スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Great Running Backs

自分のアメフトの見方なんですが、
まずはランの攻撃に注目します。

格下相手でなければ、
走れないと、パスは出来ないからです。

ランの方が平均するとゲインが少ないからか、
パスの方がランより派手だとか言う話もあるんですが、
同じゲインのプレーを比べたら、
ランの方が断然派手だと思うんですよねぇ。

ランニングバックがタックルをかわすステップもあるし、
ラインマンがブロックで守備に大穴を開けるのも壮観です。

パスだったら、通ったら通ったでそれだけじゃないですか。
まぁ、敵にインターセプトされたり、落としたら全くゲイン出来なかったり、
って言うリスクがあるのがスリリングかも知れませんけど。


とにかく、自分がまず注目するポジションはランニングバック。
大体いつでも、NFLには5人くらい、
毎試合のようにすごいプレーを見せてくれるRBがいます。

今シーズンで言うと、
ラデニアン・トムリンソン(チャージャーズ、1815ヤード、31TD)
ティキ・バーバー(ジャイアンツ、1662ヤード、14TD)
ラリー・ジョンソン(チーフス、1789ヤード、19TD)
スティーブン・ジャクソン(ラムズ、ランとキャッチで2334ヤード、16TD)
フランク・ゴア(49ers、1695ヤード、9TD)
の5人。

トムリンソンは5年くらいトップクラスのプレーをして、今年やっとMVP。
バーバーはまだまだ出来そうですが引退。
下の3人は、これからどれだけ活躍してくれるか楽しみです。


RBは毎試合何十回もタックルされるわけで、
選手寿命の短いポジションです。

自分が見始めてからドラフトされた選手で、
2年以上、トップクラスのプレーが維持できたのは↓
(ドラフトされた順)

98年
アーマン・グリーン(パッカーズ)
99年
エジャリン・ジェームズ(コルツ→カーディナルス)
00年
ショーン・アレクサンダー(シーホークス)
01年
ラデニアン・トムリンソン(チャージャーズ)
02年
クリントン・ポーティス(ブロンコズ→レッドスキンズ)
03年
ラリー・ジョンソン(チーフス)

つまり、毎年1人ずつすごいRBが出てきていて、
04年のジャクソンや、05年のゴアなんかがそれを続けられるかな、
って言う感じ。


毎年色々なRBがスーパープレーを見せてくれるんで、
それはそれで嬉しいんですけど、
実は、↑で挙げたRBは1人もスーパーボウルで勝ってません。

トップクラスのRBがスーパーボウルで勝ったのは、
99年のラムズ、マーシャル・フォーク以来無いんです。
(去年はジェローム・ベティスが勝ちましたけど、
彼の選手としてのピークは10年くらい前)


エジャリン・ジェームズは、
去年までコルツにいたのが、移籍したとたん優勝してしまいました。

コルツの攻撃は、
ジェームズがいたときの方が明らかに良かったです。
穴を埋めているルーキーのジョーセフ・アダイも、
これから楽しみですけど。

って言うわけで、次のスーパーボウルでは、
トップクラスのRBに勝って欲しいな、と思ってます。

テーマ : NFL
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

プロフィール

アシュリー

Author:アシュリー
カリフォルニア州バークリー在住、元スポーツジャンキーのアシュリーです。

今観るスポーツは、アーセナル(サッカー)とグリズリーズ(バスケ)、あとテニス。

専門の物理ネタ以外にも、色々書いていくつもりです。

Twitterをハンドル名Inoueianでやっています。

ブログ内検索
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
RSSリンク
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。