スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボルトの本気

開催中ほとんど出来なかった、
オリンピック関係の話をいくつか書こうと思ってます。

まずは、今大会最大のスター、ユセイン・ボルトから。

明日のブリュッセルの大会が、
ボルトの今年最後の100mになるみたいです。

先週はチューリヒで風邪を引きながら9.83秒を出して優勝。
今回はもっと良いコンディションで出てくるので、
記録を狙ってくるはずです。


そこで、五輪100mのあとに一番盛り上がった話題、
ボルトが本気で最後まで走ってたらどんな記録が出てたのか?って話です。
(追記:ボルトの左の靴ひもがほどけてたって話は、結構知られてますかね?)

これを、オスロ大学の物理学者がレースの映像から推定してくれました。
英語の論文、PDF形式)

分析の結果は、最後の20mで、
銀を取ったリチャード・トンプソンと同じ加速度を維持していたら9.61秒、
トンプソンよりある程度(0.5m/s^2)高い加速度で走っていたら9.55秒、
と言う記録だったそうです。(どちらも誤差範囲は±0.04秒)

Bolt
(左のボルトが本物、右は本気で走ってた場合)

まぁ、ややこしい話を抜きにすると、
9.5秒台は十分可能だったわけです。
それが明日見られるのかどうか、楽しみです。


陸上の話をしたついでに、
五輪の陸上でもう1人印象に残った選手がいました。


男子110mハードルは、劉翔の棄権が大ニュースでしたね。

でも、実際に優勝した、キューバのダイロン・ロブレス選手、
見てもらえたでしょうか?

彼ほど危なげなくハードルを越える選手は、初めて見たかも。
他の選手は近寄る事も出来てませんでした。

Robles

このメガネ欲しい(笑)


ボルトと同じ21歳で、6月に劉翔の世界記録を破ってます。
これまた、ロンドンでも楽しみな選手ですね。

テーマ : 北京五輪
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

プロフィール

アシュリー

Author:アシュリー
カリフォルニア州バークリー在住、元スポーツジャンキーのアシュリーです。

今観るスポーツは、アーセナル(サッカー)とグリズリーズ(バスケ)、あとテニス。

専門の物理ネタ以外にも、色々書いていくつもりです。

Twitterをハンドル名Inoueianでやっています。

ブログ内検索
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
RSSリンク
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。