スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NFLドラフト!

予習全然してなかったんですけど、
ドラフトの総括を期待されてたみたいです(笑)
大学の試合で見た限りの知識でまとめてみます。


一応、最初の10人はドラフトの予習なしでも分かりました。

指名順チーム選手ポジション大学
1.ドルフィンズジェイク・ロングオフェンシブタックルミシガン
2.ラムズクリス・ロングディフェンシブエンドバージニア
3.ファルコンズマット・ライアンクォーターバックボストンカレッジ
4.レイダーズダレン・マクファデンランニングバックアーカンソー
5.チーフスグレン・ドーシーディフェンシブタックルLSU
6.ジェッツヴァーノン・ゴルソンディフェンシブエンドオハイオ・ステート
7.セインツセドリック・エリスディフェンシブタックルUSC
8.ジャグアーズデリック・ハーヴィーディフェンシブエンドフロリダ
9.ベンガルスキース・リヴァースラインバッカーUSC
10.ペイトリオッツジェロッド・メイヨラインバッカーテネシー


最初のロング2人に始まって、ラインマンの多い1巡目でした。
31人中、オフェンシブラインが8人、ディフェンシブラインが7人。


どんなQBやRBがいても、ラインが悪いと何も出来ないんで、
オフェンシブラインはとにかく大事なポジションですけど、
一般のファンからすると分かりづらいポジションですね。
Oラインの選手が一番目立つのは、失敗してプレーが潰されたときですから(笑)

ドルフィンズが取ったジェイク・ロングは、失敗しないでも目立てるくらいのラインマンだと思います。
Jake Long


3番目のマット・ライアンの指名は、
ファルコンズが、マイケル・ヴィックと決別する事を象徴してましたね。
Ryan

ヴィックとは違って、普通のQBです(笑)
もちろん、3番手で取られるだけあって良いQBですよ。


個人的に思い入れがある選手って事だと、
4、5番の、ダレン・マクファデンとグレン・ドーシー。
最近2年で何回見たことか。
McFadden

マクファデンは、去年の新人王エイドリアン・ピーターソンと比較されてます。
好みで言うと、マクファデンの方が好きな選手。
レイダーズが去年選んだQBジャマーカス・ネルソンと、マクファデンのコンビはかなり危険かも。

アーカンソーの攻撃には、ワイルドキャットフォーメーションと言うのがありました。
QBを外して、マクファデンがショットガンのQBの位置、
その横にもう1人のRBフェリックス・ジョーンズ。
どっちかがボールを持って走るのは分かりきってるのに、止められない、
と言うフォーメーションでした(笑)

相方のジョーンズも、22番目にカウボーイズが選びましたね。

Glenn Dorsey

グレン・ドーシーは、大学では2人がかりでもなかなか止められないような選手でした。
パワーもスピードもあって、プレーを諦めるような事もありません。
5番手で取れて、チーフスとしてはラッキーと思ったんじゃないでしょうか。


1巡目で他に気になったのは、強豪校以外からの指名。
指名順チーム選手ポジション大学
11.ビルズレオディス・マケルヴィンコーナーバックトロイ
16.カーディナルスドミニク・ロジャース=クロマーティコーナーバックテネシー・ステート
18.レイブンズジョー・フラッコクォーターバックデラウェア
24.タイタンズクリス・ジョンソンランニングバックイーストカロライナ

これはホントに、スカウトでもなければ大学の試合では見てないような選手です。
噂によると、マケルヴィンはキックリターンがすごくて、フラッコは肩がめっぽう強いとか。
頑張って欲しいですね。


レシーバーが1巡目に1人も取られなかったのは意外。
2巡目のレシーバーだと、
デヴィン・トーマス(34位、レッドスキンズ)、デショーン・ジャクソン(49位、イーグルス)、
マルコム・ケリー(51位、レッドスキンズ)、
どれも良い選手だとおもいます。

他には、1位指名も期待されてた事がある、
QBのブライアン・ブロームが2巡目まで落ちましたね。
パッカーズが取ったのは、アーロン・ロジャースが期待はずれだった場合の保険でしょうか。


3巡目以降に残ってる選手だと、
レシーバーの、ミシガンのマリオ・マニングハム、LSUのアーリー・ドゥーセットなどは狙い目。

ハワイのQBコルト・ブレナンはドラフトされるのかどうか、気になります。

(写真はNFLより)

テーマ : NFL
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

すいません、余計なお手間を取らせまして(笑)


素人目線からは、レイダースがドーシーをパスして、
あれだけ厚いRBを獲ったのが不可解だったんですが・・・
"best available" って考え方なんでしょうか。

「1巡目でのOL指名数」と「1巡目でのトレードアップ件数」、
「1巡目での同一校からの指名人数(USCから4人)」は、
それぞれ近年最多だったようで("most since 19xx"って字幕が出てました)、
「1巡目でのWR指名ゼロ」は、史上初の出来事だったようです。

あと、面白かったのが、会場に大量に押しかけたジェッツファン。
まず、招待された6人の入場シーンでは、
すでに敵となることが決まっていたジェイク・ロングにだけ大ブーイング(笑)
全体6位の発表前には、ゴルストンのところに電話がかかってこなかったため、
ファンの希望するゴルストンをパスしたと勘違いして、また大ブーイング。
「わかったから落ち着け(笑) 全体6位は・・・」
みたいな発表になってました(笑)

pさん

いえいえ、元から何か書こうとは思ってましたから。

レイダーズはまぁ、そういうチーム、と言う事かも(笑)
オーナーのアル・デイヴィスが、派手な選手が好きなんです。
ドーシーをパスしたのは確かに失敗かもしれませんけど、
RBを取った事自体は理解できます。
層が厚いと言っても、スタメン経験豊富なのはジョーダンだけで、怪我がちですから。

NFLドラフトでのファンのエピソードで一番記憶に残ってるのは、
イーグルスファンがマクナブの指名の時にブーイングした事です(笑)

No title

いつもながらのファルコンズですが、足りないとこだらけのこのチームがマット・ライアンをとったのは正解だと思います。

ヴィックだけでなく、今シーズンは、CBディアンジェロ・ホール、TEアルジー・クランパー、RBダン・ウォーリック、DTロッド・コールマンとこれまでのチームの顔の選手を一気に放出しました。 それでなくても、昨シーズンのジョージア・ドームの集客は散々でした。 このオフシーズンでの営業事務所からの、シーズンチケットセールスの電話、メールには、とても必死なものがありましたが、それでもわざわざ観にいこうと駆り立てるチームでは、もはやなくなっていました。 

そこへ、若くて、顔立ちのととのったQBはチームの顔としてお客さんを呼べるのでしょう。 このドラフトでは、トレードでもうひとつの一巡目を確保して、左DTをとりました。これもマット・ライアンを活かす作戦でしょうね。後は、さくっと契約を済ませて、開幕から出場していってもらいたいものです。

せめて、アルジー・クランパーが残っていてくれたら、ホットラインのひとつは、確保できていたのに・・・ といまさらにオフの大量解雇を嘆いています・・・

No title

すいません、左DTでなく、左OTですね。 このサム・ベイカーは、USC出身のようですね。

まるで

知らないチームを見るような、今年のファルコンズ(笑)
普通でいいです、長くプレーしてくれさえすれば。
フィールド外で問題起こさないでくれれば(汗)

でも、地元LFMさんが「わざわざ観にいこうと駆り立てるチームでは、もはやなくなってしまいました」って(涙)

LFMさん

一気に落ちてしまったんで、
新しいチームの顔を作るのが最優先でしたね。

クランプラーがヴィックの一番のターゲットだったのは、
WR陣が貧弱だった事、ラインが脆くて時間が無かった事もありますが、
ヴィック自身のパサーとしての能力にも問題があったように思います。

今年からいきなり勝てるようになるはずはないですし、
まずはラインを固めていってもらいたいです。
FAで獲得したマイケル・ターナーを活かすためにも。

ゆうりさん

ライアンが「普通」って言うのは、あくまでプレースタイルの事です(笑)
能力的には、全然普通じゃないかもしれません。
ラインをしっかりさせないと関係ないですが。
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

プロフィール

アシュリー

Author:アシュリー
カリフォルニア州バークリー在住、元スポーツジャンキーのアシュリーです。

今観るスポーツは、アーセナル(サッカー)とグリズリーズ(バスケ)、あとテニス。

専門の物理ネタ以外にも、色々書いていくつもりです。

Twitterをハンドル名Inoueianでやっています。

ブログ内検索
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
RSSリンク
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。