スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Final 4!

次の週末、タイトルをかけて争うのは、
コネチカット、ミシガン・ステート、ヴィラノヴァ、ノースカロライナの4校になりました。


こうなると、俄然ヴィラノヴァに勝って欲しいです。
カレッジバスケ観戦歴は10年ほどですが、
コネチカットは2回、ミシガン・ステートとノースカロライナは1回もう優勝したのを見てます。

ヴィラノヴァは、1985年に8番シードから優勝しただけ。
(このトーナメントは、メンフィスの2回目のFinal Fourなので頭に記録されてます)

他の3校が、学生が2万人以上いる州立校なのに対して、
ヴィラノヴァはフィラデルフィアにあるカトリック系の私立大学で、
生徒数は6千人ほどだとか。


Elite Eightで一番面白かったのもピッツバーグ対ヴィラノヴァの試合でした。
(↓コマーシャルの後、2分のハイライト)


Watch CBS Videos Online

フィニッシュは綺麗にデザインされたプレーでした。
って、その綺麗な部分をカットするなよ、CBS...
残り5秒でのタイムアウトから、カニングハムにくさびのパス。
そのカニングハムの横を通り抜けていくレイノルズに回した後は、
レイノルズの個人プレーで勝ち越し点を取りました。(この最後の部分だけ入ってます)

ピットのヤングは28点、ブレアはシュート9本中9本決めて20点の大活躍でしたが、
ロールプレイヤーの貢献が足りませんでした。
逆にヴィラノヴァは、7人がバランスよく点を取りました。

一番の勝因は、フリースローでしたね。
ヴィラノヴァは最初の21本を全部決めて、
結局23本中22本決めて終わりました。
スポンサーサイト

テーマ : バスケットボール
ジャンル : スポーツ

Elite 8

今日の試合は、カンザス対ミシガン・ステート以外は大差でしたね。
カンザスとメンフィス、去年の決勝戦の2チームは両方ともSweet 16で終わり。

1番シードはまだ4つとも残っていて、
他は2番シード2つ、3番シード2つ。
いくつか意外な結果はありましたけど、残ってるのは強豪だけです。

カンファレンスの傾向を見ると、
一番強いと言われていたBig Eastからルイヴィル、UConn、ピット、ヴィラノヴァの4校。
2番手のACCはノースカロライナだけ。
Big 12からは、オクラホマとミズーリが残っていて、Big Tenからはミシガン・ステート。

Pac-10、SECをはじめ、他のカンファレンスのチームは消えました。
6大カンファレンス以外で残っていた、
メンフィス、ゴンザガ、ゼーヴィアが全部負けてしまったのは残念。


明日と明後日でFinal Fourの組み合わせが決まります。

East(ボストン、土曜)
ピッツバーグ(1)対ヴィラノヴァ(3)

今大会初めての、同じカンファレンス同士(Big East)の試合。
1月のヴィラノヴァでの試合では、67-57でヴィラノヴァが勝ってます。
お互い、手の内を知り尽くしてるので、
どちらがより的確にゲームプランを実行できるか、じゃないでしょうか。

South(メンフィス、日曜)
ノースカロライナ(1)対オクラホマ(2)

昨シーズンのMVP(ハンズブロ)と今シーズンのMVP(グリフィン)のマッチアップ、
と言うのが一応ストーリーみたいですね。
でも、オクラホマが抑えたいのは、まずローソン。

Midwest(インディアナポリス、日曜)
ルイヴィル(1)対ミシガン・ステート(2)

ルイヴィルはアリゾナ相手に100点オーバーの圧勝。
ルイヴィルの勢いをミシガン・ステートが止められるかどうか。
特に、プレスをどう攻略するかに注目です。

West(グレンデール、土曜)
コネチカット(1)対ミズーリ(3)

ここまで一番危なげなく勝ち進んでるのがUConn。
この試合も、ミズーリのフルコートプレスを、
UConnがどう攻略するかが気になりますね。


最後に、一昨日の表のアップデート。




Elite 8 Final 4 Championship
W 1 コネチカット 62.8% 37.7% 23.3%
M 1 ルイヴィル 68.0% 34.3% 19.7%
S 1 ノースカロライナ 64.4% 37.8% 19.0%
E 1 ピッツバーグ 60.3% 30.5% 13.9%
W 3 ミズーリ 37.2% 17.6% 8.6%
E 3 ヴィラノヴァ 39.7% 16.0% 5.7%
S 2 オクラホマ 35.6% 15.7% 5.7%
M 2 ミシガン・ステート 32.0% 10.4% 4.1%

テーマ : バスケットボール
ジャンル : スポーツ

シーズン終了...

ミズーリ、お見事としか言えません。
まさか100点取られるとはね。

40分フルコートプレス続けるプレースタイルはやっぱり面白い。
ここからはミズー応援です(笑)

今日は負けましたが、
ローズ、ダグラス=ロバーツ、ドーシーが抜けたのに、
それでもトップ5に戻ってきた選手たち、
特にアンダーソンとドージャーに感謝です。

来年入る1年生は凄いらしいので、期待...


今日の他の試合の感想は、
UConnとヴィラノヴァはやっぱり強い。
そしてピットはやっぱり最後に勝ちます。


明日の試合は、

South
ノースカロライナ(1)対ゴンザガ(4)
UNCはローソン、エリントン、グリーン、トンプソン、ハンズブロ。
ゴンザガはパーゴ、ボウルディン、ダウンズ、デイ、ハイトフェルト。
スタメン10人ともNBA選手になっても驚きません。
このラウンドで一番楽しみな試合。

オクラホマ(2)対シラキュース(3)
NBAはまだ見るつもり無いですから、
オクラホマのブレイク・グリフィンは今のうちにちゃんと見ておきたいです。
グリフィンと、シラキュースのトレードマークのゾーンディフェンスの対決。

Midwest
ルイヴィル(1)対アリゾナ(12)
ルイヴィルのSFウィリアムス、PFクラーク、
アリゾナのSFバディンガー、PFヒルの4人は今年ドラフトされそう。
特にテレンス・ウィリアムスは観る価値あり。

ミシガン・ステート(2)対カンザス(3)
カンザスのCオルドリッチは、UConnのサビートと並ぶブロックマシーン。
去年の優勝メンバーで残ってるのは、PGコリンズとオルドリッチだけです。
ミシガン・ステート、地味ですね...PGルーカスはBig TenのMVPでした。

テーマ : バスケットボール
ジャンル : スポーツ

Sweet 16、1日目プレビュー

ここのレーティングを使って、
今後の試合に勝つ確率を計算してみました。
優勝の確率が高い方から順に




Sweet 16 Elite 8 Final 4 Championship
W 2 メンフィス 67.6% 40.8% 28.1% 18.9%
W 1 コネチカット 72.4% 37.2% 24.2% 15.3%
M 1 ルイヴィル 77.0% 47.0% 20.5% 11.3%
S 1 ノースカロライナ 55.0% 34.9% 20.8% 10.3%
E 1 ピッツバーグ 68.5% 40.2% 21.4% 9.8%
S 4 ゴンザガ 45.0% 26.4% 14.5% 6.5%
E 2 デューク 59.0% 30.0% 14.4% 5.9%
M 3 カンザス 55.0% 26.3% 9.3% 4.3%
S 3 シラキュース 52.0% 20.6% 9.7% 3.6%
W 3 ミズーリ 32.4% 13.9% 7.2% 3.6%
S 2 オクラホマ 48.0% 18.1% 8.2% 2.9%
M 2 ミシガン・ステート 45.0% 19.4% 6.0% 2.5%
E 3 ヴィラノヴァ 41.0% 17.3% 6.8% 2.2%
W 5 パーデュー 27.6% 8.1% 3.4% 1.4%
E 4 ゼーヴィア 31.5% 12.5% 4.3% 1.2%
M 12 アリゾナ 23.0% 7.4% 1.4% 0.4%


こんなんわざわざ作って、自分だけ見て終わりなのも空しいので(笑)

都合良く、メンフィスが一番確率が高いと出ましたけど、
それでも20%行きませんからね。
まだまだ道のりは長いです。


明日の試合は、

East
ピッツバーグ(1)対ゼーヴィア(4)
ピットは、SFのヤングが先週大当たりでした。
PGフィールズ、PFブレアも巻き込みたいところ。
ゼーヴィアはメンフィスがシーズン中負けた相手の1つなんで、頑張って欲しいです。
守備が堅く、バランスの取れた良いチームです。

デューク(2)対ヴィラノヴァ(3)
デュークは、ダンテ・ジョーンズ似のSGヘンダーソンと、SFシングラーが中心選手。
ヴィラノヴァは先週一番驚いたチームかも。
2回戦でUCLAを完璧に抑えました。
PFカニングハムに注目。

West
コネチカット(1)対パーデュー(5)
UConnはCサビート、PGプライスをはじめ、
プロ好みの選手が揃ってます。
パーデューは逆に泥臭いイメージ。

メンフィス(2)対ミズーリ(3)
メンフィスは、1年生PGエヴァンズがスターですが、
4年生2人、SGアンダーソン(特に守備)とPFドージャーの活躍が欲しいです。
ミズーリはプレーのペースが速いチームで、
4年生のフォワードコンビ、キャロルとライオンズは要注意。

ミズーリのマイク・アンダーソン監督は、
メンフィスがカンファレンスで最後に負けた相手(UAB)の監督でした。
危険信号です。


多分、Westの2試合をメインに見る事になりそう。

テーマ : バスケットボール
ジャンル : スポーツ

日本語のレッスン

1対1のレッスンを週1で始めました。
教える方です(念のため、笑)

相手はちょっと年上のイタリア人。
と言って想像する美女ではありません、と言うか男です。

基礎はすでに出来てるんで、(日本語能力試験3級)
こっちでカリキュラムを準備するとか言う事はなくて、
会話の中で、相手の分からない事、もっと知りたい事を追求する感じになりそう。


で、最初のレッスンで自分が躓いた質問。

「寿司の他にも色々食べました」のにもは、1つの単語?それとも2つ?


英語だと前置詞と冠詞、日本語だと助詞、
ネイティブだと意識してない部分がやっぱり一番難しいですね...

にも、が1語か2語か、ってのはまぁそれでも簡単な部分で、
なぜこの場面で、にも、を使うのか、を説明するのは
相当普段から日本語に気をつけてる人でも難しいんじゃないかと思います。

テーマ : 日本語
ジャンル : 学問・文化・芸術

Sweet 16

出揃いました。

2回戦は、上位シードが15勝1敗。
Westの4番ワシントンが、5番パーデューに負けただけでした。
これほどシード通りなのは初めて見ます。

接戦になって、ここで番狂わせ来るかな、と思っても、
最後にはみんな上のチームが勝つ。
変な意味で面白いと言えば面白いです(笑)

5番以下で残ってるのは、パーデューとMidwestの12番アリゾナだけ。
そのアリゾナも、NBA注目の選手が揃ってるのに力を出し切れてなかったチームですからねぇ。


Sweet 16の組み合わせは、

East(木曜)
ピッツバーグ(1)対ゼーヴィア(4)
デューク(2)対ヴィラノヴァ(3)
South(金曜)
ノースカロライナ(1)対ゴンザガ(4)
オクラホマ(2)対シラキュース(3)
Midwest(金曜)
ルイヴィル(1)対アリゾナ(12)
ミシガン・ステート(2)対カンザス(3)
West(木曜)
コネチカット(1)対パーデュー(5)
メンフィス(2)対ミズーリ(3)


選手の顔ぶれを見ると、UNC対ゴンザガが一番楽しみな試合です。
こんなに良い選手の揃ったSweet 16の試合は記憶に無いです。
ペースも速くなるはずですし、楽しいバスケのファンなら必見かも。

今週のうちにもっと詳しくプレビューするかもしれません。

テーマ : バスケットボール
ジャンル : スポーツ

2回戦の注目カード

注目カードって言っても、
気付いてみたら良い試合になってた、ってのが楽しみなんですけどね(笑)

それでも、ほぼ確実に良い試合になると思うのはこの4試合↓


East

ヴィラノヴァ(3)対UCLA(6)
地力ではUCLA有利だと思いますが、
会場はヴィラノヴァ大学のあるフィラデルフィア。
(普段使うアリーナじゃないですが、事実上ホーム)

ゼーヴィア(4)対ウィスコンシン(12)
シードには大差がありますが、ほぼ互角と見ています。
5番シードのFSUに勝った試合でも、ウィスコンシンが強いのは確かめられました。


South

シラキュース(3)対アリゾナ・ステート(6)
これも互角の勝負だと思います。
シラキュースのPGジョニー・フリン、ASUのSFジェームズ・ハーデン、
2回戦の中では、NBAのスカウトが一番注目してる試合かも。


Midwest
なし


West

ワシントン(4)対パーデュー(5)
実力は互角。
ポートランドでの試合なのでワシントン有利です。

テーマ : バスケットボール
ジャンル : スポーツ

これだからやめられない

NCAAトーナメントの1回戦、今年も凄かったです。

最後の最後に残った2試合が、
フロリダ・ステート(5)対ウィスコンシン(12)と、
オハイオ・ステート(8)対シエナ(9)。

まずOSU対シエナが延長に入ったかと思うと、
その延長の間にFSU対ウィスコンシンも延長に。

で、FSU対ウィスコンシンの延長の間に、
OSU対シエナがダブルオーバータイムに(笑)

この間、テレビ中継は行ったり来たり。
これがトーナメント1回戦の醍醐味ですね。
他にこんなイベントはないです。

自分はネット中継で両方見てましたが。
(↑終わった試合も観られます)

どっちも、こんなプレー決めちゃったら勝つしかないでしょ、ってプレーを
両チームとも何度も繰り出した好ゲームでした。


メンフィスは、格下のはずのCSUノースリッジ相手に大苦戦。

秘密兵器ロバート・サリーが炸裂しなかったら、負けてました。
3ポイントを15本中10本決めて、35点。

3ポイントが決まらないのがメンフィスの弱点といわれ続けて、
この選手が答えかな、と薄々思ってたんですが、
シーズン中ブレイクする事がなかったんです。


良い試合になると思っていた5試合中、4試合はちゃんと良い試合になりました。

11番シード以下が勝ったのは、
East
フロリダ・ステート(5) 59-61(延長) ウィスコンシン(12)
South
イリノイ(5) 72-76 ウェスタン・ケンタッキー(12)
Midwest
ウェイク・フォレスト(4) 69-84 クリーブランド・ステート(13)
ユタ(5) 71-84 アリゾナ(12)
ウェスト・バージニア(6) 60-68 デイトン(11)
West
なし

Midwestの1番シード、ルイヴィルの道が開けちゃいました。
特にウェストバージニアは良いと思ってたんですけどねぇ...

メンフィスのWestは強いところがみんな残ってます(苦笑)

テーマ : バスケットボール
ジャンル : スポーツ

NCAAトーナメント予想!

明後日の開幕に備えて予想UP。

March Madness

今年は勝ちに行きます。主観ほぼゼロで。
(メンフィスが優勝するのも客観的な根拠ありです、笑)

例えば、Southはゴンザガとアリゾナ・ステートで争って欲しいんですが、
会場がメンフィスなのでノースカロライナとオクラホマ有利になるはず。

ゴンザガ、アリゾナ・ステートの強いSouthは厳しい地区ですし、
Westも、実力よりシードが上、と思うようなチームがいません。
逆にEastとMidwestは微妙なチームが上のほうにいます。

3番シードより6番シードが強い不思議なトーナメントになりそう。


1回戦で注目なのは、

East
フロリダ・ステート(5)対ウィスコンシン(12)、
テキサス(7)対ミネソタ(10)
オクラホマ・ステート(8)対テネシー(9)

South
LSU(8)対バトラー(9)

Midwest
ユタ(5)対アリゾナ(12)

West
なし(下位シードが勝ったらちょっと驚き)

テーマ : バスケットボール
ジャンル : スポーツ

Selection Sunday

トップが最初から最後まで安定しなかったカレッジバスケ。
カンファレンストーナメントが終わっても、どこが本当に強いのかはちょっと謎です。

カンファレンストーナメント無しでNCAAトーナメントが始まってたら、

1番シード
ノースカロライナ
ピッツバーグ
コネチカット
ルイヴィル

2番シード
メンフィス
ミシガン・ステート
カンザス
オクラホマ

と多分なってました。


各チームのカンファレンストーナメントでの戦績は、

ノースカロライナ 70-73 フロリダ・ステート(ACC準決勝)
ピッツバーグ 60-74 ウェストバージニア(Big East準々決勝)
コネチカット 117-127(6OT) シラキュース(Big East準々決勝)

ルイヴィル Big Eastトーナメント優勝
メンフィス Conference USAトーナメント優勝

ミシガン・ステート 70-82 オハイオ・ステート(Big Ten準決勝)
カンザス 64-71 ベイラー(Big 12準々決勝)
オクラホマ 70-71 オクラホマ・ステート(Big 12準々決勝)



ルイヴィルとメンフィス以外、決勝にさえ出られなかったという...

これでまず、ルイヴィルは間違いなく1番シード確保です。
最強と言われていたBig Eastで、レギュラーシーズンでもトーナメントでも優勝したので。
ルイヴィルとシラキュースの決勝は、シラキュースの体力が切れて終わりました。
シラキュースは準々決勝、6回の延長でUConnに勝った後、
準決勝のウェストバージニア戦も延長でした。


上位3チームだったUNC、ピット、UConnのどれが一番安泰かと言うと、
ピットっぽいですね。

UNCはタイ・ローソンの怪我の具合が良く分かりませんし、
UConnはジェローム・ダイソンが怪我で離脱してから4勝3敗です。
(負けた2回はピッツバーグ相手で、
もう1回は6回延長だったわけで、そこまでマイナスにならないかもしれません)

UNC、ピット、UConnの1つが落ちるとすれば、
メンフィスが交代で1番シードに上がれます。
メンフィスは毎年の事ですが、カンファレンスの他のチームが弱いのが痛いところ。
優勝して当たり前なんで、大してプラスにならないんですよねぇ。


ミシガン・ステート、カンザス、オクラホマは2番シード以下確定。

多分、ACCトーナメント優勝のデュークが2番シードに入って、
カンザスとオクラホマのどちらかが3番シードに落ちます。


まぁ、どれも今日の夕方決まるんで、それを待つとします。

追記:
出ました→リンク

テーマ : バスケットボール
ジャンル : スポーツ

多忙

21日から春休みなんですが、関係なく忙しいかもしれません。
出来るだけ研究に専念です。
(1つだけ受けてる授業で宿題とプレゼンが...)

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

サマータイム突入

6時半に起きて、FAカップのアーセナル対バーンリーを観たんですが、
観終わった後にやけに眠くなったので二度寝。

5時半頃になって、
こっちの5時に更新されるはずの日本のウェブサイトを見てみると、更新されてない。
ここで気付きました。
サマータイムになって、時計が1時間進んでるんだと。

夜中に1時間時計が進んじゃったので、(1時から2時2時から3時にスキップする)
6時間寝たつもりが5時間しか寝てなくて、
日本時間10時が、こっちの5時から、6時に変わってたと。

そう言えば、携帯の目覚ましは鳴ったけれど、
アナログの目覚ましは鳴らなかったな...気付くの遅い(笑)


雪が降ってる日にサマータイムに入るってのはどうなんでしょ?(笑)
まぁ、シアトルで3月に雪が降る方がおかしいんですが。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

レギュラーシーズンの終わり

カレッジバスケのレギュラーシーズンが明日で終わります。

今日は、Big Eastのレギュラーシーズン最終戦でした。
NCAAトーナメントの1番シードがほぼ確定してる、
目玉は、コネチカットとピッツバーグの試合↓



先月に続いてピットの勝ち。
ピットにはスーパースターがいませんが、
フィールズ、ヤング、ブレアと、役者が揃ってます。


この2チームとノースカロライナが、全米ベスト3なのはほぼ確実なんですが、
Big Eastのレギュラーシーズンのチャンピオンは、
どっちでもなくて、ルイヴィルなんです(笑)

ルイヴィルの評価がそこまで高くないのは、
強豪のひしめくカンファレンス内では14勝2敗なのに、
カンファレンス外の変なところで星を落としたせい。
(ウェスタンケンタッキー、ミネソタ、UNLV)

4つ目の1番シードが、オクラホマに行くのか、ルイヴィルに行くのか、まだ分かりません。
来週のカンファレンストーナメント次第です。

テーマ : バスケットボール
ジャンル : スポーツ

宇宙人はいると思いますか?

FC2のトラックバックテーマでまた美味しいネタです。

地球外に生命があるかないか、
どっちかに賭けるなら、あるほうに賭けますね。

宇宙には、何億もの銀河系があって、
それぞれの銀河系に、何億もの恒星があって、
その恒星の周りを惑星が回ってるわけです。

そんな膨大な数の惑星の中には、
地球のような環境があって、地球のような生命体が現れた星がいくつかはあるでしょう。
多分。
(地球のような、と言うのは、炭素や水の生化学がベースになってるという事)

もしかすると、地球の生き物とは全く違った生化学から、
命と呼べるものが生まれた惑星もあるかもしれません。
DNAの代わりに、遺伝情報を伝えられる化学物質にはどういうものがあるのか、
興味深いテーマです。


前の記事に続いて、
歴史の流れの話、歴史主義になってしまうんですが、
(今までのパターンが今後も続くとは限らないので、ためにならない)
科学はこれまで、「人間や地球は特別だ」、と言うのを次々に否定する事で発展してきました。


地球の周りを全てが回ってる、から、
太陽の周りを地球が回ってる、に変わったのが500年前。(コペルニクス)

地球上で物が落ちるのはここだけの特別な物理法則だ、から、
物が落ちるのと惑星が太陽を回るのは両方とも重力のためだ、になったのが300年前。(ニュートン)

人間は成り立ちからして特別な生き物、から、
人間と他の生き物の起源は一緒、になったのが150年前。(ダーウィン)

この銀河系が宇宙の全てだ、から、
宇宙には銀河系が数え切れないほどある、になったのが80年前。(ハッブル)

これを突き進めると、地球以外にも生命はある、と言う結論になりますね。
パターンがあるからと言って、今後も続くとは限らない、と念のため繰り返しておきますが。

もう1つ念のため。
人間にとっての話なら、人間は特別ですし、地球も特別ですよ。
僕がしているのは、客観的に見て、人間や地球は特別なのかどうか、という話です。



ちょっと気になるのが、トラックバックテーマの元記事。

「本田は小さなころから、UFOやらネッシーやら宇宙人やら、
未確認物体についつい興味をもってしまいます!
そして、この科学の発達した現代でありえないと思われる方も
たくさんいらっしゃるかとは思うのですが、
それでも本田は科学では解明できないことが
果てしない宇宙の中にはあると思っています(笑) 」

なんかとっても的外れな気が。
未確認のものを、確認しようとするのが科学。
未確認のものを、無い、と言い切ってしまうのが科学じゃないのは確かです。

もしかしたら、今、地球上に宇宙人がいるか?っていう質問なんですかね。
まぁ、それもまた、科学どうこうとは違う話ですが。

地球上の生命自体、隕石で他の星からたどり着いた、という説がある事にはあります(笑)

テーマ : 宇宙
ジャンル : 学問・文化・芸術

時代の流れ

アメリカンフットボールは、
元はと言えばラグビーの変種のようなスポーツです。

100年ほど前に決められたルールが、
選手がダウンするたびにプレーが終わって、その位置から仕切り直す事と、
前向きにパスを投げられる事。
今でも残る、ラグビーとの大きな違いです。


ボールが大きくて投げにくかった事などから、
アメフトの歴史の最初の50年ほどは、
ほとんどのチームがランを中心とした戦術を使っていました。

昨シーズンのNFLでドルフィンズが見せたワイルドキャット・フォーメーションは、
この時代のシングル・ウィング・フォーメーションを変形したものです。
どちらも、ボールを持って走るかもしれない選手が何人もいて、
誰が走るのか守備に分からないようにするのが基本。


パス重視のオフェンスが出てくるようになったのは、60年代の事。
ボルティモア・コルツのジョニー・ユナイタスが、
NFLで初めてシーズン3000ヤード、通算40000ヤードを獲得したQBになりました。


80年代には、ビル・ウォルシュのウェスト・コースト・オフェンスで、
49ersが3回スーパーボウルを制覇。

従来は、細かく刻んで攻めるのはランと決まっていたのを、
ショートパスで繋ぐ事で代用したのがこの戦術です。
今のNFLの監督の半分近くは、ウォルシュの系譜を引いていて、
ウェスト・コースト・オフェンスをアレンジして使っています。


最近、大学では主流になって、NFLでも見られるようになった戦術が、
スプレッド・オフェンスです。

名前の通り、左右に幅広く選手を配置して、
相手の守備を引き伸ばすのがアイディア。
大抵、ワイドレシーバーを4、5人置いて、パス一辺倒の戦術になります。


こうやってアメフトの歴史を見ると、
どんどんパスの頻度が増えて、ワイドレシーバーの数も増えて来たことが分かります。
この流れの終着点のフォーメーションは、実はすでに考案されています。
その名は、A-11オフェンス。

まずは、映像↓



カリフォルニアのピードモント高校のアメフトチームは、
ラインに使えるような大きな選手が足りず、
他の学校に圧倒されていました。

どうしたら勝てるようになるのか、
2年前の夏、ピードモントのコーチ2人が頭を悩ませていました。

その2人が目を付けたのが、パントする時のフォーメーションについてのルール。
ラインの7ヤード以上後ろまでボールをスナップしてプレーを始める場合は、
レシーバーになれる番号(1~49、80~99)を付けている選手なら誰でも前進していい、
と書いてあったんです。


これは本来、
パントを蹴る側の選手は、着地点に向かって走ってタックルしにいっていい、
というのが主旨のルールです。

ですが、ピードモントのコーチたちは、このルールを使えば、
誰がレシーバーになるのか分からないフォーメーションが作れる事に気が付いたんです。

11人の選手のうち、2人はQBとして後ろに下がって、他の9人はライン上に並びます。
ライン上に並んだ9人のうち、最高で6人がレシーバーになれるんですが、
どの6人がレシーバーになるのかは、プレーが始まるまで分からない、と言うわけ。

この無茶なフォーメーションを使って、ピードモントはプレーオフに出場しました。
昨シーズンには、他の州でもA-11オフェンスを使うチームが現れ始めて、
全米メディアでも取り上げられるようになりました。


そして先月、A-11オフェンスは高校のフットボールから禁止されました。
(NFLや大学では、A-11を許すルールの抜け穴が元からありません)

4thダウンや、FGを狙える位置でしかこのフォーメーションは使えなくなり、
しかも、選手のうち4人はレシーバーになれない番号を付けないといけない、とされたんです。

A-11オフェンスが使える場面が限られた上に、
誰がレシーバーになるか分からない、サプライズの要素も奪われてしまったわけ。


アメフトの本来の姿を守った、と言えますが、
その歴史を見ると、アメフトには本来の姿など無い、とも言えると思います。

良き伝統を守ったのか、未来のつぼみを摘み取ってしまったのか、
考えさせられるニュースです。

テーマ : アメリカンフットボール
ジャンル : スポーツ

タイムスリップするならどの時代?

FC2ブログのトラックバックテーマなんですが、
普通に考えて、未来でしょう。
どれくらい先かは難しいとこです。

もし過去に行くなら、ここ150年以内。
もっと前に行くなら、歴史上こう言う事が起きたのか、というのを確認してすぐ戻ってくる、
というのしか自分的にはありえません。

こういう生活だったのか、っていうのは勉強にはなりますが、
何百年も前の普通の人の生活は、今の基準で言ったら極貧です。
貴族でも将軍でも、極貧とは言わずとも貧しいです。


江戸時代まで来れば変わって来ますが、
それ以前は地方の経済がほぼ独立していて、(荘園など)
地方の間での交易は限られていました。
すぐ近くで作られるもの以外は、嗜好品、高級品だったって事。

地位の高い人だったら手に入れられますが、
今のように簡単なことじゃありません。
平安貴族が優雅なのは、あくまで当時の平民と比べての事です。
枕草子とかをじっくり読めば分かると思います。

昔の生活はこういう風だったのかもな、って言う雰囲気なら、
発展途上国の、さらに田舎の方に行けば分かります。
それをやった事が無い人は、そこまで興味が無いという事。
むやみに大昔にタイムスリップする事を望まない方が良いと思います。
(あ、望んでも起こらないからいいのか)

テーマ : 経済学
ジャンル : 学問・文化・芸術

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

プロフィール

アシュリー

Author:アシュリー
カリフォルニア州バークリー在住、元スポーツジャンキーのアシュリーです。

今観るスポーツは、アーセナル(サッカー)とグリズリーズ(バスケ)、あとテニス。

専門の物理ネタ以外にも、色々書いていくつもりです。

Twitterをハンドル名Inoueianでやっています。

ブログ内検索
カレンダー
02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
RSSリンク
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。