スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一昨日から

うちのオフィスのコンピュータは、
コインの問題の計算でかかりっきりです(笑)

計算させてる問題を全部含めるように言うと、
0セントから99セントまで払う時に、
コインの移動(お釣りありの場合となしの場合別々に)を出来るだけ減らすために、
コインの金額をどう設定すればいいのか、って問題です。


コイン3種類でベストな組合せは、{1、12、19}。

でもこれだと、ある金額を払うときに出来るだけ大きいのを順々に出していく、
貪欲法」って言う出し方が使えないんですね。

例えば、24セント払うときに貪欲法を使うと、
大きいのコインから出そうとするとまず19で、残りは1セントずつ。
{19、1、1、1、1、1}って言う出し方になります。

でも、最善の出し方はそれじゃなくて、{12、12}。
こういうコインの組合せだと、出し方を考えるのにいちいち時間がかかるんです。


そこで、貪欲法が使える組合せだけに限定する方法を今日はプログラムしてました。
で、コインが3種類の場合、貪欲法が使えるベストチョイスは、{1、5、23}と{1、5、23}。(お釣りなしの場合)

どちらも、0セントから99セントまでをちょうど払うのに、
平均5.26枚コインを使う組合せです。

日本で実際に使われてる{1、5、10、50}の組合せだと、
4種類コインがあるのに平均5枚使うのを考えると、
かなり効率が良いのは分かります。
(当然、コインの種類が多い方が、1回の取引に必要なコインの数は減ります。
極端な話、ありとあらゆる金額に対応するコインがあれば、毎回1枚で済みますし)


夜の間、3種類で、お釣りありの場合と、
4種類で、お釣りあり、なし、両方計算してもらってます。


一応言って置くと、
「最善のを見つけて、世界中でその通貨を使うようになるよう運動しよう!」
なんて事はこれっぽちも思ってませんから(笑)

ただ知りたいだけ。
数学の問題として気になるだけです。

まぁ、数学の問題としては、100を区切りにする理由は無いんですけどね。
スポンサーサイト

テーマ : 数学
ジャンル : 学問・文化・芸術

問題です

誕生日に晴れて、ちょっとネジ外れてました。
(シアトルで11月の晴れの日数は平均3日)

ネジの外れた頭で何を考えてたかって言うと...


夕方にお茶を飲んだ時、値段が$3.62でした。
$4.02払って、40セントお釣りをもらったんですけど
これが最善策だったのかなぁ?と気になって、
長時間コンピュータで色々計算してたんです(笑)

アメリカで普通に流通してるコインは、
ペニー(1セント)、ニッケル(5セント)、ダイム(10セント)、クォーター(25セント)の4種類。

この際お札の数は無視して、
払うコインの数と、お釣りで戻ってくるコインの合計を出来るだけ減らしたい、
って事にします。

実際のように$4.02払った場合、
払ったコインが2枚(1セント×2)で、お釣り3枚(25+10+5)、
合計5枚行き来する事になります。

そこで問題。


まず、$4.02払うのは最善策だったかどうか?

最善策だったとしたら、他に同じ枚数で済む方法はあるか?

最善策じゃなかったとしたら、これより良い方法はなに?


長時間計算してたのは、もちろんこの問題だけじゃなくて、
もっと一般化した問題を色々ですよ。

例えば、お客も店員も、常に最善の出し方をするとして、
買い物1回に平均何枚コインが行き来するのか、とか。

これはアメリカだと4.7枚、日本(50円以下)だと5枚、でした。


あと、実際には無い硬貨の種類の組み合わせなんかも調べてみて、
どういうのが効率がいいのかなぁ、と。

0セントから99セントまで、お釣りなしで払う場合、
4種類で一番効率がいいコインの組み合わせは、1、5、18、25か、1、5、19、25でした。

これの問題は、人間に優しくない事(笑)
コンピュータなら最善の出し方をすぐに計算できますけど、
41セントをどう出すのか、とか、人間には即答できませんから。


と言うわけで、今度暇があったら、
人間に出しやすいのに限って調べてみようかと思います。

とことんどうでもいい話かと思われそうですけど、
一応、数学の組合せ論って言う分野の問題です。
この分野で他にも気になる事があるんで、
ちょっと数学の教授にメールしてみるかな?

テーマ : 数学
ジャンル : 学問・文化・芸術

NFLプレーオフ展望

NFLでここまで本命がはっきりしてるのも珍しいです。
(はっきりしてなかったら、こんなに早くプレーオフの話はしません、笑)
NBAと比べてもサラリーキャップが厳しくて、
良い選手を金でかき集めるわけには行かないんで。


ペイトリオッツは、日曜の試合前にプレーオフ出場が決まりました。
試合も勝って11勝0敗。

NFLの歴史で全勝シーズンは1回、72年のドルフィンズだけ。
と言うわけでここからの注目ポイントは、誰がペイトリオッツに勝てるか。

レギュラーシーズンでは、
Week 14のスティーラーズとWeek 17(最終節)のジャイアンツが難関。
選手を休める可能性もあるんで、最後の方で負けてもおかしくないです。


でも今のところ、
プレーオフでペイトリオッツに勝てるかもしれないチームは、
コルツとカウボーイズだけだと思います。

他のチームには、1割くらいのチャンスもなさそう。



つまり、ペイトリオッツは、この2チームにさえ負けなければ、優勝するはず。

でも、どっちかがペイトリオッツを倒してくれれば、
他にもチャンスが出てくる、って事になるんじゃないでしょうか。


そうなったとして、まず今シーズンここまでの実績で言うと、
コルツ、カウボーイズに勝てる力が確実にあるのはパッカーズだけ。


ただ、まだ実力が出せてない、または良く分からないチームもいくつか。

特に、選手のタレント的にはもっと上で良いチャージャーズ、
まだトップクラスの相手と1試合もやってないスティーラーズが気になります。



にしても、強いチームの顔ぶれを見ると、
ルールの変更などでリーグ全体がパス志向になってきたのが現れてますね。

挙げた6チームのQBは、
ブレイディー、マニング、ロモ、ファーブ、リヴァース、ロスリスバーガー。

トレント・ディルファーやブラッド・ジョンソンがスーパーボウルに勝てる時代は終わった感が(笑)


レシーバーを見ても、
ペイトリオッツのモス、コルツのハリソン、カウボーイズのオーウェンスは、
NFLの歴史に残る人達ですし。

それぞれタッチダウンの数が史上5位、4位、3位なんで(笑)
ジェリー・ライスは別格としても、
他のどのレシーバーと比べても見劣りしないのは確か。

先月から休んでるハリソンの怪我の状態が、
プレーオフを左右してもおかしくないです。

テーマ : NFL
ジャンル : スポーツ

まだ休み気分

なのか、忙しいのか微妙なとこです。
更新できてませんね。

明日、NFLのプレーオフに向けての展望についてちょっと。
(まだ5週間あるけど)

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

ラプターズ×グリズリーズ

Thanksgivingの毎年恒例、グリズリーズ観戦してきました。

Pregame


相手がトロント・ラプターズだったんで、
試合前にアメリカ国歌だけじゃなくてカナダのもやってました。
グリズリーズがバンクーバーにいた頃は、カナダ対決だったカードですねぇ。


去年、ユーロラプターズって揶揄されてたチームと、
スペイン人が中心選手のグリズリーズ。
うちのダルコが怪我で欠場してたにしても、
外国人の多い試合でした。

ラプターズはスタメンに
PGホセ・カルデロン(スペイン)
Cアンドレア・バルニャーニ(イタリア)
控えに
カルロス・デルフィーノ(アルゼンチン)
出なかったのも入れると
ホルヘ・ガルバホサ(スペイン)、ラショ・ネステロビッチ(スロベニア)も。

他にも3ポイントスペシャリストのジェイソン・カポーノや、
ヨーロッパで長年プレーしてたアンソニー・パーカーなんかがいて、
基本的にクリス・ボッシュとT.J.フォード(昨日は出なかった)以外、
欧州スタイルのチームって言っていい感じです。


で、昨日ラプターズが勝った理由は3ポイントでした。
3ポイントだけ、と言っていいくらい(笑)

グリズリーズの3ポイントは、
上手いはずのミラー、ナバーロ、ゲイがそれぞれ0/5、0/3、2/8。
ラウリーも0/3。

ラプターズの方は、
バルニャーニが3/4、デルフィーノが3/5、カルデロンとカポーノが2/4。
フリーで撃ってたのは確実に決めてたし、ちゃんと守っても決めてたんですよ。


逆にインサイドではこっちが勝ってたから、
最後までいい試合にはなったんですけどねぇ...

こういうのも勝てるようにならないと、プレーオフには行けないです。

テーマ : NBA
ジャンル : スポーツ

休みの飛行機

予定通り遅れました(笑)
1時間ちょっと。

で、さすがに混んでました。
アメリカ人にとって、
Thanksgivingとクリスマスは里帰りの休日なんで。

1ヶ月だけ離れて2つあるのは微妙だけど(笑)


シアトル・タコマ空港は、
メインターミナル(A、B、C、Dゲート)と、
ライトレールで繋がってるターミナルが2つ(NとS)があるんですが、
今度の飛行機はSターミナル発。

入国審査がSターミナルにあるんで、
外国の航空会社はみんなSターミナルなんですね。
(今回はノースウェストだけど、ノースウェストもたまたまSみたい)


で、ちょうど自分の飛行機と同じ時間帯に、大韓航空の出発便があったらしくて、
ライトレールの構内放送が英語と朝鮮語でした。

朝鮮語の理解できた部分は、ライトレールが行くゲートの名前を言ってるとこだけ。
「BゲートとSゲートに行きます」、って感じのアナウンスですね。

でもこれが、どうやっても
ーゲート、エスゲート」
にしか聞こえない(笑)

英語のPとBの違いは、無声音か有声音かだけど、(日本語も一緒)
朝鮮語だと有気音と無気音で区別してる、って事ですよね。
面白かったです。


一昨日は、ノーベル化学賞を受賞してるウォルター・コーンって人が作った、
太陽光発電のドキュメンタリーを観てきました。

ドキュメンタリー自体の話もまたするかもしれませんけど、
日本人が何人か英語でインタビューされてたんですね。
で、英語で話してるんだけど、字幕が付いてる...イタイ(笑)


聞いてて、なにが一番問題なのかなぁ、と考えてみると、
多分、「アクセントの付け方」だと思いますね。

日本語の発音だと、音程を変えることでアクセントを付けてるけど、
カナ1文字発音する長さは基本的にどれも一緒ですよね。

英語のアクセントは、音程だけじゃなくて、音量もアップするんです。
アクセントの付いてる音節は、ちょこっと長めに発音されるし。

字幕を出されちゃってた人は、
日本語のリズムとアクセントで英語を話してるなぁ、と思ったんでした。
(三十三間堂で外国人のツアーのガイドしてた
日本人のおばちゃんの英語ほどじゃなかったけど、笑)


英語の俳句、ってのがありますが、これも同じくらい変です。
音節の数だけ揃えても、全然俳句のようには聞こえません。
日本語のリズムだと、七五調には必然性があるんですけどね。


まぁ、英語(いや、何語でも)の発音が上手くなりたい人は、
口で説明されるより、実際に話してる人の発音を聞いて、
出来るだけ忠実に真似るのが一番の上達法じゃないかと。

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

5連休

Thanksgivingの休みなんで、
明日の朝、ちょこっと学校に行ってから、
飛行機乗ってメンフィスに向かいます。

実は、今の大学だと水曜(明後日)は休みじゃないんですけど、
知らなかった事に。
(いや、1日休んだからって困った事になるわけでもないです)


サッカーを見るかテニスを見るか迷った昨日の話なんですけど、
テレビ局が判断してくれました。

テニスを放送してるはずのESPN2で、サッカーやってたんです(笑)
同系列の他の局でやってたのかもしれないけど、
テニスを見ようとしても見られなかった可能性が。

ちなみに、同じ時間帯にESPNはボーリングの放送してました。
テニスマスターズカップの決勝よりボーリング優先って...(笑)


サッカーは良い試合でしたよ。
目当てだったドウェイン・デロサリオが決勝点を決めて、
ヒューストンが2-1で逆転勝利。
2連覇しました(2回とも相手はニューイングランド)

MLSのトップは、
プレミアの10位くらいのレベルには来てるんじゃないかと思います。
(ストラカンに同意)

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

大詰め

明日の朝、どっちを見ようか迷ってます。

男子テニスのシーズン最後の個人イベント、マスターズカップ決勝と、
サッカー、MLSのプレーオフ決勝。)
テニスの方は、上海の夕方、こっちの夜中/早朝にやってるんですけど、
録画放送が、MLSの決勝と同じ時間なんです(笑)


テニスが見たい理由は、今シーズンのフェデラー見納めになる事と、
決勝の相手のダビド・フェレルが、最近好きな選手になってきたかもしれない事。

サッカーが見たい理由は、MLSのトップがどんな感じになってるか見ておきたいから。


テニスを見なくてもいいかなと思う理由は、
今日、フェデラーとナダルの準決勝を見て、フェデラーのすごいプレーはもう見られた事。
フェレルも、ロディック戦でいいもの見せてもらいました。

サッカーを見なくてもいいかなと思う理由は、
出てるヒューストン・ダイナモとニューイングランド・レボリューションには、
思い入れが特に無い事。
ダイナモのドウェイン・デ・ロサリオ(カナダ)以外、見たい選手も特にいませんし。


...テニス見ます(笑)


一応テニスは、国対抗のデーヴィスカップ決勝が残ってるんですよね。
アメリカ対ロシア、月末にポートランドでやるみたいです。
行こうと思えば行けるなぁ。

今日もメンフィスバスケ

グリズリーズ勝てないです...
ここからハイライトに行けるはず)

残り19秒でホーネッツが10点リードって場面から
ナバーロとルーディー(2回)の3ポイントで延長に持ち込んだんですけどねぇ。

シュート1本で負けた試合がこれで3つ目。
ブレイクスルーはいつ来るのかな...

良かったのはナバーロ。
3ポイントを8本決めて28点でフィニッシュでした。
スペインリーグのMVPらしいプレーが出てきたみたいです。


これの放送は無かったんですが、
大体同時進行だったメンフィス大とコネチカットの試合を見ながら、
画面下に出てくるスコアをチェックしてました。

バスケだけじゃなくて、野球、アメフト、テニス、他のスコアやニュースも流れてるんで、
1巡してまたグリズリーズのスコアが出るまでに、
試合が5、6分進んでるんですね(笑)

試合の終わりの方、残り3分で同点とか出て、ハラハラドキドキでした。
その頃、大学の試合もリードしてたのが逆転されたり(汗)

まぁ、ネットでチェックすればいいんだけど、面倒だったんで(笑)


メンフィス大の方は勝って良かったです。

相手のコネチカットはNBAの現役選手が一番多い学校なんですが、
ルーディー、マーカス・ウィリアムス、ジョッシュ・ブーン、ヒルトン・アームストロングと、
去年のNBAドラフトで選手の大量流出があって、
昨シーズンはNCAAトーナメントに出られなかったんでした。

でも、そんな風に苦戦した選手たちも、
強豪校に入るくらいだからポテンシャルはあったわけで、
1年の経験を身に付けて手強いチームになってます。

NCAAトーナメントではあんまり当たりたくない相手です。

テーマ : NBA
ジャンル : スポーツ

大学の方は

コメントの返事が滞っててスイマセン。
土曜までには全部返しますんで、ちょっとだけ待っててください。


今シーズンのメンフィス大バスケ、初めて見ました。

ニューヨークのマディソンスクウェアガーデンでのトーナメントで、
今日は準決勝のオクラホマ戦。

63-53で勝ちました。

毎年書いてる気がしますけど、
試合時間40分で、ショットクロック35秒なんで、点数が少なすぎる事はないです。
(NBAは48分、ショットクロック24秒)

1年生PGデリック・ローズ、良いですよ。
来年のドラフトのトップ3の1人って声も。

去年Elite Eightまで進んだメンバーがほぼ全員残ってるんで、
今シーズンどこまで行けるのか、かなり楽しみです。


明日は決勝戦でコネチカットとの試合。じっくり見るとします。

テーマ : NBA
ジャンル : スポーツ

今日は負けたけど

グリズリーズ、2勝5敗になりましたけど、
アウェイで最後までチャンスがあったんで、
ポジティブだったと思います。

それよりも、昨日ロケッツに勝ったのが大きいです。

こんなのもあったみたいだし



ここまで7試合、
ルーディー・ゲイが平均20点以上取ってるのは期待をさらに上回ってますけど、
問題はアシストが少ない事なんですよねぇ。

まぁ、それが心配事と言えるくらいなら悪くないです。


ホントの問題は、パウですね...
ここまでのリバウンドのアベレージが1試合6つ。
体調が万全じゃないにしても、彼の例年の基準から言うとまずいです。
得点も少なめだし。

理想的には、攻撃の第1オプションがパウ、
第2にルーディーとマイク・ミラー、で行きたいんですよね。
でも、パウが攻撃に絡む場面が足りてないのと、
マイクがスランプなのとで、攻撃の威力が落ちてる感じです。


他は良いんです。
PGのストーダマイア、ラウリー、コンリーは、
毎試合、1人は活躍してる感じで、誰を使っていくのかが贅沢な悩み。

ここまでダルコも良い感じですし。


勝ち方を覚えて行ければ、パウとマイクの問題も改善されてくと思いたいです。

テーマ : NBA
ジャンル : スポーツ

チーム、選手、ファン

ソニックスの移転騒動で、チームは誰のものなのか、
って事に思い巡らせるこの頃ですが、
野球はホットストーブリーグ真っ最中。
こっちでも日本でも、移籍の噂が飛び交う季節です。

ファンとしては、残って欲しい選手、いなくなってもいい選手、
欲しい選手、欲しくない選手、いますよね。
そんなファンの思いがある中、当然「嫌われる」選手も出てきます。


シアトル・マリナーズで言えば、
2000年に巨額の契約でレンジャースに移籍して、
今もヤンキーズから移籍しようとしているアレックス・ロドリゲスが、
一番の嫌われ者でしょうね。

ファン側の論理では、裏切り者、って事になっていて、
それにも一理あります。

でも、結局のところはこういう事なんだと思います。(以下、Fever Pitchより引用)


"The plain truth is that the club means more to us than it does to them. Where were they twenty years ago? Where will they be in twenty years' time? Where will they be in two years' time, a couple of them?"

「彼ら(選手)にとってチームが意味する物より、僕ら(ファン)が感じているものの方が大きいんだ。20年前、彼らはどこにいた?20年経ったら、彼らはどこにいるんだろう?何人かの場合、2年経ったら?」



これはサッカーの話だけど、野球でもそう。

自分が子供の頃ファンだったチームでやらせてもらえる選手は限られてるし、
もし出来ても、そこでずっと出来るという保証はしてもらえない。

第一、トップリーグでの選手生命なんて長くて20年で、
10年持てばいい方。
その限られた時間内で、選手としてやり遂げたい事をやっておかないといけない。

ファンはと言うと、何年でも好きなだけ応援できるし、
悪いファンだからと言ってクビになる事もない。


全く違う立場にいる人達なわけで、
選手の論理が、ファンの論理と違うのは当然と言えば当然。

選手の給料は普通のファンの給料と比較にならないのも事実だし、
応援するもしないもファンの勝手。
でも裏切り者とまで言われるのは可哀想かな、と思ったりもするわけです。

Fever Pitch Fever Pitch
Nick Hornby (1998/03)
Riverhead Books

この商品の詳細を見る


ぼくのプレミア・ライフ (新潮文庫) ぼくのプレミア・ライフ (新潮文庫)
ニック ホーンビィ (2000/02)
新潮社

この商品の詳細を見る

テーマ : MLB
ジャンル : スポーツ

土曜のパーティー

先週の土曜は持ち寄りディナーパーティーだったけど、
昨日もパーティーでした。

今度は、院の1年生が、今学期の中間試験を終わらせた、
って事でパーティーを主催してたらしいです。

中間試験...何のことやら(笑)


日本人の留学生が(最低)3人来てました。

アメリカにいる時は日本人との交流ってあんまりないんですけど、
今回は珍しく色々話してきました。
英語で。

3人とも理系の人達で、
3ヶ月だけの滞在で帰っちゃうみたいですねぇ。
そこまで短期だと、なにが出来るんだろう?と疑問(笑)

結局、どういう繋がりで招待されてたのか分からなかったなぁ

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

MLSがシアトルに!

MLS、応援してるチーバスUSAがプレーオフ1回戦で負けちゃって、(しかも放送無し)
あんまり自分の中では盛り上がってなかったんですが...
再来年、シアトルにMLSのチームが出来るみたいです!

代表GKのケラーとハーネマンはワシントン州出身だし、
サッカーの人気が結構高いとこなんで、今まで無かったのが不思議でしたけどね。


アメリカのトップリーグにシアトルのチームがいるのは、
74~83年までNASL(北米サッカーリーグ)にシアトル・サウンダーズがいた時以来だとか。

今2部でやってるシアトル・サウンダーズとは別組織なんですけど、
77年、82年に、あのニューヨーク・コスモスに決勝で負けてるんです。
ペレ、ベッケンバウアー、カルロス・アルベルトのコスモスに(笑)

で、サウンダーズの方はどんな選手がいたのかな、って調べてビックリしましたよ。

若き日のハリー・レッドナップ→リンク

今はポーツマスの監督ですけど、初めてコーチしたのはサウンダーズって(笑)


でももっとすごいのが、サー・ボビー・ムーアとサー・ジェフ・ハースト(笑)
66年イングランドの優勝メンバー、
しかもキャプテンと、決勝戦でハットトリックした人じゃないすか(笑)

ここのページの写真左がサウンダーズでのボビー・ムーアです。


本題に戻ると、今のサウンダーズがどうなるかはまだ決まってないんです。
今の組織をそのままMLSのチームにするのか、
廃止して、新しいチームが出来るのか。
(一応言っておくと、MLSは他のアメリカンスポーツと似たシステムで、
昇降格無し、フランチャイズ制、ドラフトあり、です)

まぁどっちにしても、タイミングは良いです。(自分的にもだけど、MLS的に)
ソニックスが移転するにしてもしないにしても、
シアトルのスポーツファンがNBAから離れてるのはまず間違いないです。

新アリーナを作ってくれないと移転する、って脅しをかけてるソニックスと違って、
MLSの方は、シーホークス(NFL)もサウンダーズも使ってる、クエストフィールドを使う、
って事で新投資は全く必要ないですし。

ソニックスとの対比で、好感度がただでも高いと思いますね。

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

グリズリーズ×ソニックス

グリズリーズ見てきましたよ。


うちのオールスター候補

Pau

シャープシューター

Mike

新旧ポイントガード

Mike and Damon

新コーチ(元フォワードだけあって背が高い)

Coach Iavaroni

色々楽しみだったんですが、主役だったのはこの人。

Rudy
(左の人ですよ)

今日のルーディー、25点、10リバウンド、2スティール、3ブロック。
ケヴィン・デュラントとのマッチアップが刺激になったのはあったと思います。
デュラントにドリブルで抜かれた次のプレーに、仕返しでダンクしたり。

ルーディーの場合、そういうのが無くても、こんな活躍を毎試合狙って欲しい...(笑)

デュラントの方は、シュートの入らない試合でした。
ミラーに守られてる時にもっとアグレッシブに行くべきだったですね。
シュートは3/17。こういうのもあって育っていくんでしょう。


前半はシュートが29%しか決まらなかったグリズリーズ。
3rdクォーターの終わりにルーディー、パウ、ラウリーが、
3ポイントプレーを連発で貰ったのが大きかったです。

テーマ : NBA
ジャンル : スポーツ

持ち寄りパーティー

また隔日更新になってる(笑)

土曜日の夜は、同僚(インド人)の住み込んでる家で持ち寄りディナーパーティーでした。
珍しく和食を作っていこう、と思ってたんですが、土曜の朝起きたら、昼でした(笑)

宇和島屋まで行って和食の食材を調達する余裕も無かったんで、
結局お弁当レベルの和食に。

写真も撮ってないんで、ちょっと紹介できません(姉さんゴメンなさい)
そのインド人の同僚が、味噌を知らなかったんで、味噌は使いました、とだけ。


パーティー自体はなかなか面白かったです。

5、6人、部屋を借りて住んでる家で、主催者はそのうちの1人。
この人、普通の白人なんですが、居合いをやってた事があるらしくて、
刀が十数本、表彰状なんかも飾ってありました。

物理は「趣味」だそうで。
色々面白い話が出来ました。

社会人はこの人含めて3、4人かな?
他は、物理、ビジネス、法の院生でした。

国籍は、アメリカ、インド、東アジア(主に中国、台湾)がそれぞれ5人くらい。
あと、トルコ人、チリ人、オランダ人がいました。
これで分かると思うけど広い家でしたよ。


クスクスは誰が作ったんだろう?
おいしかったです。

デザートのオランダ風アップルパイも絶品。

この辺は盗みたいところ(笑)

今度またこういうのがあれば、ブログで見せられるようなもの作りますね(汗)

NFL Week 9

ペイトリオッツ×コルツは、やっぱり良い試合でした。

↓以下ネタバレ↓

続きを読む

テーマ : NFL
ジャンル : スポーツ

サンズ×ソニックス

昨日、今シーズンの初生観戦行ってきました。
相手はサンズ。

Nash
(試合1時間くらいまえのナッシュ)

バスケの感想から行くと、ソニックスのスーパールーキー、
ケヴィン・デュラントはすごかった。

Durant
(試合中は写真撮ってませんよ)

プロ2試合目で27点取ったわけだけど、(1試合目は18点)
攻撃で戸惑いがほとんど見られなかったんですよね。

ドリブル突破、空中でのバランス、ロングレンジのシュート、どれも良し。
今は体が細いんで6フィート10インチのSGだけど、
そのうちSF、もしかしたらPFも出来るかもしれない体です。

ラジャ・ベルのフィジカルな守備に手こずってたように見えたんですが、
試合後、ベルの方が膝を氷で冷やしてた、って話を読みました(笑)
ベテランのグラント・ヒルをシュートフェイクでかわしたり、とにかく大物なのは間違いないです。
ここからどれだけ大きくなるか、が問題。


良い試合になったけど、最後はサンズが強かったです。
NBAの強いチームはやっぱり、
プレッシャーが高まったところで良いプレーを出してくるんですよね。


と、ここまでは試合の話なんですけど、もっとずっと気になったのは他の事。
(まずは説明なしで話進めます)

試合開始1分前の1階席↓

Key Arena

空席が多くて、ちょっと心配でした。


でも、全米中継される試合に備えて、ファンが作ったサインには、
"This city Needs The Sonics"
思いが伝わってきました。


そして、2ndクォーター。

ソニックスベンチの近くのファンが、チャントを始めました。
"Save Our Sonics"
最初は、なんて言ってるんだろう、っていう位の大きさだったのが、
少しずつ広がって、この掛け声がアリーナ全体を包んだんです。

これで一番盛り上がったのは3rdクォーター、マリオンがフリースローを投げる時。
ファンがフリースローの邪魔をするのにも色々あるけども、
こんな大合唱された事は無いだろうな、と、気の毒に思ったくらい。
2本とも外しました(笑)

NBAの試合って、手拍子や応援を促すように音楽やアナウンスが流れていて、
ファンの側からこういう応援が始まることってあんまり無いんです。
マリナーズファンもそういう感じなんで、
シアトルのスポーツファンをちょっと見くびってたんですが...

これで見直した、というか、感動しました。
生観戦してて良かったとこれほど思った試合は無いです。


↑何のこと言ってるか良く分からなかったかもしれません。
ソニックスが移転するかも知れない、って事への、ファンの反応なんです。

去年、ハワード・シュルツ(スターバックスCEO)が、
オクラホマシティーの実業家グループにソニックスを売却しました。(前のブログで書いた話
新オーナーは、チームをシアトルに残したい、とリップサービスはしてましたけど、
当然誰も信じてませんでした。

このオフシーズンは、税金を使って新アリーナを作りたいやら、
今使ってるキーアリーナとの契約が酷いから解消したいやら、
オーナー関係の話題でファンはうんざりしてたはず。

しかも、元からいたレイ・アレンとラシャード・ルイス、
2人のスターを放出して、全然違うチームにしたり、
人気のレニー・ウィルキンス元監督をアドバイザーから外したり。

とにかくファンをチームから離れさせようとする動きばかりだったんです。


今日になって、新オーナー(クレイ・ベネット代表)は、
オクラホマシティへ移転したい、とNBAに申請しました。
この試合で、このチャントを聞いた翌日です。

記者会見をする予定だったらしいですが、結局は声明文を出しただけ。
答えたくない質問が多すぎますからね。


ちなみに、自分はソニックスファンじゃないですが、
40年の伝統がある「シアトル・ソニックス」は移転しないで欲しい。
移転されたら、グリズリーズが見られないですし(それか)

誠意のかけらもない新オーナーは気に入らないけれど、
なんとかしてオクラホマシティーにチームが欲しい、って言うのは、
グリズリーズ移転の頃メンフィスにいた自分には分からないでもありません。

新オーナーがチーム移転を目指す事が分かっていながら、
チームを手放してしまったハワード・シュルツがもっと酷いですね。

スタバ(傘下のSeattle's Best Coffeeも)ボイコット中です。

テーマ : NBA
ジャンル : スポーツ

開幕戦

サンアントニオ・スパーズ 104-101 メンフィス・グリズリーズ

スコアの通り、惜しかったみたいです。
スタメン5人は、むしろグリズリーズの方が良かったようで。

数字だけ見るとほぼ互角だけど、
ジノビリを大事なところで活躍させちゃいました。

チームの数字で良くないのは、ターンオーバー。
でもナバーロの4つは慣れの問題だろうし、
ゲイは3つターンオーバーするくらいアグレッシブじゃないと(笑)

負けたにしても、相手が相手なんで、収穫はあったと思います。


ハイライトは、ダルコのダンクと、パウの3ポイントで。

テーマ : NBA
ジャンル : スポーツ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

プロフィール

アシュリー

Author:アシュリー
カリフォルニア州バークリー在住、元スポーツジャンキーのアシュリーです。

今観るスポーツは、アーセナル(サッカー)とグリズリーズ(バスケ)、あとテニス。

専門の物理ネタ以外にも、色々書いていくつもりです。

Twitterをハンドル名Inoueianでやっています。

ブログ内検索
カレンダー
10 | 2007/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
RSSリンク
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。