スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

硫黄島からの手紙

もうちょっとでオスカーの発表ですね。
どうなるでしょうか。
1週間経って、ちょっと記憶の薄れた部分もありますが、
観ての感想を(かなり勝手に)書いてみます。

大筋は歴史に沿ってるんで、
ネタバレもなにも無いですけど、
細かい部分は明かさないようにします。


全体の感想としては、
演技は日本人の役者がやってるにしても、
これだけ日本を深く理解した作品を
外国人が制作したって言うのはまず驚きです。

逆に言うと、これが日本人から出てこなかったのは寂しいと言うか...
でも、下に書くように、テーマ的に考えて仕方ないのかも。


脚本家のポール・ハギスは、
2年前オスカーを取った「クラッシュ」の監督をした人ですけど、
クラッシュの方は、個人的には詰め込みすぎの印象を受けました。

硫黄島からの手紙は、色んな要素を詰め込みながらも、
自然にストーリーと繋がっていく感じでした。
その辺は、イーストウッドのおかげかも。


テーマは、日本が負けた理由。
まぁ、始まった時点で負けは決まったようなものなので、
敗因と言うより、なぜあのように負けたのか、って言う理由です。

そして、そこで出てくる理由の数々が、
今の日本にも当てはまるところがあるんです。

もちろん、日本が将来あのような戦争を起こすことは、
ほぼありえないと言っていいです。
でも、戦争から負けた事で、学べる事を学んできたかと言うと、
この映画を観るとあやしくなってくるんです。


ここからは少しネタバレ気味になりますが、
本当に言いたい事もここからです。


映画の中のエピソードで浮き上がってきたのは、
日本人のこんな性質です。


悪習も含めて、ルーティンを重視する傾向。
そのため、変化や、批判を恐れる。

ルーティンが崩れるのが恐いので、
問題を見つけよう、と言う見方をしない。
もし問題が見つかっても、見てみないふりをしてしまう。

不満がある場合も、表向きに意見を戦わせるのではなく、
仲間と陰口を叩く事で解決した気になる。

みんなやっているから、と言って、
同じ事をして安心する。

外国(未知)のものに対して、
レッテルを貼って知った気分になるが、
本質を見ようとしない。


国民性とか言う言葉は、
逃げ道にもなると思うのであまり使いたくありません。
日本人全員がこういうわけでは当然ないし、
日本人以外にもこういう人はいます。

それでも、日本語を読める人間として、
外から日本を見ていると、
こういった傾向が今でも見えてくるんです。
全体として。


文化の違いだからしょうがない、と言う人もいるでしょう。
でも、文化って言う物は、数十年の期間でもコロコロと変わるものです。

40年前と今のアメリカ人全体を比べて、
人種への意識を比べればかなりまともになっているでしょう。
文化の問題でも、悪癖だと分かればある程度は直せるものなんです。

本当の問題は、第二次大戦の敗因が触れられる事がほとんど無い事。

靖国神社だとか、従軍慰安婦だとか、些細な問題ではないにしても、
日本で行われている第二次大戦についての論議は
ほとんどがただの口喧嘩で終わってるんです。


だからこそ、
この映画を撮ったのは外国人だったのかなぁ、と思うんです。

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

難しい。

アシュリーさまのご意見に私も同意します。
あれが、日本の監督ではできないことを残念に思います。
以前申し上げたように、日本の子供は将来について、
公務員になりたいと言うのがもう30年もナンバーワンです。
そして日本人のマッキンゼー出身の高名なコンサルタントも、親が求めるのは「子供の有利と安定だ」と
平気で言います。

でも、私は日本人の文化をこのようには思っていません。
日本人の文化の本質は「千の利休」だと思っています。
完璧なミニマリズム。
即物的なものでなく、思想の中に大きな宇宙を抱える力です。
日本人がいいのか悪いのかを問うことは考えません。
でも、地に落ちてしまった日本を再生するには、
哲学が必要だ思うんです。

無知な私が言えることではありませんが、
日本ギリギリに無駄をなくした茶室や、
宇宙を感じさせる庭園など。
これは豊かな文化だと思うのです。

でも、60年余の経済優先の時代が、
本来あるべき、誇りを大手を麩って捨てるきっかけになってしまったようで。
日本に生きる日本人である限り、これを諦めるわけにはいきません。

今の、日本を憂うこと。
本当に難しい時代を迎えていること。
諦めないで正したい。
そんな思いです。

こんな事実があったこと、恥ずのか称えるのか。
このことはいずれ明確にしなくてはなりませんね。

何はともあれ

どうやら、良い映画らしいですな
正直、アメリカの描いた戦争映画なんてって、先入観がこの作品からかなり遠いものにしていました
パール・ハーバーとか安易な作品が多く、時間の、お金の無駄って思っちゃうのね
でも、こういった固定概念は持たない方がいいよね
歳をとって保守的になってる自分に反省です
時間があれば見に行って見ますわ

上で姉さん(初めまして、こんにちわ)が語られているように、花鳥風月のような言葉に代表される、あるがままの自然を愛し、それを庭という小さなキャンバスへ描く
そういった感受性って、日本人は明らかに秀でていたはずです。
でも、今現在、そういった趣のある心って失われつつありますよね
些細なものを大切に思う、儚いものを愛しく思う
大事なことです

そして、教育においても日本のそれって、明らかに学問じゃないですよね?
ただの受験勉強、勉強のための勉強
先生も先生でなんの信念ももってないから薄っぺらい教育観を子供に押し付ける、または放置
そりゃ、先生のせいだけじゃないですし、親も問題があるでしょうけど、これじゃ、子供が真っ直ぐ育つ方がよっぽど難しい
新渡戸稲造の武士道然り、佐賀藩鍋島の葉隠れ然り
信念、真理がありさえすれば理屈とかどーでもいいんですよ、そんなもん後から付いてくる
専門的なことを学びたければ、自分で努力することを覚える
そういったことを覚えることの方がよっぽど大事だと思われますね

長々と脱線トーク申し訳ないです

姉さん

控えめにも1000年以上培われ続けている日本文化が、
豊かなのは言うまでも無いと思います。

去年日本に帰った時に一番感銘を受けたのは、
妙心寺の雲竜図です。
ミニマリズムでは無いと思うんですが、
姉さんの仰るとおり、宇宙的な広がりを感じました。

決して見くびっていたとは思いませんが、
正直、こんなすごい物が日本にあったのか、と思いました。
三十三間堂も同じく。

日本の社会で、
元々持っていた多様性、想像力、創造力が萎んでしまったのは、
長くても明治からの話だと思います。
それまでは、全国一律の情報源さえありませんでしたから。

そういう意味では、
直そうと言う動きが広げられれば、
直せないわけが無いと思います。

本当に住みやすい場所って言うのは、
最低限の保障はあった上で、
それぞれの創造力が広げられる場所のはず。

それを求めることも放棄してしまっている人がいるのは残念です。

ハルオさん

パールハーバーの監督&プロデューサーが作ったもので、
見る価値があると思うのは
ショーン・コネリーが救った「ザ・ロック」と、
ジョニー・デップが救った「Pirates of the Caribbean」くらいかと思います(苦笑)

先週、日本から来た人と話して話題になったのが、街の景観です。
建築物と周りの調和とか、自然との調和と言う点で、
日本の都市がかなりおかしな事になっている、と言う話になりました。
がさつと言われるアメリカ人の作った街と比べて、です。

ハルさんの仰るとおり、
教育もどうしょうもない事になっていると思います。

生徒が点数を取れるようにするのは、教育でも何でもありません。
東大に何人合格させた、って言うのが高校の宣伝になるなんて言うのは、
勘違いも甚だしいです。

受験だけのための勉強が面白いはずが無いですし、
本当の意味での学問に繋がるわけもありません。

そこでまず変えるべきなのは、大学受験だと思います。
上を変えれば、下も変えざるを得ません。

アメリカでは、試験の点数は選考のための一要素でしかなく、
内申はもちろん、課外活動や、エッセイなどで、
推薦でもなんでもない普通の入学でも多面的に審査されます。

徐々に変えていくのが現実的なんでしょうが、
今の点数至上主義は、自分としてはすぐにでも変えてほしい所です。

映画の話に少し戻ると、
歴史の話がまともに出来ない理由のひとつは、
年号を丸暗記させるふざけた歴史教育だと思います。

歴史で本当に大事なのは、
ただ史実を学ぶことよりも、その背景となった文化とか、
関わった人の思考プロセスのはず。

「暗記物」に止まっている間は、
歴史と向き合うことは出来ませんよね。
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

プロフィール

アシュリー

Author:アシュリー
カリフォルニア州バークリー在住、元スポーツジャンキーのアシュリーです。

今観るスポーツは、アーセナル(サッカー)とグリズリーズ(バスケ)、あとテニス。

専門の物理ネタ以外にも、色々書いていくつもりです。

Twitterをハンドル名Inoueianでやっています。

ブログ内検索
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
RSSリンク
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。