、
ひっくり返すひらめきが出にくいですから。

テーマ : 頭の体操
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

ほ~

すげ~
言われてみれば納得w

みゃゆさん

コロンブスの卵的なとこがありますよね(笑)
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

プロフィール

アシュリー

Author:アシュリー
カリフォルニア州バークリー在住、元スポーツジャンキーのアシュリーです。

今観るスポーツは、アーセナル(サッカー)とグリズリーズ(バスケ)、あとテニス。

専門の物理ネタ以外にも、色々書いていくつもりです。

Twitterをハンドル名Inoueianでやっています。

ブログ内検索
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
RSSリンク
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。