スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「快楽主義」

古代ギリシャのエピクロスの哲学は、
快楽主義、って言われる事がありますけど、
自分が楽しければ何でもいい、って事なのか、
って思ってたら大間違いです。

万物の根源/世界の起源を求めて 万物の根源/世界の起源を求めて
ルクレティウス (2006/11)
近代文芸社

この商品の詳細を見る

(こういう本、日本だと高いんですよねぇ)

これは、ローマ時代になってから、
エピクロスの学説を広めた詩人の作品なんですが、
読むと、エピクロス主義が説くのは、
貪欲に快楽を追い求める事より、苦痛を取りのけて、
ささやかな幸せを求めることだっていうのは分かります。

さらに、近代科学的な考え方も、
2000年前にすでに出ているからすごいです。


ギリシャにしても、中国やインドにしても、
2000年以上前に書かれたものが、
今でも十分通用するんですよね。

もちろん、もっと最近になってから、
どんどん新しい哲学は出来てますけど、
今でもアリストテレスやプラトンの著書を研究する人はいるわけです。


でも、科学に関してはそういった事は言えません。
プトレマイオスの天動説を研究する人なんてほとんどいませんし、
アリストテレスや、上のルクレティウスが、
科学の話を始めると、おかしな話が一杯出てきます。

例えば、アリストテレスは、
物が動き続けるには、常に力がそれに加えられないといけない、と書きました。
(エピクロス派の科学は結構優れてるんですが、
それでもこんな風に変な事がいくらか書かれてます)

これは、今の高校の物理の授業では、
最初の授業で間違ってると教えられてもおかしくない話です。
動いているものは、力を加えなければ同じ速度で動き続ける、
と言うのは物理の基本の基本になってますから。


なんで他の話では、今にも通用する素晴らしい事を書けるのに、
科学ではトンデモな事を書いてるのか、って言うと、
それは、科学は過去の成果を土台にして、
その上に今の研究を積み上げているから。

逆に哲学では、これが必ずしも出来てはいない、って事です。

一度、地球も太陽の周りを回る惑星だ、と分かってしまえば、
その後の人たちは、それを常識だと思うようになります。

でも、社会やらの事で、
これはこうするべきじゃないか、と誰かが言っても、
受け入れられるには時間がかかって、
本当に理解されるのには何世紀もかかったりするんですね。


先々週、うちの教授がしていった話で、
科学は爆発的に進歩するのに対して、
人間の知恵のような物は進歩していない。

そのために、取り返しの付かない事になるかもしれない、
と言うのがありました。


自分の場合、悲観的じゃないもんで、なんとかなるとは思ってますが、
核兵器や生物兵器、
どうやったら使わずに国際問題を解決できるのか。

昔の哲学書を読むだけでは解けなさそうな問題です。

テーマ : 哲学/倫理学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

脳科学や機械工学(? ロボットなど)の個々の研究・進歩は素晴らしいのですけど、軍事利用を見据えた研究もなされてるようで、核兵器・生物兵器に続く何かになるのかと思うと怖いです。

国際問題の解決は・・・どうしたらいいんでしょうね。
自分は悲観的に捉えてます。

人間の倫理観が完全に技術に追いついていないですね
この前、「国家の品格」で記されていたことですが、人間が賢くなる(そーいう意味でね)ってことは一生無いからと、筆者は言ってました
だから、一部の本当に良識あるエリートが導いていくべきなんだと
うーん、確かにそう思う
世論なんぞは結局、マスコミに踊らされるだけの存在な訳ですし(自分も含めて)、国際情勢、人道的立場、環境問題…etcといった物をすべて含めて受け止められるような人間教育が必要かと思います
ほんとね、今の技術があって、正しい方向に向かうことが出来るのなら、世界って絶対、平和ですよね?

kashさん

生物兵器で、すでに十分危険だと思います。
自然にあった感染症でも、
例えば天然痘はワクチンが出来た後の20世紀だけで、
3~5億人亡くなっているそうです。

細菌を扱うノウハウと、少しの研究費があれば、
そうとう危険な生物兵器が作れるはずなんです。
それに、核兵器や機械兵器と違って、
これは簡単に極秘に製造できる物です。

国際問題の解決は、
自分の生きてる間に解決するほど簡単じゃないかもしれませんが、
最近60年間があって、いまだに人類が生き延びてるのを見ると、
それなりに楽観視して良いと思ってます。

ハルオさん

これは、「国家の品格」は自分が読んでないもので、
ハルさんの解釈の上に、自分が曲解してるのかもしれませんが、
年を取っても賢くならないのなら、
なんで藤原さんの言う事を聞かなきゃいけないんでしょう?
人それぞれ経験で、それなりに学ぶ物だと思います。
自分の経験からしか学ばない人が多いから、
世代ごとにあまり賢くはなってないわけですが...

政治については、ちょうどアリストテレスがこんな事を言ってます。
王政が堕落して独裁制に、貴族性が堕落して寡頭制に、
共和制が堕落して衆愚制になる、と。
アリストテレスは、これらのいい部分を取り混ぜた政治体型が
理想的だとしました。(「政治学」)
藤原さんの主張は似たところかもしれません。

この記事を書いてから思うのは、脳のたとえです。
1つ1つの脳細胞は、賢いとか言う以前に、
思考と言えるような事はなにもしてません。
それでも、脳細胞のまとまりを見てみると、
なにか目的に向かった行動を取っているように見えてきて、
脳全体で見ると、確かな知能を持ってるわけです。

人類全体で見て、個人個人より賢くなる事、
いや、個人個人を全て足したより賢くなる事は可能だと思います。
これはもう、
当面の国際問題を解決するのより難しいかもしれませんが(笑)
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

プロフィール

アシュリー

Author:アシュリー
カリフォルニア州バークリー在住、元スポーツジャンキーのアシュリーです。

今観るスポーツは、アーセナル(サッカー)とグリズリーズ(バスケ)、あとテニス。

専門の物理ネタ以外にも、色々書いていくつもりです。

Twitterをハンドル名Inoueianでやっています。

ブログ内検索
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
RSSリンク
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。