スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウィンブルドン決勝

3日遅れですが。

フェデラーとナダルのウィンブルドン決勝、
ビクトリアのホテルで見ましたが、すごい試合でしたね~
ロジャー・フェデラー×ラファエル・ナダル
         -6(9-7)
         4-
         -6(7-3)
         2-
         -2

ウィンブルドンは、
なんだかんだ言ってフェデラーが最後は楽々取っていくのが恒例でしたけど、
今度はそうは行かなかったです。


テニス的に一番意外だったのは、
ナダルのサービスゲームでフェデラーがなかなかブレークできなかった事。
試合最初のゲームでブレークした後、
第5セットまで一度もブレークさせてもらえませんでした。

ナダルの決して速くないサーブを、
待ちすぎていたように思います。
特に2ndサーブはもっと積極的に前に出て打つべきだったはず。
第5セットにはこれをやってました。


でも、もっと意外だったのがフェデラーのメンタル面での崩れ。

ブレークできていなかった事と、
判定のチャレンジがことごとくナダル有利に働いていた事で、
第3セットでは集中力が切れてました。

明らかに感情的になって審判に抗議しているフェデラーは、
今まで見たことありませんでした。
(トッププレイヤーになる前は、珍しくなかったらしいけども)

第3セットを落としていたら、そのまま負けてたでしょうね。


フェデラーを救ったのは、第4セット中のナダルの膝の故障。
フィジカルで崩れたナダルを見るのも初めてです。

ナダルのプレーの質はそこまで落ちはしませんでしたけど、
フェデラーに息をつく余裕が出来たのが大きかったです。
手当てを受けているタイムアウト中、
フェデラーは無言で心を静めてました。

第4セットを取り返すには手遅れだったんですが、
最終セットに向けて集中力を取り戻したのはこの時でした。


第5セットの最初の方は、
ナダルにブレークチャンスが2回続けてありました。

これを逃して2-2になった後はフェデラーが本領発揮。
4ゲーム連取して勝ちを決めたテニスを見ると、
なんでこれが最初から出来なかったんだろう、と(笑)


これでフェデラーは、スラム大会で11回目の優勝で、
ウィンブルドンは5連覇。
どっちもビョルン・ボルグに並びました。

ピートの記録(14回)がいよいよ見えてきましたね。

テーマ : テニス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

プロフィール

アシュリー

Author:アシュリー
カリフォルニア州バークリー在住、元スポーツジャンキーのアシュリーです。

今観るスポーツは、アーセナル(サッカー)とグリズリーズ(バスケ)、あとテニス。

専門の物理ネタ以外にも、色々書いていくつもりです。

Twitterをハンドル名Inoueianでやっています。

ブログ内検索
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
RSSリンク
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。