スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そろそろ

ちゃんとブログタイトルを変えて、ブログ付き合いもまともにしないとダメですね。

少し真面目な話を書こうとするたびに、読者少ないからどうせ反応ないし、となって、途中でやめちゃうんですよね。

自分のブログで、書きたい事が書きにくい、ってのはどうかと思うので、その辺はちゃんと直していかないと。

最近、かなりの頻度で拍手をしてくれる人がいて、(1人?)それはもちろん嬉しいんですが、残念ながら、拍手だけだと何に対して拍手してもらってるのか分かりません。正直な所、1行だけでもコメントがもらえると、拍手より何倍も嬉しいです。

ま、コメントしにくいかと思う話が多いのも事実なんですが、
本当に1行でもいいよ、と言っておきます。


新タイトルはまだ未定なんですけどねぇ...
今のところのアイディアとしては、
「○○カフェ」
「○○喫茶店」
など、お茶する場所の名前が入ってるのがいいな、と。

どう間違えてもバーではないです。


と、書きながら思いついたのは、「Cafe Berkeley」
そのまんまですが、バークリーの町の名前の由来は18世紀の哲学者ジョージ・バークリー。

バークリー本人の哲学には、あまり賛同できませんが、尊敬する哲学者のデイヴィッド・ヒュームにも影響を与えた人です。
ありかもしれません。


ブログの内容は、スポーツについては、(見る量が減ったので)これまで程ではないにしても書いていきます。

多分メインになるのは、物理学、数学、生物学、哲学、経済学など、「学」もので興味を持ったものを、できるだけ易しく書くのと、バークリーでの日常、ローカルネタ。

これでカテゴリーは大体カバーできますかね。


書きながら考えると、進みますね。
オススメします(笑)
スポンサーサイト

テーマ : ブログ
ジャンル : ブログ

買い物が色々

メガネが壊れて、度の微妙にずれた古いメガネを使ってるんで、
(壊れたのも古いっちゃあ古いんですが)
久しぶりに目の検査、新しいフレームのメガネと、コンタクトを買おうと思ってます。

コンタクトは今まで使ってませんでしたが、
スポーツする際など、役に立つので。


床屋にも行かないと。
これは、どこが良いのか全くの謎。
近所に2つあるんで、どっちかが良ければいいな、と思ってますけど、
保障は無いですね...


あんまり緊急じゃない話だと、
MacBookを買おうと思ってます。

3年前にラップトップを買った時は、
安さが第一条件だったので、Macは除外されてました。
仕事で使う上ではMacの方が良さそうなので、
今度こそは、です。


あと、自転車。
シアトルの時も自転車を買おうかな、と言ってましたけど、
当時は、買うかも、買うかもと言いつつ、
真剣にどういう自転車を買うのか検討したりはしてなかったんですね。

今回は色々見てるので、多分買うことになりそう。

一番の目的は、サンフランシスコを動き回る事です。

バークリー近辺のバスはタダなんですが、
湾の向こうのサンフランシスコだとそうは行きません。
電車やバスの運賃をお釣り無しで払えるようにするのは面倒ですし、
自転車の方が速く、自由が利くので。

通学は、バスで読書が定着してるんでそのままのつもりですが、
それ以外のお出かけにも使うようになるかもしれません。

テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

1日おきのパターン

更新が見事に1日おきになってますね。

新しいテンプレートにして、
カレンダーを見て気付きました。
きれいにチェッカー模様になってます。

今週の始まりに出したパズルのヒントになっちゃいました。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

一輪車通勤

キャンパス内を、
颯爽と一輪車で通り抜ける多分30代の男性を今日見かけました。

この人には実は、心当たりが(笑)


バークリーに引っ越してきてから、
木曜水曜に出る地域のフリーペーパーを読んでます。
East Bay Expressというやつで、
主に、音楽などイベント系の情報を仕入れるのと、
この辺はどういうとこなのかな、というのを感じ取るのに使ってます。

で、先週のカバーに載った特集が、
バークリーで一輪車バスケをする人達だったんです。

↓なかなかすごいです。


記事はこっち→リンク

記事に書いてあったのが、チームのメンバーの1人は、
UCバークリーのキャンパス内を一輪車で移動してる、ってあったんですね。

いくらバークリーでも、そんな人は何人もいないだろう、と思うんです(笑)
ネットで写真を検索してみても、多分今日見かけた人でした。


で、この人が一輪車で移動するようになった理由が、
なんとも微妙なんです。

"Walking was too slow, bikes too complicated, and scooters good
only for downhill."
「歩くのは遅すぎて、自転車は複雑すぎて、スクーターは下り坂にしか使えない」

歩くのが遅いのは良いとして、
他の2つって、一輪車を使う理由になるんですかね?(笑)

テーマ : マイナーなスポーツ
ジャンル : スポーツ

物理学者の遊び

物理学者、特に数学寄り、理論寄りの人は、(自分含む)
パズルが大好きです。


先週の金曜聞いた問題を2つ紹介してみます。

まずは(多分)簡単な方から。


ドミノ32枚を使って、8×8のマス目を埋める事は出来ます。

では、そのマス目の右下の隅と、左上の隅を避けて、
31枚のドミノで、他の62のマスを埋める事は出来ますか?

出来るなら、その埋め方の例、(って、ここのコメント欄じゃ無理かな)
出来ないなら、その理由を挙げなさい。


2問目

ある牢獄に100人の囚人がいます。
そしてある日、処刑が行われる事になりました。
処刑されるかどうかは、下に書くゲームによって決められる事に。

100人は、白か黒の帽子を被らされ、縦1列に並ばされます。
それぞれ、自分より前にいる人の帽子は見えますが、
自分の帽子や、後ろの人の帽子は見る事が出来ません。

処刑人は、囚人の列の一番後ろから1人ずつ、
自分の帽子の色を当てるよう聞いていきます。
当てられればその囚人は許され、外れれば処刑されてしまいます。

囚人達は、以上のルールを事前に知らされました。

白の帽子と黒の帽子、それぞれの数はデタラメなので、
一番後ろの囚人は、半々のチャンスに賭けるしかありません。

ただし、
前の囚人たちにも、後ろの囚人の答えが聞こえる事を利用して、
他の99人全員を確実に救う方法があります。

どんな方法ですか?
(この方法を決めるために、囚人達は事前に話し合っていい事になっています)


金曜には、ヘックスというゲームもしました。
「ビューティフル・マインド」のジョン・ナッシュが発明者の1人だというくらいで、
ルールがとってもシンプルなゲームです。

でも、奥が深い。


最近、囲碁もやってみたいな、と思ってます。
これまた、数学的、ミニマリストなゲームですね。

テーマ : ゲーム
ジャンル : ゲーム

疫病神の気分

3年間いた間、
ワシントン大学のアメフトチームの成績は9勝28敗。
去年が極め付けで、見事に12戦全敗してくれました。


それが今年は、開幕戦でアイダホに勝って2年またいだ連敗をストップ。

今日は、ランキングで3位に入ってたUSCに勝っちゃいました。

Huskies


とにかく弱かったんで、大して応援してませんでしたが、
これは、キャンパスにいたかったかも。


ま、自分がいなくなったから強くなったわけじゃなくて、
今年からヘッドコーチが変わったんですけどね。
しかも、USCのアシスタントコーチを引っこ抜いたんで、
この試合には明らかにアドバンテージがあったと思います。

テーマ : アメリカンフットボール
ジャンル : スポーツ

夜型生活

生活のサイクルがちょっとずつ遅れてきてます。

直さないとって事で、
6時前に夕飯を食べてきました。
早めに寝るつもりです。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

デルポトロ

昨シーズンの途中で開花し始めて、
去年の全米でもスケールの大きさを見せてくれた選手でした。


でも1月の全豪では、まだまだだな、と思わせる試合で、
フェデラーに惨敗。(3-6, 0-6, 0-6)
最後は諦めてしまっていたのが残念でした。


全仏でも、フェデラーと当たりました。
そしてこの時は、2セット対1セットのリードを取ったんです。
ただ、持久力不足で最後は失速。
フルセットで負けてしまいました。(6-3, 6-7 (2-7), 6-2, 1-6, 4-6)


今回の全米では、準決勝でナダルにストレート勝ちして、
決勝でまたフェデラーと対戦。

ナダルは、
フラットなショットで相手を振りまわす選手には苦戦するので、
(ツォンガ、セデルリン)
デルポトロに負けた事自体は驚きませんでした。
でも、ここまでボロ負けするとは。(2-6, 2-6, 2-6)

逆にフェデラーは、デルポトロのようなタイプの選手には、
本来あまり苦戦しないように思っていました。
ナダル、マレー、カニャスのように、
変化球勝負の選手が苦手なので。


それが、デルポトロが勝っちゃったんですからね。(3-6, 7-6(5), 4-6, 7-6(4), 6-2)

del Potro
雨の延期のせいで月曜の決勝、見られなかったのが残念です。


去年の全豪で優勝して以来、ジョコビッチは少し大人しい感じですし、
マレーは、期待されながらもメジャータイトルが取れずにいます。

その隙に、20歳で割り込んで来たのがデルポトロ。
見逃せない選手がまた増えちゃいました。

フェデラーは28歳。
なんだかんだ言って全仏、全英を取りましたし、
来年もまた、メジャーを1つは取るんじゃないかと思いますが、
後継者争いがさらに激しくなってきました。

(写真はUSOpen.orgより)

テーマ : テニス
ジャンル : スポーツ

アイバーソンがグリズリーズに

久しぶりにスポーツの話。

グリズリーズに、アレン・アイバーソンがFAで入りました。

AI

まず間違いないのは、
今までのグリズリーズにはいなかったビッグスターだって事。
オールスターに10回選ばれて、MVPにもなった選手ですからね。

客席が毎試合のように埋まるとは思いませんが、
観客の数が一気に上がるのは確実です。


1年、$350万の契約も、ちょっと前ならありえない安値。
昨シーズン、ピストンズにトレードされた後のプレーや態度のせいで、
グリズリーズ以外からのオファーが無かったそうです。


でも、疑問符もあります。

グリズリーズにはすでに、
ボールを一度持ったら自分でシュートに行く、
ルーディー・ゲイとザック・ランドルフがいます。
O・J・メイヨもその傾向が少し。

そこに、シュートをかなりの数打ちにいくアイバーソンが加わって、
チームとして機能するのか。
スタメンがアイバーソン、メイヨ、ゲイ、ランドルフ、ガソルになったら、
ガソルが可哀想(笑)


もう1つの疑問は、マイク・コンリーとアイバーソンを、
どうやって共存させるのか。

コンリーは、昨シーズン後半、コーチが変わってから一気に成長しました。
ラウリーがロケッツにトレードされた後のアベレージは、14.8点、5.7アシストです。
ただコンリーはアイバーソンと同じで、小柄なガードです。
この2人を同時に投入すると、相手のSGをどう守るかが問題に。

コンリーは育てて行きたい選手なので、出来れば出場機会をあげたい。
でも、アイバーソンを獲ったからには、使うしかない。

ライオネル・ホリンズがどういう采配をするのか注目です。


そういう疑問があると言っても、
このチャンスは逃がすわけにいかなかったと思います。

3年連続でプレーオフから遠く離れて、
ファンも離れてしまっていたところに、
スーパースターをチームに迎え入れるわけですから。

もちろん、アイバーソンは34歳で、選手として衰え始めてます。
でもその分、若手に教えられることも多いはず。

Young Grizz

そして一番期待したいのは、アイバーソンの闘志。
小さい体でここまで活躍できたのは、
ずば抜けた運動能力だけでなく、
勝利に対する人一倍のこだわりがあります。

彼のプレーの方向性は、時には間違っているように思いますが、
勝ちたいと言う気持ちだけは疑いようがないです。

今度はさらに、ピストンズでのごたごたから、
チームプレーが出来ない自分勝手な選手、
という批判が集中しています。
それを跳ね返すために、いつも以上に激しく行くんじゃないでしょうか。


1年だけかもしれません。
いや、プレーオフに出ていい戦いが出来る、くらいまで行かなければ、
ほぼ確実に1年だけでしょう。

アイバーソン本人としては、
プレーオフで戦えるチームに戻るための足がかりに過ぎないかもしれませんが、
アイバーソンのプレーと、若手がそれにどう反応するのか、見ていきたいです。

(写真はグリズリーズより)

テーマ : NBA
ジャンル : スポーツ

裏山

大学のすぐ東に、丘というか、裏山があります。
月曜の休みに、先週作った友だちと行ってきました。

なかなかの傾斜ですけど、走って上ってる人達もいたんで、
まぁ、そんなにすごくはないです。

目当ては、上から見える景色。

San Francisco Bay
西に向かって見えるのがサンフランシスコ湾。
まだ逆光がきついです。

Golden Gate Bridge
それでも一応見えるゴールデンゲートブリッジ。

The Hills
南の方には、豪邸がずらり(笑)
こういう景色がいっつも見られるんですから、相当の値段でしょうね。

ベイエリアは住宅バブルの酷かった場所の1つ。
写ってる家にも影響があったんでしょうか。

Oakland
その向こうには、オークランド。


頂上で、日没を待ちます。

San Francisco Bay

Golden Gate Bridge

San Francisco
ベイブリッジ、トレジャーアイランド、サンフランシスコの中心部。
ベイブリッジは、この週末は工事で閉鎖されてました。

Berkeley
バークリー全景、
と言っても、右端の時計塔と、海に突き出たマリーナ以外、
特に目立つものはないです。


行きはよいよい、とはいいますが
Hill
近道で降りたんで、行きよりももっと急でした。
富士山の砂走りを思い出しました...


家に帰っても、裏庭にこんなのがいましたし
Cat
アドベンチャー気分の午後でした。

テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

学期

今日はLabor Day、労働運動を記念した日だったんですが、
忘れかけてました。

ここ3年間、学校がQuarter制で、
今ごろはまだ夏休みだったんです。
今年からはSemester制、もう学校は始まってます。

Quarterだと、日本の3学期から、夏休みを長くした感じ。
(学校に関していうと、年度は8、9月に始まります)
9月~12月 秋学期
1~3月 冬学期
3月~6月 春学期
6月~9月 夏休み&夏学期(受けたい人は)
という風に。名前の通り、学期が4つ。

SemesterのSemは、Semiとかと一緒で半分って意味。
年を半分に分けた2学期制、って事です。
8~12月 秋学期
1~5月 春学期
5~8月 夏休み&サマースクール

Semesterだと、9月の最初の月曜にあるLabor Dayは、
年度の最初の休みなんですね。
中学、高校、大学と、ずっとそうでした。

それが、3年間だけで意識の底まで沈んじゃったんですから...


前回書いた予定通りに、ハイキングしてきました。
これは次回。

テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

バークリー、最初の1ヶ月

(昨日アップしたつもりが、下書きのままでした)
引っ越してから来週1ヶ月という事で、観察&感想。


夏は乾季。
雨が降ってるのを見てません(笑)

雨は降らないけれど、霧や雲に関していうと、気まぐれな天気。
乾いてるので、日が当たるか当たらないかで気温が大きく変わります。
半袖でも汗をかくのと、ジャケットを着ても涼しいのが、同じ日にあったりします。


レストランが大量にあるんで、まだまだ開拓中。
○○料理と付くものなら、大体なんでもあります。
ただ、質はピンからキリまで。

Angeline's Louisiana Kitchenと並ぶレストランを探してます。
辛いはずのものが、あまり辛くなかったりするのが一番の不満。
「グリーンカレーは、中辛でも辛いですよ」
とウェイトレスが心配そうに言ってたから中辛にしたら、大して辛くなかった事が...

二番目の不満は、タイカレーが、ご飯付きじゃない事。
いちいち、$1.50だか、ご飯追加の料金を取られます。
税金、チップも入れると実質$2の追加。
どこか、カレーにはご飯つき、ってするタイ料理の店が出来たら、
みんなカレーはそこで食べるような気がします。


カフェも開拓中。
家のまあまあ近くに、コーヒーのちゃんとおいしい店がありました。
他のカフェは、シアトル基準で言うとコーヒーの味は微妙。

ただ、雰囲気の良い店や、食事のおいしい店はあります。
大学の近くだと、オムレツが食べられてジャズが流れてる店が今のところお気に入り。


明日からLabor Dayの3連休です。

明日は、ガムランを聴きにサンフランシスコへ。
明後日は未定。
明々後日は、近所でハイキング。

テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

バンクーバー旅行記 その2

バンクーバーの2日目には、
去年行き損ねたところをカバーしてきました。

バンクーバーのダウンタウンの隣に、スタンリーパークという巨大な都市公園があります。
(スタンレーパークが標準表記みたいですが...誰に聞いても発音はスタンリーです)

本当にでかいので、自転車を借りて一周する事に。


ダウンタウンはこんな感じ
Vancouverism
北アメリカでは珍しく、高層アパートの沢山ある街です。
ダウンタウンからでも周りの山が見えるように、と高さ制限を付けたんですが、
街自体の見た目は逆に悪くなったんじゃないでしょうか。
みんな制限ギリギリの高さで、メリハリのないスカイラインです。


↓水面の右の方、なんだかわかります?
Floating Chevron
水上ガソリンスタンドです。
船とか水上飛行機用ですね。
写真を撮ってる時は何かのジョークかと思ってました(苦笑)


海あり山あり、すごい景色です。
氷河のおかげですね。
Stanley Park
こういう所に200万都市があるのって、
世界中、他に無いんじゃないでしょうか?
オスロが2番目かな?

Lighthouse

Lions Gate Bridge

自転車で回っても、1時間ちょっとかかりました。
写真撮りながらですけどね。


スタンリーパークの後は、新渡戸記念庭園。
ブリティッシュコロンビア大学(UBC)のキャンパスにある、日本庭園です。
Nitobe Garden
結構本格的。
タダで入れるUBCの学生が羨ましいかも。

UBC、やけに立地がいいんです。
ちょうど海に突き出た所にあって、歩いてビーチに行けます。
意図せず行きそうになったけど、結局行かなかったヌードビーチもこの辺にあります。

大学の近くといえば、安いレストランや古着屋、古本屋があるもんですが、
UBCの近くは大体高級住宅地みたいでした(笑)


この日、色んな意味で痛かったのは、
いつも持ち歩いてるメモ帳を、自転車で回ってる時に落としちゃった事です。

スタンリーパークに戻って、
ちょっと自分で探したり、落し物で届けられてないか調べたりしましたが、ダメでした。
まぁ、ほとんどは他愛の無い事しか書いてないんで、
結局は諦めたんですけどね。

「ダーウィンの危険な思想」、後半読み返して、メモし直さないと...


メモ帳を失くさなければ、日本庭園のあと、
他にも何か見に行ってたはず。

例えば、グランヴィルアイランドというとこに市場などあるようなので。
それはまた次の機会に。

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

プロフィール

アシュリー

Author:アシュリー
カリフォルニア州バークリー在住、元スポーツジャンキーのアシュリーです。

今観るスポーツは、アーセナル(サッカー)とグリズリーズ(バスケ)、あとテニス。

専門の物理ネタ以外にも、色々書いていくつもりです。

Twitterをハンドル名Inoueianでやっています。

ブログ内検索
カレンダー
08 | 2009/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
RSSリンク
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。