スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラフトレビュー

NBAドラフト、プレビューが出来なかった代わりのレビューです。

1、2位が誰になるのかは、
大学のシーズンが終わった時からすでに決まってたようなものでした。
決まってなかったのは2人の順番だけ。

1.デリック・ローズ(PG、ブルズ)

1年生ながらメンフィスを準優勝に導いてくれたPGです。
デロン・ウィリアムス、ビラップスやバロン・デイヴィスを思わせる体格で、
相手にとっては最初から守り辛い選手になるはず。
パサーとしてはまだまだ成長の余地あり。

2.マイケル・ビーズリー(PF、ヒート)

去年は、1年生ですでに大学バスケのベストプレーヤーでした。
ポテンシャルもローズより少し上だと思いますが、
お調子者の性格で、高校の頃トラブルを起こしていた事から敬遠されたようです。
3ポイントも打てて、攻撃はすでに十分NBAでやっていけるはず。


この2人が飛び出していて、
3位から17位までは、ほとんど差が無いんじゃないかな、と。
1つの例外を除けば...

3.O.J.メイヨ(SG、グリズリーズ)
1年生と言ってもすでに21歳。得点力以外は微妙。

4.ラッセル・ウェストブルック(PG、ソニックス)
守備力で評価。攻撃力はまだですが、センスの良い選手だと思います。

5.ケヴィン・ラブ(PF、ウルブズ)
今年のドラフトのベストパサーかも(笑)

6.ダニーロ・ガッリナーリ(SF、ニックス)
ノヴィツキー、クーコッチと比較されてる万能フォワード。

7.エリック・ゴードン(SG、クリッパーズ)
シューターでスコアラーですが、それ以外はいまいち。

8.ジョー・アレクサンダー(SF、バックス)
運動能力抜群。バスケを始めたのが遅いので、まだまだ成長の余地がありそう。

9.D.J.オーガスティン(PG、ボブキャッツ)
本格派PGです。小柄なのが弱み。

10.ブルック・ロペス(C、ネッツ)
インサイドで点の取れる選手です。

11.ジェリド・ベイレス(PG、ペイサーズ)
今のところは、アシストよりも点を取りに行くPG。

12.ジェイソン・トンプソン(PF、キングズ)
ここで取る必要は全く無かった選手です。

13.ブランドン・ラッシュ(SG、ブレイザーズ)
カリーム・ラッシュの弟。守備ではすでにNBAのレベルです。

14.アンソニー・ランドルフ(PF、ウォリアーズ)
ハイリスク、ハイリターンのギャンブル。運動能力が生かせればオールスター。

15.ロビン・ロペス(C、サンズ)
ブルック・ロペスとは双子の兄弟。でもこっちは守備専門。

16.モーリス・スペイツ(C、76ers)
これは当たりかも。スケールの大きい選手です。

17.ロイ・ヒバート(C、ペイサーズ)
ジョージタウン出身の大型センター。ローリスクな選択です。


18位以降で、注目したい選手は...

23.コスタ・クーフォス(C、ジャズ) メフメット・オクルの再来?(笑)
27.ダレル・アーサー(PF、グリズリーズ) メイヨは微妙だけどアーサーには期待。
28.ドンテ・グリーン(SF、ロケッツ) 爆発力あり。

以下2巡目
31.ニコラ・ペコビッチ(C、ウルブズ) 大西洋をいつ渡って来るかが問題。
33.ジョーイ・ドーシー(PF、ロケッツ) ベン・ウォレスを目指せ。

34.マリオ・チョーマーズ(PG、ヒート) 
優勝したカンザスのリーダー。ドラフト最大のスティール。

35.ディアンドレ・ジョーダン(C、クリッパーズ) 
トップ10の指名も噂されていた未完の大器。ここまで落ちた事で奮起できるか。

36.オメル・アシク(C、ブルズ) これも、いつ渡ってくるかが問題。
40.クリス・ダグラス=ロバーツ(SG、ネッツ) 何があっても点は取れます。
52.ダーネル・ジャクソン(PF、キャヴァリアーズ) ローテーションに入れるはず。


チームで言うと、
マイアミ・ヒート(ビーズリー、チョーマーズ)と
ミネソタ・ティンバーウルブズ(ラブ、ペコビッチ)が勝ち組でしょうか。

テーマ : NBA
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ドラフトの1,2位は過去に比べるとどれくらいの期待度なんですか?
大学バスケをまったく観てない(観れない)のでそこら辺がまったくわかりませんね

ほ~

やっと アッシュさんの記事が読める

ハルオさんと同じく今年のドラフト組が どれくらいの評価なのか知りたい。
記事見ると1,2位はいいけど その他は不作?って感じなのかな???

1位のロースはパサーってよりAI、ウェイド的なタイプなのかなと他の記事見ると思いました。
でも例えにキッドが出てたりするし すんなタイプかわからん
ビーズリーの203cmって詐欺だ、よっぽどウィングスパンやジャンプ力なきゃPFは厳しいのかな

チョーマーズ、CDR注目して見てみます

ドラフト終了したので そろそろ今年度の参加者募集開始お願いします。例年通り協力致します!

ハルオさん

去年は、デュラントが1年生とは思えない数字を残して、
10年に1人の逸材と思われてた中、
実際そこまでの活躍はルーキーとしては無かったわけですけど、
ビーズリーはデュラント以上の数字を残して、
体格もしっかりしています。

ただ、2人ともビッグ12カンファレンスの選手だったので、
カンファレンスが弱いだけじゃ?と言う声があるのも事実。
と言うわけで同じくらいの期待度です。

つまり、レブロンほどでは無いですが、
オーデン、デュラントくらいの期待はかかっていると思います。

あつしさん

3位~17位にも、スターになる可能性の十分ある選手がいます。
即戦力になれそうな選手は、そこまで多くないですが。
(ガッリナーリ、ロペス兄弟、ラッシュ、ヒバートくらい)

ローズは、体格から言ってAIは無いですし、
プレースタイルから言ってキッドは無いです。
(トリプルダブルが多くなりそうではあります)
ウェードは良い比較かもしれません。

ビーズリーは、SFには強すぎて、PFには速すぎる、
マッチアップし辛い選手の典型だと思います。
ウィングスパンもジャンプ力も問題ないですよ。
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

プロフィール

アシュリー

Author:アシュリー
カリフォルニア州バークリー在住、元スポーツジャンキーのアシュリーです。

今観るスポーツは、アーセナル(サッカー)とグリズリーズ(バスケ)、あとテニス。

専門の物理ネタ以外にも、色々書いていくつもりです。

Twitterをハンドル名Inoueianでやっています。

ブログ内検索
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
RSSリンク
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。