スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バンクーバー旅行記 その1

カリフォルニアの運転免許を取るために筆記試験の勉強したり、
突然お泊り客が来たりして、またもや更新が遅れました。
どうも最近いけませんね。


今月の頭のバンクーバー旅行、
前の記事で、色々思ったことを書いてみました。
今回は、バンクーバーのどこに行って何をしたのか。

今回の旅は、行きはAmtrak、電車でした。
高速道路は少し内陸の方を通るんですが、線路はほぼずっと海岸沿い。
景色が良かったです。

Puget Sound

時々曇ってたのが残念。
でもこの辺の天気は気まぐれなんで、しょうがないとします。
去年もやられました。

Puget Sound 2

電車から撮ったとわかる写真。


来年の冬のオリンピック開催地です。
Olympics

開幕まであと半年ですね。

ところでバンクーバー五輪、マスコットがやけに可愛いんです。
Mascots

紹介アニメなんかもあります。


オリンピックのスキーの会場は、近くにあるスキーリゾートのウィスラー。
バンクーバーに住んでれば、
ウィンタースポーツとウォータースポーツが1日の間に出来るんです。
Mountains


スケートなどの会場は、ダウンタウンにあります。
Arenas

カナディアンフットボール(アメフトとちょっとだけ違う)のライオンズと、
アイスホッケー、NHLのカナックスが普段は使ってます。


今までの冬のオリンピックの開催地のどれよりも大きい街で、(都市圏人口は200万以上)
どれよりも暖かいところです。

住みやすいんで、ホームレスの人達も多いんですが。
Vancouver Art Gallery


↑が、初日に行ってきた、バンクーバーアートギャラリーです。
厳密にはギャラリーじゃなくて、普通に美術館だと思うんですが、それはまぁいいとして、
改装中のアムステルダム国立美術館から借りてきた、オランダ絵画が目当てでした。

「フェルメール、レンブラント」と銘打ってるわりに、
フェルメールは1点だけだったのは残念。
でも、世界に30点ちょっとしか残ってないフェルメールだからしょうがない(笑)
一応、アムステルダムには他に3点あるみたいなんですけどね。
このページで、PlaceがRijksmuseum, Amsterdamと書いてあるもの)

その1点は、これ↓
Love Letter

「恋文」という絵ですね。
今まで見た事あるフェルメールと比べると、インパクトが薄いです。

リュートが恋愛を表してるとか、
シンボリズムを知らないと、いまいちのように思います。


レンブラントとフランス・ハルスの絵は複数あって、良かったんですが、
芸術品としてよりも、文化の遺物として絵を見て楽しんだ特別展でした。
ちょうど、フェルメールの絵から17世紀の世界を覗く、というような本を読んだところだったので。

Vermeer\'s Hat: The Seventeenth Century and the Dawn of the Global WorldVermeer\'s Hat: The Seventeenth Century and the Dawn of the Global World
(2008/12/23)
Timothy Brook

商品詳細を見る


これは、本当に面白い本でした。
17世紀、世界中がひと繋がりになり始めていた事が、
オランダのデルフトで一生を過ごしたフェルメールの絵から読み取れるんですから。

ビーバーの毛皮、銀、タバコなど、
この時代の経済の鍵を握っていた物品のストーリーもとても良く書かれています。


脱線したんで、まだ1日目の話ですね。
2泊3日の旅の話、次回で終わらせられるかな?
スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

いまさらバンクーバー所感

もう3週間ちょっと前になっちゃいますが、
バンクーバーに2泊3日の旅をして感じた事をちょっと。
具体的にした事とか写真は、次の記事で。


去年行った時は、シアトルで借りたレンタカーで回りました。
(去年のブログ。その1その2その3その4その5...5つも書いたのか)
車で回るのは、やっぱり速いですし、自由も利きます。
でも、ダウンタウンで駐車スペースを見つけるのは大変で、ストレスが溜まりました。

今回もう1つ気付いた、車で回るデメリットは、街の空気感がつかめない事。
ほぼ徒歩と公共交通だけで今回旅をしてみて、
バンクーバーってこんな街なんだ、と言うのが、
去年よりずっとよくわかったと思います。


わかった事の1つは、アメリカで行った事のあるどの街と比べても、
バンクーバーの方が圧倒的にコスモポリタンだって事。
(ニューヨークとLAには行った事が無いので比較できません)
ターバンを巻いた人をこれほど多く見た事は今までなかったですし、
アジアの色んな民族、東欧系など、何でも揃っていました。

調べてみると、バンクーバーの都市圏人口の3割は、
外国(カナダ以外)生まれだとか。


「自由の国」と呼ばれるのはアメリカですが、(アメリカ人はそんなに言わない。一応)
カナダの方がある意味、よっぽど自由なんじゃないかな、と。

上に書いたようにまず、移民法はアメリカの方がずっと厳しいです。
バンクーバーにいる間に、ゲイパレードがあったんですが、
カナダでは同性結婚がどこでも許されてるのに対して、
アメリカではほとんどの州で、同性のパートナーは結婚したと認められず、
一部の州では、パートナーとしての認知もしてもらえません。

間違って行きかけた所に、レック・ビーチというヌードビーチがあります。
(リンク先は写真とかあるので仕事中の人などは注意、笑)
北米では、マイアミにあるヌードビーチの次に、来る人が多いとか。
年のほとんど、海水浴が出来ないような温度なのを考えると、すごい話です。
どうせなら、行っとけば良かったかな、と今は思います。

なんにしろ、プライベートで他人のする事には干渉しない、
というのがアメリカより徹底されているように思いました。


あと、街を歩いていて気付いたのは、
バンクーバー人は、シアトル人よりずっとオシャレだって事(笑)

バンクーバーとシアトルは、色んな意味で似てます。

どちらも100年ちょっと前に出来て、
最初はそれぞれの国の林業の拠点、
そしてクロンダイクゴールドラッシュの拠点として成長した街です。
戦後になってから新興産業が出来て急成長したのも一緒。

でも、文化的には相当違うと思いました。


シアトルのファッションは、
ニルバーナ、パールジャムなど、シアトル近辺のバンドが中心だった、
90年代のグランジロックの影響がいまだに強いです。
ファッションを気にしないのが逆にかっこいい、という感じ。

バンクーバーでは、そういう雰囲気はあまりなかったです。
ファッションに気を使っている風な格好の人がたくさん。

アメリカの中でのシアトルは、大き目の地方都市、なのに対して、
カナダの中でのバンクーバーは、西海岸最大の都市、
というのも関係してるのかな、と思いました。

都市志向のアメリカ人がシアトルに向かう、と言うのはあまり聞かないけれど、
都市志向のカナダ人は、バンクーバーに向かう人が結構いるんじゃないかな、と。


とにかく、刺激の多い旅でした。
続きは明日。

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

投票してきました

当面日本に住む予定は無いですが、国籍持ってますから。

それにしても、面倒でした。
数ヶ月前に済ませた、在外選挙人になる手続きもそうなんですが、
今回、選挙所に辿りつくまでが...


まず、BARTに乗ってサンフランシスコへ。
家のすぐ近くに駅があるのはいいんですが、
サンフランシスコベイをトンネルで抜けないといけないんで、20分ちょっと。

領事館があるビルは、すぐ見つかりました。
領事館は23階、選挙があるのは日本の広報センターやらのある22階。

ビルに入って、そのままエレベーターに登ろうとすると、
エレベーターの横に立っている係のおじさんに止められました。
アクセスカードは持ってるか?と。
持ってないなら、まずあっちの窓口に行きなさい、と。

大都市のど真ん中ですからね。
なるほど、と思いながら窓口に行って、22階に行けるようにしてもらった。はずでした。

でも、エレベーターでボタンを押してみると、ランプが点灯しない。
他にも人が乗っていて、違う階に向かってたんで、
22階は素通りして、関係ないところで降りる羽目に。

1階に戻って、最初に呼び止められた係のおじさんに聞いても、
大丈夫なはず、というので、もう1回素通り、往復しました(笑)

結局、窓口にもう一度話しに行って、やっと22階にエレベーターで行けました。
投票自体は多分、日本でやるのと同じくらいの手間だったんで、
短時間で高層ビルのエレベーターを3往復。
こんな事したのは生まれて初めてじゃないかと思います(笑)


BARTでサンフランシスコに行くのには4ドル位かかるんで、
用事1つだけだともったいない。
というわけで、ついでに本屋に行ってきました。

目当ては、リッチモンドという地区にある、Green Appleという本屋。
(リッチモンド市も近くにあるので紛らわしい)
近くにビルマ料理の店があると調べてあったんで、
まずそこで昼ご飯。

ビルマ料理なんて珍しいな、と調べてる時には思ってたんです。
でも、リッチモンドに着いてみると、
色んなアジア系のレストランやスーパーがずらりと並んでました。
これを見たら、ビルマ料理が1つくらいあっても驚くほどじゃないかな、と。

Richmond


チャイナタウンと違って、こうなってるのは主に1つの通り(Clement)だけですが、
中華以外のアジア物なら、こっちの方が充実してます。

観光客が一杯いるわけでもないんで、
どうやってこんなに商売が成り立つんだろう、とは思いましたけど(笑)
自分が行ったビルマ料理の店は、結構人気の店みたいでした。


で、本屋のGreen Apple。

Green Apple


ホントに青リンゴ持ってるおじさんがいる(笑)
隣にベトナムのハーブ屋さんがあったりして、妙な空間です。

この本屋、幅は狭いですが、奥が深くて、2階もあるんです。
新しいのも古いのも、それなりに質の高い本が揃ってました。

実は、シアトルで処分し損ねた本が10冊くらいあって、
出来れば古本屋で売りたいんですね。
この本屋で売れるかな、と下見の意味もありました。

売りたい本の半分くらいは、すでに古本で置いてあって、
あぁ、この辺は売れないかもな、と。
でも、この店が買ってくれる本の傾向は捉えてるって事なんで、
試しに全部持ってきてもいいかな、とも思いました。

サンフランシスコに、次に用事が出来た時に来ると思います。

テーマ : 衆議院選挙
ジャンル : 政治・経済

BGM

前の記事(「幸せになる食事」)の続きというか、補足。

レストランで食事をして、(僕が)幸せになるかどうかには、
周りの雰囲気も大事だと書きました。
これには当然、BGMも含まれます。

ケイジャンのAngeline's Louisiana Kitchenで、ディクシーランドが流れてるのは、
これ以上なくマッチしてる感じ。
これのおかげで、ただでも美味しいのが、さらに美味しくなります。


でも、マッチしてないBGMを使ってる店は、
「幸せになる食事」コンテストの、最初の一歩で躓いてます。

今日食べに行ったタイ料理の店では、
ベスト・オブ・カーペンターズ、という感じのCDを流してました。
スパイシーな食べ物に、カーペンターズはないでしょう(笑)

もう1つ思いだすのは、
和食の昼ご飯に合わせて、夜っぽいジャズ。(大戸屋)

この辺は本当に、どこの誰がどう考えたら、
これが良いBGMだと選ばれるんだろう、って話ですよね。
どうせなら、BGMがないほうがマシ。
なしでも、幸せな食事はありえます。

家での食事でも可能ですし、
昨日書いたDanとHabibiはBGMを覚えてないので、
無かったか、気付かないくらい静かだったって事です。


BGMと言えば昨日は、
スーパーでケニー・Gと思われるスムーズジャズのサックスが流れてました。

あれほど早くレジが進んで欲しいと思った事はありません。

テーマ : BGM
ジャンル : 音楽

幸せになる食事

料理には美味しい、不味い、ありますけど、
それとはまた違った話で、幸せになる食事ってありますよね。

もちろん最低限の美味しさはないといけませんが、
周りの雰囲気も含めて起きることで、
美味しければいい、ってわけじゃありません。
少なくとも自分の感覚では。

これを一番思ったのは、
最初にベイエリアに来た時の、
Dol Ho
ここでの点心。

美味しいことは美味しいんです。
でも、ビックリするほど美味しかったかと言うと、それほどでもない。
(元々、中華はあんまり好きじゃないのもあります)

それなのに、体の中がポカポカ暖かくなって、
自然に微笑んでしまうような感じ。
雑然とした店の中の雰囲気と、向かいに座ったおじさんのなせる技でした。
(この辺は、↑のリンク先で読んでください)


最高に美味しい食事と最高に不味い食事の間には、
大体スムーズなグラデーションがあります。

でも、自分の中では、幸せになる食事には特有の感覚があって、
これがあるかないかは二択。
中間というのはありません。

美味しくて良かった、と言うのとは別レベルの感覚で、
食べ物と、周りの人の行動、周りの雰囲気が、
ピッタリ揃った時に起きる感じです。

それなりに希少価値があるんで、
今までの幸せになった食事は、ほとんど覚えてます。
味もある程度。

そんな、個人的にはありがたい体験なんですが、
それが最近、旅行した事もあって多いんです。
2週間で5回。


最初は、バンクーバーで行った寿司屋。
Danと言うお店です。(リンク

これは、美味しいお寿司ってこんなんだったなぁ、
と思い出させてくれました。


次は、シアトルのGolden Oliveというギリシャ料理屋。(リンク

1回目に行った時のサーモンパスタも美味しかったんですが、
先週、本を郵送した後のお昼に食べたムサカが絶品でした。

ナス、実はちょっと苦手なんです。
それがこんなに美味しく食べられるとは。


3つ目と4つ目は、1泊したポートランド。
24時間の間に2回あったのははじめてかも(笑)

まず、最初の夜に食べた、レバノン料理のHabibi。(リンク
Habibi

ここでは、隣のおばちゃんに、
どれがオススメ?、と聞かれたんです...来た事ないし(笑)

料理が美味しかったのに加えて、店員さんもフレンドリー。
一度来た人はみんな覚えてるような感じでした。


次の日の昼食は、Chef Naoko Bento Cafe。(リンク
そう、お弁当屋さんです。

日替わりのビジネス弁当を頼んだら、こんなのが出てきました。
Chef Naoko

どれも美味しかった...実は初めてゴーヤを食べました。(右上の揚げ物)


5つ目はバークリーに着いてから。昨日の昼食です。
前回も来て、前回も幸せな食事をした、Angeline's Louisiana Kitchen。(リンク
ケイジャンのお店です。

ここは本当に、アメリカで一番好きなレストランかも。

今回は、鶏肉のペンネで、鶏肉にちょっと不満はあったんです。
でも、ディクシーランド、ブルース、ザイデコが流れるBGMは満点、
サービスも満点、内装も満点なので、ちょっと味が落ちても幸せです。
スイートティーも、自分的には郷愁を感じるアイテムなので(笑)

この店に行くと、シドニー・ベシェが聞きたくなります。
で、店を出たら即、iPodで聞きます。
そして、ニューオーリンズ、未だに行ってないのはなんなんだろう、と再度思いました。
心の故郷の1つと言っていいくらいなのに。

いや、ニューオーリンズの部分部分を切り取って崇拝してるだけなので、
多分、実際に住みたいとは思わないはずですが(苦笑)

テーマ : 美味しいもの
ジャンル : グルメ

用事

引っ越し終わった、とはまだ言えませんね...
荷物は本以外は全部届いてるんですけど、
もう使った日用品と、服半分くらいしか整理できてません。

銀行(というか信組)を変えるのも、
シアトルで口座を閉じただけで、まだ新しいのを開いてない。

学校の建物の鍵、オフィスの鍵をもらうのもまだ。

研究はまだ再開してませんが、
それでもここ1週間くらいは十分忙しくなりそうです。


ブログタイトル、まだ募集中です。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

ブログタイトル

ここのブログのサブタイトルを見ると、
「シアトルから」ってもう間違ってるんですよね。

それは直すつもりなんですが、
ついでに「アウトサイダーのスポーツ日記」っていうタイトルもいじっちゃおうかと思ってます。


ちなみに、僕のブログタイトルの歴史は、

アウトサイダー
   ↓
アウトサイダーのスポーツ新聞(タイトルだけで中身がちょっとわかるように)
   ↓
アウトサイダーのスポーツ日記(報道より、感想述べてるのがメインだと気付いて)

となってます。

全体に対して、スポーツの比率が以前より減ってるのが、
変えたい理由その1です。
スポーツ日記と言うほど、スポーツの話ばっかじゃないし、と。

スポーツ日記と聞いてまず思い浮かべるのは、
本人がスポーツしている日記だと思いますし(笑)


さらに、アウトサイダー、という部分も、
スポーツをカバーしているからこそでした。
主に、スポーツ記者とかではないけれど、という意味で使っていたので。


なので、タイトルをガラッと変えちゃおうかな、と。
読者の皆さんから良いアイディアがあれば、
採用させてもらいたいと思います。

実は、彼女との会話でいくつか案はあるんですが、
それを明かしてしまって、同じような案ばかり出てきても困るので、
「場所」をイメージできる名前がいいな、と思っている事だけ書いておきます。

どうぞよろしくお願いします。
匿名でも歓迎です。

テーマ : ブログ
ジャンル : ブログ

入居

今日、無事入居しました。
まだ荷物は全部揃ってませんが。

道中のポートランドで1泊した話、寝台列車での話、ダラダラと書こうかと思います。
最近、ネタはあるけどブログに書く暇がなかったんで。

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

引っ越しまで秒読み

来週の火曜に引っ越しです。

1人でほぼ全部やってるんで、
今までの引っ越しと比較にならない忙しさです。

いや、週末にバンクーバー行ったり、(後でブログ書きます)
日本語/英語勉強グループに顔出してみたり、
プールに行ったり、出発パーティーを計画したり、
引っ越し準備にならない事を毎日のようにしてるのが、
忙しい本当の理由ですが...


まずは本をまとめて、郵便局のMedia Mailで送らないと。(本、CD、DVDなどが割安に送れる)
これは郵便局まで持って行かないといけないんで、
車が確実に使える明日、出来るだけ済ませておきたいところ。

他は多分、UPSにうちまで取りに来てもらいます。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

プロフィール

アシュリー

Author:アシュリー
カリフォルニア州バークリー在住、元スポーツジャンキーのアシュリーです。

今観るスポーツは、アーセナル(サッカー)とグリズリーズ(バスケ)、あとテニス。

専門の物理ネタ以外にも、色々書いていくつもりです。

Twitterをハンドル名Inoueianでやっています。

ブログ内検索
カレンダー
07 | 2009/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
RSSリンク
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。