スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶり

昨日から、久しぶりにやる事が多いです。

おセンチな気分で、シアトルの思い出の場所に久しぶりに行く、
とかいうのならわかるんですが、
久しぶりすぎて、シアトルではやってないような事ばっかり(笑)


最初の久しぶりは、プールで水泳。
日本語を教えてる相手の人が、
運動不足だからプールに行く、という事で一緒に行こうと誘われたんですね。

プールや海に入るのはアメリカに来てから何回かありますけど、
まともに泳いだのは、日本の中学以来(笑)

思ったより泳げました。
でも、胸とか肩とか、結構筋肉痛きてます。


次の久しぶりは、車の運転。
といっても、5mくらいですが(笑)

今朝は、引越し用の段ボール箱を集めに、
大家さんのトラックに乗せてもらってました。
で、帰ってきて家の前に駐車する時、
大家さんが仕事で使ってる車を動かした方が停めやすい、
という事になって、ちょっとだけ動かしたんです。

車の運転は、3、4年ぶり。
ほとんど高速でしか乗ってません。
アメリカの田舎の高速はだだっ広いんで楽です。

今回はと言うと、かなりの傾斜の上り坂。
さらに、乗ってるのがフォード・クラウンビクトリア、パトカーやタクシーの車です。
運転席の横にラジオ機器が置いてあったり(笑)
普通の車と仕様が全然違って、どこに何があるのか不明。

ハンドルが曲がったまま発進してしまって、結構危なかったです。


今のところ最後の久しぶりは、チェス。
高校生の頃は、オンラインでも、メンフィスのチェスクラブでもかなりやりこんでました。
大学に入ってからは、たまーにやるくらいで、
院に入ってからは1回だけ。

今日の昼頃、
暑いので冷たいものが飲みたくなって、
昼ご飯を食べてから、学校に行く前にカフェに寄ったんです。
(あ、そうそう。最近記録的に暑いんです。今日は39℃)

そしたら、隣のテーブルで、チェスを始めた集団が。
プレーしてるのが2人、見てるのが2人。

気になるから見てたら、
1ゲーム終わった時に、プレーしてた人が、チェスするの?と聞いてきて、
そこからはなりゆきで、聞いてきた人と自分で対局する事に。
きわどい勝ち方をしたら、あ、仕事に行かないと、と逃げられました(笑)

で、元から見ていたおじさんと1局。
またきわどい勝ち方をしたんで、先手後手交代してもう1局。
これもギリギリ勝って、おじさんにも逃げられました。

ここで気付いてみると、時間は3時半。
昼ご飯食べてないし、学校にも着いてない(笑)
何やってんだか...
スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

完全試合

更新が滞ってる間に、メジャーリーグで完全試合がありました。
メジャーリーグの100年以上の歴史で18回目なんで、
皆既日食より珍しいです(笑)

木曜日のタンパベイ・レイズ対シカゴ・ホワイトソックスの試合、
ホワイトソックスのマーク・バーリーが、27人続けてアウトに討ち取りました。


バーリーは、2年前にもノーヒットノーランはやってるんです。
その時の記事で書いたように、球威は無い選手。
速いテンポで投げて、打たせて取るタイプのピッチャーです。

MLB公式ページで、27アウト全部が見られます
5分がもったいないって人は、
9回ノーアウト、ホームランボールを守備交代で入ったワイズが取ったプレーだけ見てみてください。

これはすごいです。

テーマ : MLB
ジャンル : スポーツ

日食

今回の日食は、
時間的にまずシアトルでは日が沈んだ後だったんですが、
もし地球が透明でも(日が沈まなくても)、見られませんでした。
基本的に、シアトルの位置では太陽が月の影に隠れる事はなかったので。


それにしても、地球での日食ってちょうどいい具合ですよね。
太陽と月の見た目の大きさがほぼ一緒なので、
ピッタリ揃った時にやっと皆既日食になる、と。

月と地球の距離は年々数cm離れていっているそうで、(リンク、英語)
地球で皆既日食が見られなくなる日がいつか来ます。
それまでには最低でも5億年はかかるようですが(笑)

逆に、月が出来た時には、
地球と月の間の距離は今よりずっと近くて、
皆既日食も日常茶飯事だったと思われます。

毎月、新月のたびに日食が起こるんじゃ、
ありがたみが無いですよね(笑)


生命誕生の条件が無いわけでもないと言われてる天体の中だと、
火星は、衛星が小さすぎて皆既日食が起こらない場所。
木星の衛星エウロパや、土星の衛星タイタンだと、
太陽が惑星の影に隠れてしまうことはよくあるはずです。


たまたま太陽と月が同じくらいの大きさに見えるために、
色々な神話や伝説で、この2つが対として扱われようになったのも面白いですね。

月の見た目の大きさが違ったら/月が無かったら/月がいくつもあったら、
どんな神話が生まれたのか。
他の星から生物が来てくれないと答えられない疑問です(笑)

テーマ : 宇宙・科学・技術
ジャンル : 学問・文化・芸術

One giant leap for mankind

アポロ11号の月面着陸から40年。

アポロ計画の何がすごいって、
40年前のコンピュータで全部やってた事ですね。
当時最先端のものを使ってたのはもちろんなんですが。

技術面で、すごいと思わせられる一方、
月面着陸なんて事を無理矢理でもやっちゃった背景には冷戦があるわけで、
それもまた考えさせられます。


人間が月に戻るのは、いつの事になるやら。

人工衛星などは、今では地上の生活に役立ってますし、
各種の宇宙望遠鏡も、科学の新発見に繋がっています。

宇宙での有人飛行はというと、
実用的にも科学的にも、コストに値するほどのメリットが見当たりません。
月に着陸するのは、パフォーマンスとしては良いですが、
それだけならもうやられてるわけで、他になにかないといけません。

次に人間が月に向かうのは、
地球外の何かを活用する、突拍子もないアイディアが現れるか、
それとも地球上が救いようのない状況になるか、でしょうね。

テーマ : 宇宙・科学・技術
ジャンル : 学問・文化・芸術

引越しの予定

11日に出発してポートランド泊、12日にバークリーへ、って事になりそうです。

バスにするのか電車にするのか、
それとも車/トラックを借りるのか、全くもって未定です(汗)


さらに、引っ越す前にバンクーバーに2泊したいな、と思ってます。
改装中のアムステルダム国立美術館から、レンブラントとかフェルメールが来てるみたいなので。

テーマ : 旅行
ジャンル : 旅行

語源

日本のとあるサッカーサイトに出入りしているんですが、
(そこ繋がりの読者の人も何人かいますが)
Jリーグに関しては、いまだにほとんど分かってない状態。

どういう名前のどんな選手がいるのか、という以前に、
どのチームがJ1とJ2にいるのか、というのも最近やっとはっきりしてきました。

で、Jリーグというと、いつも思うんです。
なんで無理して外国語っぽいチーム名をつけなきゃいけないんだろう、と(笑)
FC東京みたいに例外はありますけどね。


先日気になったのが、J2のヴァンフォーレ甲府。
ヴァンフォーレっていかにも造語だよなぁ、なんの事やら、と思って調べてみました。

フランス語のvent(ヴァン)は風、foret(フォーレ)は林で、
信玄の風林火山にかけた名前だと。
良い名前だと思うかどうかは別として(笑)納得しました。


で、続きがあります。

foretは、英語のforestと明らかに同じ語源を持ってる言葉です。
調べてみると、やっぱりラテン語のforis、屋外という言葉から派生したとか。

ventの方には、英語に同じ綴りの言葉があります。(発音はヴェントですが)
動詞のventは、空気を通す事。
転じて、感情を外に出す、という意味にも使えます。
名詞のventは、空気が通るような穴の事。

もっとハッキリと、換気の事について言いたければ、
ventilate、ventilation、ventilatorというのもありますね。

なんにしろ、風、空気と関係のある言葉です。
ラテン語のventus(風)から、フランス語経由で入ったのでしょう。


英単語の半分くらいは、ラテン語由来(主にフランス語経由)、
もう半分は、古代ゲルマン語由来。

英語には、元々ゲルマン語系の土台があるところに、
フランス人がやってきて、新しい単語をどんどん加えていった歴史があるので、
(ノルマン王朝で調べてください)
こういうややこしい事になってます。

日本語で例えると、
ゲルマン系の言葉はやまとことば、ラテン系の言葉は漢語ですね。
日本語の学術用語のほとんどが漢語(の造語)なように、
英語の学術用語には、ラテン語由来のものが多いです。

ややこしいとは言っても、
1つの語源から、いくつもの言葉が出てくる例が一杯あるので、
英語を真剣に勉強するのなら、語源の勉強は役に立つと思います。


ところで、やまとことばと漢語には、いま知られている限り、共通の過去はありません。
(日本語と中国語は同系統の言語ではありません)
だから、同じ意味のやまとことばと漢語が似ている、という事はほぼ無いと言っていいです。

一方、ラテン語とゲルマン語系は、
元をたどれば同じ言語に行き着く事が分かっています。
(インド=ヨーロッパ語族)

そして、直接はゲルマン語由来だけど、ラテン語由来の言葉とも似ている、
と言う英単語は少なくありません。


例えば、風。
英語ではもちろんwind。
ドイツ語でも同じ綴り、Windが風を意味する事で分かるように、ゲルマン語系統の単語です。

でも、ventとwind、似てると思いませんか?

vとwはどちらも口の先っぽの方で出す音。
eとiもそう。
nは一緒で、tとdは声を出すか出さないかの違いです。


実は、ドイツ語でのWindの発音はヴィント。
ヴェントとは、子音は全く一緒で、間に入る母音がeかiかの違いだけです。

ドイツ語のヴの音が、英語だとウの音になってしまい、
ドイツ語のtの音が、英語のdの音になってしまうのは、良くあるパターン。

英語がゲルマン語系の兄弟たちから別れた時からあったwindという単語は、
そういったパターンに沿って発音が訛っていってしまったのに対して、
後の方になってから入ってきたventという単語は、
元の発音がまだ残っている、という事です。


というわけで、オチもなんもない話ですが、
言語学好きなんです、というカミングアウトという事で。

テーマ : 英語
ジャンル : 学問・文化・芸術

スティーブ・マクネア



忙しい間のニュースに、
スティーブ・マクネアの訃報がありました。

最初に見たスーパーボウル、
地元なので応援していたテネシー・タイタンズを率いていたのがマクネアでした。

あと1ヤード足りなかった最後のドライブは、
いままで見たスーパーボウルの中でも一番記憶に残っているドライブです。
(上のビデオの1:30から。
本当は他にもすごいプレーがあるんですが、YouTubeでは見つかりませんでした)

オイラーズ時代のウォーレン・ムーンと並んで、チームの歴史に残るQB。
9番は、タイタンズの永久欠番になるはずです。


妻子持ちだったのですが、20歳の女性と交際していて、
その関係がこじれて、愛人がマクネアを銃で撃ち、そして自殺したという、
とても後味の悪い事件でした。

タイタンズでもレイブンズでも組んでいた、
レシーバーのデリック・メイソンが今日引退を表明したのも、
マクネアの死と関係があるように思えてなりません。

テーマ : NFL
ジャンル : スポーツ

引越しまで1ヶ月

ここ2週間、サマースクールに出ていて、
朝は早い上に、帰ったらくたくたで、
ほとんど更新できませんでした。

これからはもう少し楽なスケジュール...と言いたいですけど、
サマースクールに出ている間に研究が止まってたのと、
引越しまで1ヶ月を切ったのとで、
忙しいのは変わらなさそうです。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

ウィンブルドン決勝(ネタバレ)

続きを読む

テーマ : テニス
ジャンル : スポーツ

ウィンブルドン決勝

フェデラー対ロディック、
2004年と2005年のリマッチですね。


フェデラーがメジャーの決勝で倒した相手を見ると、
ロディックが3回、ナダルが2回、他はみんな1回ずつ。
年齢が近いのも考えるとやっぱり、
ロディックほどフェデラーがいる事で損をした選手はいませんね。

ウィンブルドン決勝2回、06年の全米決勝の他にも、
03年のウィンブルドン、07年、09年の全豪の準決勝、
07年の全米の準々決勝でも、ロディックはフェデラーに負けてます。

フェデラーがいなければ、
このうち最低でも3つか4つは、
ロディックが優勝しててもおかしくなかったと思います。

そして、21世紀ここまでだと、
ナダルの次に良い選手、って評価になってたはず。


まぁ、たらればの話ですし、
今のロディックは、フェデラーがいたからこそある部分も大きいです。
フェデラーの方が、さらに進化の速度が速かったと言うだけで(笑)

2008年からの直接対決は、フェデラーの3勝1敗ですが、
そのうち3試合では、フルセットになる良い勝負です。
明日も、良い試合に期待です。

テーマ : テニス
ジャンル : スポーツ

元ナンバー1だらけ

ウィンブルドンは、先週のトーナメント前半は特に面白そうなマッチが無かったですし、
今週は忙しくて、まだ全然見てません。

男子の準々決勝は、
ヒューイット×ロディック(6)
マレー(3)×フェレロ
ハース(24)×ジョコビッチ(4)
カルロビッチ(22)×フェデラー(2)

予想は、ベタなところ(ロディック、マレー、ジョコビッチ、フェデラー)だけアタリ。
他は全部外れました。
でも、ハースとカルロビッチが要注意とは書いてありました。


ノーシードのヒューイットとフェレロが勝ち上がってきましたが、
2人とも元ナンバー1。
ロディックとフェデラーももちろん元ナンバー1。

サフィンが初戦負けしてしまった以外、
元ナンバー1がみんな残ってます(笑)
かなり珍しいですね。

ロディック対ヒューイットなんて、
6年位前に戻ったような気分です。


さらに、ハースは元ナンバー2、
マレーは現ナンバー3、ジョコビッチは元ナンバー3なので、
みんな自己最高ランクで勝負してるのか、と思うような状態です。

一応、サフィンがいたのはマレーのセクションなので、
サフィンが勝ち上がって来た方がランクが上でしたけど。


そんな中、トップ10にも入った事の無いカルロビッチがいるのが(笑)
このセクションは、多分ナンバー6まで行ったツォンガが一番上でした。

テーマ : テニス
ジャンル : スポーツ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

プロフィール

アシュリー

Author:アシュリー
カリフォルニア州バークリー在住、元スポーツジャンキーのアシュリーです。

今観るスポーツは、アーセナル(サッカー)とグリズリーズ(バスケ)、あとテニス。

専門の物理ネタ以外にも、色々書いていくつもりです。

Twitterをハンドル名Inoueianでやっています。

ブログ内検索
カレンダー
06 | 2009/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
RSSリンク
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。