スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

転売

このPodcast(英語)の受け売りでエピソードを1つ。

1996年9月の事。
ノースカロライナ州を、フランという名のハリケーンが襲いました。

州都ラリーでは大規模な停電が起こり、
暑い中、氷が不足してしまいました。

発電機を持っている人なら、氷を作る事が出来ましたが、
それだけでは、全員にはとても回りきらない状況。


これを聞いて動いたのが、
100kmほど離れたゴールズボロの若者4人。

トラックを借り、ラリーに氷を大量に運んで、
1袋12ドルという高い値段で売り捌こうとしたんです。

ハリケーンに倒された木で、
ゴールズボロとラリーを繋ぐ道は塞がれていました。
この4人は、これも承知の上で、チェーンソーで道を切り開いて行きました。


ラリーに着いてから、4人はトラックを道に止めて氷を売り始めました。
氷が売られていると聞いて、近所の人はみんな集まって列を作りました。

ただ、1袋12ドルと聞いて、
ビールを冷やしたかっただけ、と言うような人達は、
それなら要らない、と立ち去っていきました。

12ドルでも買っていったのは、
糖尿病で、インシュリンを冷やさないといけなかった人や、
氷がないと、食べられるものが無くなってしまうような人達でした。

値段を上げる事で、
本当に氷が必要な人に優先的に氷が渡ったんです。


彼らがやった事は、良い事でしょうか、悪い事でしょうか?(または、どっちでもない?)
そして、その理由は?
スポンサーサイト

テーマ : 経済学
ジャンル : 学問・文化・芸術

帰りました

8月からの住居も(多分)決まって、
学校も見学してきて、やる事は出来た感じです。
観光もちょっと出来たし、充実した旅でした。

来週、写真付きで旅行中の話を書きます。

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

旅先から写真ブログでも書こうかと思った

が、デジカメを繋ぐケーブルがない。取り込めない。

帰ってから載せます。(スイマセン)


まだ1日ちょっとしかいませんが、ええとこです。
明日はサンフランシスコに足伸ばしてきます。

追記:よりによってこんなのが記事番号777(笑)

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

NBA Draft Lottery

ドラフト順が決まりました。
例年通り、プレーオフを逃した14チームから、
抽選でドラフト最初の3チームが決まって、
その後は成績の悪かった順、です。
(抽選も、成績の悪い方が当たりやすい)

1.クリッパーズ
2.グリズリーズ
3.元ソニックス
4.キングズ
5.ウィザーズ
6.ティンバーウルブズ
7.ウォリアーズ
8.ニックス
9.ラプターズ
10.バックス
11.ネッツ
12.ボブキャッツ
13.ペイサーズ
14.サンズ

グリズリーズ、
バンクーバー時代から数えると、14シーズンのうち11回もくじ引いていて、
そのうち4回は最弱チームだったんですが、
1位指名をもらった事はありません。

2位指名では、
98年のビビーはそこそこ、
99年のフランシスには逃げられて、
00年のスウィフトは、ハズレと言えばハズレだけど、
他に良い選手がいたかというと、ほとんどいなかった酷い年(笑)

03年には、1位ならキープ、2位以下だとピストンズに送る、
という昔のトレードの条件があって、
見事に2位指名を当ててくれました。

1位指名ならレブロンが来てたはず...
この酷いトレードさえしていなければ、
2位指名でもカーメロ、ウェイド、ボッシュから選べました。

実際には、ピストンズが2位でダルコ・ミリチッチを指名。
紆余曲折のあと、グリズリーズに来てます(笑)


今年は、1位指名でクリッパーズがオクラホマ大のPFブレイク・グリフィンを取るのはほぼ確実。

グリズリーズが誰を取るかで、
ドラフトのその後にかなり影響が出そうです。

今のところは、
スペインリーグ、ホベントゥートのPGリッキー・ルビオ
コネチカット大のCハシーム・サビート
アリゾナ大のPFジョーダン・ヒル
の3人が有力候補のようです。

ヒルが一番チームのニーズにフィットしますが、
ルビオとサビートの方が、全体的な評価は高いと思います。
この2人の場合の問題は、すでにいるPG(コンリー)と、C(ガソル弟、ダルコ)をどうするか。


個人的には、ルーディー・ゲイをトレードしたいですが、
今年のドラフトはフォワードの層がどうも薄いんですよね...

グリフィン、ヒルの後は、10位くらいまでいなさそうです。

テーマ : NBA
ジャンル : スポーツ

転校

抽象的な話のアイディアはあっても、記事になりそうな気配がないんで、
自分の近況について。

2月にさりげなく書いた話ですが、
8月に転校する事になりました。
行き先はカリフォルニア、ベイエリアです。

土曜から、少し見学&住居を探しに行ってきます。

研究は同じ教授と続けるんで、
日々やる事は多分そんなに変わりません。
会う人、話す人、吸収するものは変わりますが。


教授が移るのに付いていくって事で、
どうも、入学審査は普通よりずっと緩かったようで(笑)
裏口から入ったような気分です。

3年前には、願書を出さなかった学校なんで、
表口から入れたかどうかは永遠の謎です。


人生、色々と後になって後悔する事はありますが、
大学院でワシントンに来たのは、
今になってこそ分かる事を考慮に入れても、正しい判断だったように思います。

受けた院の選択も、悪くなかったな、と今でも思ってます。


ちょっと後悔してるのは、17、18歳の時の、受ける大学の選択ですね。
無意味な条件で絞りすぎてたな、と。
例えば西海岸の学校は1つも受けませんでした。

最終結果は悪くなかったですが、リスキーでしたし、
もっと良い結果が出ていたかもしれない、とも思います。

今になって分かる、という事なら、後悔してもしょうがないですが、
この場合は、そうでもないと思うんです。
少し調べたり、人に聞けば分かったはずの事を、見逃していたんで。


大事な判断は、最終的には自分が下すものですが、
集められる情報はちゃんと集めて、
参考になりそうな人の意見も聞かないといけませんね。
当然ですが。

テーマ : 研究者の生活
ジャンル : 学問・文化・芸術

2009年の2010年前は?

2009-2010=-1 だから、紀元前1年
と言いたいところですが、これは間違い

なぜかというと、西暦に0年は無いから。


2009年の2008年前は、西暦1年です。ここまでは普通の引き算で問題なし。

2009年の2009年前は、西暦1年の1年前。
これは、西暦0年じゃなくて、紀元前1年なんです。

なので、
2009年の2010年前は、紀元前2年


なんで0年が無いかというと、
年は測るものではなくて、
数えるものとして捉えられていたからのようです。

日本の年号でも、平成元年は平成1年の事です。
最初の年は、1年目だから1年だ、という考え方ですね。
年が1月で始まって、月が1日で始まるのも、
月や日は、測るものではなく、数えるものとして考えられているからです。
(追記:この流れで、どうやったら「数え年」の事を書き忘れられるのか謎です...)


一方、1日より細かい時間は、測るものとして捉えられています。
1日が始まるのは0時で、1時間の始まりは0分、1分の始まりは0秒です。
ゼロという基準点があって、そこから時間を測る、という考え方ですね。


最初は、
西暦を定めた人の頭の中に、
ゼロという概念が無かったからかな?と思ってみたんですが、
調べてみるとどうやらそうでもないようで。

キリスト生誕を紀元にして、
A.D.という用語を初めて使ったデュオニシウス・エクシグウスという人は、
西暦1年の前に、Nulla(ラテン語で「無」)と書いていたようで、
ゼロの概念はちゃんとあったようなんですね。

でも、B.C.を最初に使った人が、
西暦1年の前は紀元前1年だ、という事にしてしまったようです(笑)

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

意外な統計

問題です。

1945年、終戦時に、人口が一番多かった都道府県は?

昨日、Wikipediaで都道府県別の人口を調べている時に見つけたトリビアです。
ヒントになるかどうか分かりませんが、352万人いました。

発見した時は意外でしたけど、考えれば分りそうな問題です。


答えはここには書きません。
リンク先でどうぞ→都道府県の人口一覧

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

ウンベルト・エーコの蔵書

今、ナシム・ニコラス・タレブの"Black Swan"って言う本を読んでるんですが、
最初の方にウンベルト・エーコの蔵書の話が出てきます。

エーコは、「薔薇の名前」や「フーコーの振り子」で知られるイタリアの小説家ですが、
本業は哲学者なんですね。
そして、3万冊も本を持っていると言うんです。
(彼の小説を読んだ事があれば驚かないと思いますが、笑)


エーコが3万冊も本を持っている、と聞いて、
「エーコ教授、あなたはそのうち何冊読んだんですか?」
と反応してしまうようでは、蔵書というのが何のためにあるのか分かってない、
と言うのがタレブの主張。

大事なのは、3万冊のうち何冊読んだか、じゃなくて、
3万冊のうち何冊読んでないか。
資料として必要になった時に使える情報がどれだけあるかだ、と言うんです。

確かに3万冊もあれば、
エーコが蔵書の大部分を読んでる可能性はないと言っていいです。
(1日10冊読んでも、3万冊読むには10年近くかかります)
3万冊も持ってる理由は、全部読むためではなくて、
読んでない本を、すぐに手に取れるようになんです。

タレブがこの話で何を言いたかったかというと、
知っている事だけに執着するな、という事です。
僕は本をこれだけ沢山読んだんだからエライ、と思うのを抑えて、
自分の知識の限界、そしてその向こうに知らない事があるのを認識しなさい、と。


蔵書の話に戻ると、物理の研究でも、
アイディアを思いついて、調べ物をしないと、という時に、
すぐに資料に当たれるのと、当たれないのとでは大きな違いです。
アイディアは、思いついた直後が一番発展しやすいので。

出来れば自分のオフィスに本当に役に立つ本は置いておきたいわけですが、
スペースが限られてるので、さらに物理専門の図書館が欲しい。
それも出来れば、オフィスと同じ建物か、すぐ近くに。


うちの大学は、不況の影響で予算が削られて、
大学図書館の予算も大幅に減らされてしまいました。
そこで、物理の建物内にある専門図書館を中央図書館に統合して、
人件費を減らそう、という話が図書館側からいきなり出てきたんですね。

研究というものがどうやって進むのか、
理解していないために出てきた案だと思います。

建物の中に専門図書館を残すためには、
年に数100ドル払っても良い、と思っている研究者もいます。
なので結局のところは、物理学の予算を割いて、
なんとか図書館を残す形で決着するんじゃないかな、と思ってます。


The Black Swan: The Impact of the Highly ImprobableThe Black Swan: The Impact of the Highly Improbable
(2008/02/28)
Nassim Nicholas Taleb

商品詳細を見る


ブラック・スワン[上]―不確実性とリスクの本質ブラック・スワン[上]―不確実性とリスクの本質
(2009/06/19)
ナシーム・ニコラス・タレブ

商品詳細を見る


ブラック・スワン[下]―不確実性とリスクの本質ブラック・スワン[下]―不確実性とリスクの本質
(2009/06/19)
ナシーム・ニコラス・タレブ

商品詳細を見る

テーマ : 研究者の生活
ジャンル : 学問・文化・芸術

スポーツのビジネスモデル~その2

アメリカ型とヨーロッパ型のスポーツビジネスの違いについて前回は書きました。
アメリカ型のスポーツを一言でまとめてしまうと、
トップリーグのチームが固定されていて、市場を独占しています。

この独占のために、選手の給料に影響があるのはもう書きましたが、
チームのある都市にも影響があります。


トップリーグのチームを経営したい人が、
すでにトップにいるチームを買収しないといけないのと同じで、
町にトップリーグのチームを作るには、
チームを他の町から奪い取らないといけません。
(ヨーロッパ型なら、地元のチームを強く育てればいいだけです)

そして、リーグ全体のチーム数より、
チームが欲しい町の方が多い場合、
チームを巡って、町同士の競争になります。

チームが長期的に一番儲かるのはどこか、という事だけでなく、
どれだけ良い条件で町にいさせてもらえるか、
と言うのもチームが町を選ぶ時の判断材料になります。


その条件の中でも切り札になるのが、スタジアム建設。

億ドル単位かかる投資なので、
チームとしては、出来れば全額を払わずに済む方法を選びたい。
そこで、スタジアム建設に税金を使ってくれるよう、
移転先候補の町に対してアピールするんです。

チームを固定する事で競争相手を排除しているのを、
政府に見逃してもらって儲けてるのに、
さらに税金で援助してもらおう、って言うんですからね。
盗っ人猛々しいというか(苦笑)

酷い例になると、移転の脅しをかける事で、
今いる町にスタジアムを建てさせようとするようなチームもあります。
これは去年散々書いたんで、今さら付け加える事もあまりありませんが。

移転の恐れがないチームでも、
スタジアム建設に税金が使われるのが標準になりつつあります。
今シーズンオープンした新ヤンキー・スタジアムには、
4億5000万ドルの税金が使われたとか。


ヨーロッパ型の場合、
チームを移転する必要がまずほとんど無いですから、
(トップリーグにいるのは儲かるチーム、下部リーグにいるのはあまり儲からないチームなので)
地域密着がチーム経営の原則の1つになります。

町同士でチームを奪い合う事もないので、
スタジアム建設費用に使われる税金も、
アメリカ型と比較するとかなり少なくなります。
(ハッキリとは調べてませんが、普通は税金は全く使わないはずです)


選手育成については、まだまとまってないんで次回...

テーマ : スポーツ全般
ジャンル : スポーツ

規格外

これはないでしょ、ってネタが3つあるんでまとめて行きます。

昨日はハイキング/登山に行ってきました。
シアトルから20kmくらいで、標高600mくらい。
先月彼女が行った高尾山みたいなもんです。

麓にはすぐ町がありますし、
昔は林業が盛んで、林も新しいんですが、
これはちょっと無いでしょ、って写真が撮れました。

Squak Mountain

ちょっとブレてますね。
銀色なのは、車のバンパー。

横から見てみると、
Squak Mountain


って言っても分かりにくいですが、
どうやらひっくり返ったステーションワゴンのようでした。

いつからこれがここにあるのか、謎です。


2つ目は、
タンパベイ・レイズのカール・クロフォードの1試合6盗塁。

MLB.comの動画

レッドソックスは何をしてたのかな、と(笑)
これが記録「タイ」なのはちょっと驚きですね。
1900年から5回目だとか。


3つ目はサッカー、ギリシャカップ決勝。
AEKアテネとオリンピアコスが、PK戦で17回ずつ蹴って、
15-14でオリンピアコスが勝ったんですが、
そこに至るまでがまた凄かったようです。


開始8分で、AEKが2-0のリードを取ってたんです。
後半に入ってから、オリンピアコスが2点返して同点。

後半45分にAEKが勝ち越し点を取ると、
ロスタイム6分目(笑)にオリンピアコスも1点返して、3-3で延長に


延長前半12分に、オリンピアコスは最初のリードを取りますが、
点を取った選手がジャージを脱いで2枚目のイエローカードで退場(笑)
(後半45分のAEKの勝ち越しゴールの時も、
すでに交代した選手が2枚目のイエローでベンチを去ってました)

さらに普通のファールでもう1人退場になって、11人対9人に。
数的有利を生かしてAEKが4-4で同点にして、PK戦になった、と。

ちょっと凄すぎてコメントしようがないです(笑)

テーマ : スポーツ全般
ジャンル : スポーツ

スポーツのビジネスモデル

NFLドラフトの話をしたところで、1月前、書きたい話にあげた、
アメリカ型のスポーツビジネスと、ヨーロッパ型のスポーツビジネスの比較の話をしてみようと思います。
ドラフトの存在は、アメリカ型スポーツの1つの特徴ですからね。


アメリカでのプロスポーツリーグの特徴を挙げると、
昇格・降格は無し
フランチャイズ制
ドラフト

反対に、ヨーロッパ型と言っていいと思う形のスポーツリーグでは、
昇格・降格あり
「地域密着」
プロチームが若手も育成


日本で言うと、プロ野球はアメリカ型、Jリーグはヨーロッパ型です。(大雑把に言って)
世界的にも、サッカーはほとんどの場所でヨーロッパ型ですが、
アメリカのメジャーリーグサッカー(MLS)は、アメリカ型のビジネスモデルで運営されています。

MLSにはドラフトがありますし、
去年2部にいたシアトル・サウンダーズが今MLSにいるのは、昇格したわけではありません。
なんと、去年の2部のチームと、今年のMLSのチームは、同じ名前の別組織なんです(笑)


経済一般の話だと、
アメリカは資本主義で競争重視、
ヨーロッパは社会主義で協調重視、って事になってますが、
スポーツに関して言えば、正反対。
アメリカのプロスポーツリーグはどれも、
市場の独占を禁止する法律スレスレの場所を歩いています。


例えば、強いチームを経営したい、という人が、
アメリカとヨーロッパで出来る事の範囲は全く違います。

アメリカの場合、
すでにトップリーグにいるチームを買い取る事しか手はありません。

トップリーグのチームのオーナーが、
誰もチームを売りたくなかった場合には無理ですし、
売りたいオーナーがいても、大金が無ければ買い取れません。

経済学用語で言うと、「参入障壁」が高い。
つまり、新勢力になるのが難しいんです。


ヨーロッパの場合、
トップリーグにいるチームを買い取るのはオプションの1つですが、
下部リーグのチームを買い取って、強くして、昇格していくのもありです。

チームがチケットや賞金で儲けたお金は、
そのままチームに還元する事が出来るので、
安いチームを買って、儲けながら昇格していくのは、
最初の投資さえ出来れば、誰にでも出来る可能性があります。

要するに、元々の財産は少ないけど、チーム経営は上手くできる、という人は、
アメリカではチームを持てませんが、ヨーロッパではチームを持てます。
ヨーロッパの方が、チーム経営に関しては、競争が激しいんです。


限られた数のオーナーが市場を独占している場合、
観客はもちろん、選手達も不利益を被る可能性があります。

チーム全体の給料はこの額を超えてはいけない、
というサラリーキャップをオーナー達が談合で決めてしまうと、
選手の給料は抑えられる事になります。

キャップのために、リーグ内でのチームの強さは拮抗して面白くなるかもしれませんが、
結局の所、キャップがあって得するのはオーナー達。
NBAやNFLにあるサラリーキャップが独占禁止法に引っかかっていないのは、
オーナー達と、選手会の間の交渉で定められているからです。

この団体交渉も、アメリカ型スポーツの特徴の1つと言って良さそうです。
メジャースポーツのどのリーグも、
団体交渉の決裂でシーズンが失われた事があります。


ヨーロッパ型の場合は、
トップリーグのオーナー達が給料を勝手に抑える事はほぼ不可能です。
なぜなら、上に書いたように、誰でも新オーナーになれるから。

新オーナーが他よりも高い給料を払うという事になれば、
選手はそこに移籍しようとします。
移籍を防ぐためには、元々のオーナー達も、
それ相応の給料を払わざるを得ません。

ビジネスとしてのチーム間の競争が激しいために、
ヨーロッパ型のスポーツでは団体交渉の必要がほとんどないんです。


この続きはまた来週。
チーム移転、スタジアム建設、若手育成などについて書きます。

テーマ : スポーツ全般
ジャンル : スポーツ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

プロフィール

アシュリー

Author:アシュリー
カリフォルニア州バークリー在住、元スポーツジャンキーのアシュリーです。

今観るスポーツは、アーセナル(サッカー)とグリズリーズ(バスケ)、あとテニス。

専門の物理ネタ以外にも、色々書いていくつもりです。

Twitterをハンドル名Inoueianでやっています。

ブログ内検索
カレンダー
04 | 2009/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
RSSリンク
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。