スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フェデラー×ロディックですよ~

最近、他の人のブログになかなかコメント出来てません。

スポーツ観戦は出来てるのに、って言われそうだけど、
学校の事しながら観てるんですよねぇ(笑)
明日頑張ってみます。


とにかく、あと7時間ほどで、
テニス全豪オープンの男子第一準決勝、
ロジャー・フェデラー対アンディー・ロディックですよ。

ジミー・コナーズのコーチングでロディックのプレーの幅が広がって、
ハードコートではこれ以上のカードは無くなったと思います。

それでも、ロディックがフェデラーに勝てたのは、
もう4年近く前のこと。
ロディックが勝つには彼にとって最高のテニスが必要です。


ここ半年のロディックの成長はすごいものがあるんで、
これが事実上の決勝、と言いたかったんですが、
そうでもなさそうです。

もう片方の準決勝に上がってきたフェルナンド・ゴンザレスは、
以前は、局面など構わず、攻めのショットしか打たない選手でした。

以前からサーブとフラットなフォアハンドは、
今のテニス界屈指の破壊力でしたけど、
無理な体勢から全力で打つので、自滅の確率も大きかったんです。
つまり、ロディックに似ているけど、
さらにプレーの幅の狭い選手だったんです。


それが、去年の途中でコーチにラリー・ステファンキを迎えて、
頭脳プレー、フィットネス、バックハンドを劇的に改善しました。
この辺、ロディックと全く同じ。

ちなみにステファンキは、
ジョン・マッケンロー、マルセロ・リオス、エブゲニー・カフェルニコフと、
3人のナンバー1プレイヤーを指導した他にも、
ティム・ヘンマンを世界4位まで押し上げた名コーチです。


昨日の準々決勝で、ゴンザレスは2番シードのラファエル・ナダルと当たりました。
ナダルは、クレーが一番得意にしても、
バウンドの高い全豪のハードコートは、クレーの次に適したサーフェスです。

そのナダルを、ゴンザレスは圧倒してストレート勝ち。
軽やかなフットワークは、フェデラーを思わせるくらいでしたし、
ナダルとしては、危険なゴンザレスのフォアハンドを避けたはずが、
バックハンドでポイントを取られたり、
何をしても通用しないような状態でした。

まぁ、ナダルはこの前の試合が長引いて、
足に疲労が残ってたらしい、って言うのはあるんですけど、
それでもこのゴンザレスのプレーなら、
優勝してもおかしくないと思いました。


ゴンザレスの準決勝の相手はトミー・ハース。

う~ん、こっちは見ないことにするかもしれません。

ゴンザレスがこの調子なら勝ちますし、
負けたとしたら、ゴンザレスのレベルが急激に落ちたって事。
そんな試合はあんまり見たくないかも(笑)


男子がとにかく面白い事になってきたんで、
女子はなかなか見られませんけど、
準決勝はセリーナ・ウィリアムス対ニコレ・バイディショワと、
キム・クライステルス対マリア・シャラポワ。

バイディショワは、2年位前から注目されてる若手なんですが、
まだ17歳なんですよねぇ。

プレースタイル的に、
クライステルスには決勝に残って欲しいです。
他の3人は、とにかくパワー偏重なもんで。

テーマ : テニス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

プロフィール

アシュリー

Author:アシュリー
カリフォルニア州バークリー在住、元スポーツジャンキーのアシュリーです。

今観るスポーツは、アーセナル(サッカー)とグリズリーズ(バスケ)、あとテニス。

専門の物理ネタ以外にも、色々書いていくつもりです。

Twitterをハンドル名Inoueianでやっています。

ブログ内検索
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
RSSリンク
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。