スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NHLで事故

NHL(アイスホッケー)で命に関わるような事故がありました。
幸い、無事だったみたいですが。

ちょっと、ここに詳細を書くことがためらわれるような話なんで、
リンクを貼るだけにしておきます。

日本語のニュースはまだ扱ってるところが無いみたいなんですが、
ブログに書いている人は見つけました。
バッファロー・セーバーズのファンらしい「さーべる倶楽部」さんの所で。


NHLで初めて起きたわけでもないらしいし、
聞いたことが無いわけでもないんですけどね。
アイスホッケーだけはやる気が起きなさそう...


ホッケーは乱闘も多いですけど、
乱闘は、実は結構コントロールされてたりします。

ホッケーに関わってる人達の間では、
ホッケー選手はこうあるべき、って言う姿が確実にあって、
乱闘にも作法があるんですね。

スティックとグラブを外して相手と1対1で向き合って、などなど
暗黙の了解が多いんです。
扱う力が大きいなりに、責任感が伴う、って事では武士道とか騎士道みたいなものですね。

で、その規律を破ると、相手の選手はもちろん、
チームメイトやファンからも見放されかねないんです。

なんだこいつら、暴力ふるいたいだけじゃないか、って言う見方の人もいますけどね、
そうじゃないんだよ、と自分は思います。

テーマ : NHL
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

わかってはいますけど、怖いです。

NFLでも死者がでるようなアクシデントがありますね。
特に首が折れるような事故。
拝見していてものすごく怖いです。

でも、命がけでスポーツをするってそういうことも超えて自分を作るのでしょう。
だからこそ、感動をくれるんでしょうが、
凡人が見ていると、本当に怖いです。

姉さん

今回の事故については、映像が放送されて知ったんですが、
ずっとは見ていられなかったです。

リンク先のほうで書かれてるように、
同じような事故にあった元セーバーズの選手がいました。
その人は、自分の事故の映像は今ではなんとも思わないけれど、
今回の事故の映像はどうしても見られなかったそうです。

No title

早く怪我をされた選手が回復されるのを祈っています。 ホッケーはあのスピード感と道具と・・・どうしても事故が怖いです。首(喉)まわりがやはり特に・・・

kawazu8さん

順調に回復しているようです。

この事故をきっかけに、ネックガードをNHLでも導入しよう、
って言う声が出てきてます。
ユースホッケーでは付けているらしいですよ。
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

プロフィール

アシュリー

Author:アシュリー
カリフォルニア州バークリー在住、元スポーツジャンキーのアシュリーです。

今観るスポーツは、アーセナル(サッカー)とグリズリーズ(バスケ)、あとテニス。

専門の物理ネタ以外にも、色々書いていくつもりです。

Twitterをハンドル名Inoueianでやっています。

ブログ内検索
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
RSSリンク
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。