スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

O Canada!

NHLのスタンリーカップ決勝は、
最初の2試合はホームのダックスが連勝。
セネターズにとってGame 3は必勝の試合でした。

そのGame 3の前の出来事。


NHLでは、アメリカのチームとカナダのチームが対戦する時、
両方の国の国歌斉唱があります。

ダックスはカリフォルニアのアナハイム、
セネターズはカナダの首都オタワのチームなんで、
このシリーズでは毎試合両方流すわけです。


まずはアメリカ国歌「The Star-Spangled Banner」、
マイクを持ったのは、ちょっとさえない風貌のおじさん。

歌い始めると、ベルカントの綺麗なテナー。
あなどってたよ、おじさん(笑)
最後の音程の上がるところも難なくこなしてました。


そしてカナダ国歌「O Canada」(歌詞などはこちらで)
観客の9割以上はカナダ人。
(カナダ人のはずの)おじさんも気合を入れます。

歌の後半、盛り上がっていくところ
From far and wide,
O Canada, we stand on guard for thee.

と歌ったところで、なんとおじさんが歌うのを止めます。

God keep our land glorious and free!
O Canada, we stand on guard for thee.

それでも続く演奏と歌。
そう、観客の合唱に会場が包まれたんです。


ちょうど歌詞も、(カナダ大使館さん通訳お願い)
「神よ、これからも
われらの大地を荘厳で自由に保ちたまえ
おお、カナダよ
 われらは汝を守りゆく」

ここでアメリカのチームには負けられない、と言う気持ち、
アイスホッケー発祥の地の誇りを感じました。


どれくらい痺れたか、10点評価で言うと、9点。
10点が今年は1回ありましたけど、
他はちょっと比較にもなりません。

わざとらしい演出じゃなく、
観客の素直な気持ちが現れてましたから。


...で、なんで9点かって言うと、
ダックスの選手も、過半数がカナダ人なんです(笑)
その皮肉を感じてしまったんですわ。

今年はサンノゼ・シャークスの試合で、
サンノゼの客がカナダの国歌にブーイングした、ってのもありましたけど、
味方のファンに自分の国歌がブーイングされてる選手としては
たまったもんじゃないですよね。

テーマ : アイスホッケー
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

プロフィール

アシュリー

Author:アシュリー
カリフォルニア州バークリー在住、元スポーツジャンキーのアシュリーです。

今観るスポーツは、アーセナル(サッカー)とグリズリーズ(バスケ)、あとテニス。

専門の物理ネタ以外にも、色々書いていくつもりです。

Twitterをハンドル名Inoueianでやっています。

ブログ内検索
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
RSSリンク
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。