スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バンクーバー旅行記4

夕食を終えて、確か9時半頃にダウンタウンを出ました。

でもですねぇ、ホテルがやけに遠い郊外にあったんです。
しかも、父がプリントアウトしたホテルへの地図が粗いのなんの(笑)

それでも、行き始めの方は分かりました。
国道州道1号、トランスカナダハイウェイで東に向かいます。
名前で分かるように、そのまま行くと、
カナダの一番東の方まで行ける道です。

いつか行きたいモントリオールもずっと向こう...
いや、車で行きたいとは思いませんが。


ホテルのある町まで高速で来たのはいいんだけど、
どの出口で出れば良いのか、
大通りしか載ってない地図を見ても良く分からない。

気付かないうちに、降りるべき出口を通り過ぎちゃったんです。
気付いてないから、まだ東に向かいます。

この辺りで一番思ったのは、暗い事。
街灯が付いてないんです。
ただでも不案内な道。ナビゲートするの、辛かった...


失敗したかな、と薄々気づき始めたのは、
降りるべき出口から、次の出口まで10km位あるのが分かってから。
どんなに粗い地図でも、10kmも過ぎたら分かります(笑)

その次の出口で降りたときに、
逆方向で高速に乗りなおせば挽回できたはずなんですが、
なぜかここで、下の道で行けるはず、と言う妙な自信が。

街灯のない道で手探り状態。
奇跡的にも、ホテルの近くを通る道を発見します。


でも、5kmほど進んでも、町の気配はなし。
そして、車が何十台も並んでいる、謎の場所に来てしまいます。
(これがなんだったのかは未だに不明、笑)

どうやら正しい道に乗ったのはいいけど、反対方向に行ってしまった、
とここでやっと気付きます。

綺麗な満月が出てたんで、それで大体の方角は分かったはずなんですけどねぇ。


通った道を逆方向に進んで、
道を発見した交差点を通り過ぎて、ここで間違えたのか、と反省。
ホテルのあるラングリーと言う町に着いたのは、11時過ぎでした。


にしても、この町がすごかった。
アメリカの街の郊外のだだっ広いショッピングセンターには慣れてますが、
それをさらに大きくしたようなショッピングセンターがいくつもあったんです(笑)

アメリカの郊外は、どこも大体似てます。

シアトルでも、
ダウンタウンから15kmほど離れると、シアトルらしさがだんだん無くなって来て、
ここには住みたくないな、と思うような、個性の無い場所になってきます。
(今住んでる場所は5km位で、大満足です)

自分的には、アメリカで住むなら出来れば都会か田舎かで、郊外だけは嫌なんですが、
そのアメリカの郊外を越えるものを見るとは思いもしませんでした。

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

プロフィール

アシュリー

Author:アシュリー
カリフォルニア州バークリー在住、元スポーツジャンキーのアシュリーです。

今観るスポーツは、アーセナル(サッカー)とグリズリーズ(バスケ)、あとテニス。

専門の物理ネタ以外にも、色々書いていくつもりです。

Twitterをハンドル名Inoueianでやっています。

ブログ内検索
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
RSSリンク
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。