スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんな時こそ、音楽

音楽でも聴いて心を鎮めましょう。それどころではない人もいるのは承知ですが、今、このブログを見ているような人は、そんな事はないはず。

この音楽を選んだ理由は、聴いて、観てもらえれば分かってもらえるのではないかと信じています。

















スポンサーサイト

テーマ : 音楽
ジャンル : 音楽

ご無沙汰してます

ブログ読者の方、と言ってももうチェックしてる人はほとんどいないようにも思いますが、お久しぶりです。時々ここのページを開けてチェックされていた方には、RSSリーダーをオススメします…戻ってきていきなりする話じゃないですね。気にかけて下さってありがとうございます。

ここ半年近くは、Twitterに専念(?)していました。忙しいのもあるのですが、やはり更新する習慣が抜けてしまうとなかなか出来ませんね。

週一くらいのペースで更新出来るかな、と今は思っています。改めてよろしくお願いします。


習慣が戻るまではなんでもいいので更新するのが吉でしょうね。

という訳で今聴いてる曲でも。チャーリー・パーカーのConfirmation。王道ですね。

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

iPod

ちょっと研究で忙しいはずなのにワールドカップも1日1試合くらい見ていてブログ更新できてません。忘れちゃわないように短いけど更新。

iPodなんですが、先月壊れたのを、自前修理で使ってたのが、今月の初めに修復不能と判断。今日買い換えました。

容量160MBもあっても1割ちょっとしか埋まらない(笑)でも、ナノとかだと足りないんですよね。気が向いたときに聞けるように、持っている音楽はほぼ全部入れておきたいので。いちいち選ぶのも面倒ですし。


というわけで、今はマリのボーカリストを聞いてます。サリフ・ケイタとウム・サンガレ。


(伴奏のコラはトゥマニ・ジャバテ)

ムベンバムベンバ
(2005/10/19)
サリフ・ケイタ

商品詳細を見る




セヤ~喜びセヤ~喜び
(2009/02/15)
ウム・サンガレ

商品詳細を見る

ウム・サンガレは、Amazon.co.jpには↑しかありませんでした。これは実はまだ持ってなかったり。

テーマ : 音楽
ジャンル : 音楽

Twitterのおかげ

Twitterで、オークランドとサンフランシスコにあるジャズバー、Yoshi'sをフォローしてます。(えーと、一応、うちのTwitterはこれ

おかげでティナリウェンがYoshi'sに来るという情報が入りました。いや、先月あたりチェックしたはずなんだけど忘れてました。助かった。

ティナリウェン、以前載せたYouTubeのビデオ↓(記事


サンタナと共演(時々途切れます…ちょっと残念)


もう1つ


追記:
あー、大事な話を忘れてた。

ワールドカップ開幕コンサートに出てたんですね。知ってたんですけど時間的に見ませんでした。

ティナリウェンの他にもマリからはアマドゥ&ミリアムとビュー・ファルカ・トゥーレ(アリの息子)が出てたそうで。マリで開催してるわけじゃないのに。やっぱりそれだけすごいんです。

このコンサートに出てた人では、南アフリカのヴーシー・マーラセラも、ティナリウェンと同じく音楽で活動家をやっている人です。そしてやっぱり、音楽だけで聴いても面白い。

こういう事はあんまり言いたくないんですが、コンサートとしてはアフリカの人達だけで良かったのに、と思ったり。でも、欧米メインストリーム向けの客寄せの人がいて、その合間にアフリカのアーティストが見てもらえたって意味では良かったのかも。

テーマ : 音楽
ジャンル : 音楽

続・トゥマニ

うっかりです。

昨日の記事でトゥマニ・ジャバテの新盤を紹介しとくんでした。

アリー&トゥマニアリー&トゥマニ
(2010/02/21)
アリー・ファルカ・トゥーレ&トゥマニ・ジャバテ

商品詳細を見る


4年前に亡くなったアリ・ファルカ・トゥーレとの最後の共演です。

個人的には、もう1つの共演盤↓が先にオススメなんですが。こっちは、ジャンルを問わず好きなアルバムベスト10に入ります。

イン・ザ・ハート・オヴ・ザ・ムーンイン・ザ・ハート・オヴ・ザ・ムーン
(2008/07/27)
アリー・ファルカ・トゥーレトゥマニ・ジャバテ

商品詳細を見る


昨日紹介したラジオでも語られてる話で、アリはマリ北部の伝統音楽の流れを汲んだギタリスト。トゥマニの方は、マリ南部の語り部ジェリ(グリオとも)の伝統を継いでいるコラ奏者です。

マリのすごいのは、こういう風にいくつもの伝統音楽があって、どれも世界に誇れるような超一流の音楽家がいることなんです。

テーマ : 音楽
ジャンル : 音楽

トゥマニ、ライブ

現役で一番好きなミュージシャン、トゥマニ・ジャバテの生演奏の音源が手に入りました。

リンク(一見ビデオのようですが、ただのラジオです、笑)

ロンドンのバービカンセンターでの演奏です。

ロンドン交響楽団のバービカンホール、なのかな?だとしたら約2000人入ってますね。アフリカ音楽でそれが埋まるっていいなぁ。アメリカでは多分無理です。ヨーロッパ住みたい(笑)

テーマ : 音楽
ジャンル : 音楽

ホーメイ

ちょっとお酒が入っているんで、物理と数学の話は明日(笑)

今回は昨日の話。

ホーメイのコンサートに行ってきました。モンゴルの隣、ロシア連邦トゥヴァ共和国から来た、チルギルチンという4人組です。シアトルでも聴いたんですけどね、これは何度聴いてもいいです。


↑カメラが全然注目するべきところに注目できてない(笑)

↓こんなきれいな音楽はなかなかないですね。


かと思えば、おふざけとしか思えないこんなビデオも(笑)


最後のに出てくる女性歌手は、3年位前にグループに加わったみたいで、自分が生で見た時には2回ともいました。ヤギの鳴き声も彼女です(笑)


ちょっと音質が悪いんですが、イゴールさんのソロ。6つのホーメイのスタイルをマスターしているとか。6つもあるのか、と言うのが驚きですけどね(笑)でも生で聴いていると確かに何種類か使い分けているのがわかるんです。

テーマ : LIVE
ジャンル : 音楽

Tinariwen

今週は春休みなんですが、ちょっと手抜きになります。明日から、ゲストブロガーが入るので。誰かというと、えー、うちの彼女です(笑)

先月遊びに来ていたので、その時の事を書いてくれました。僕に書いて欲しい、とリクエストされてたんですが、ブログでこれまで紹介した場所に多く行ったので自分としては書きにくかったんですね。というわけで、海外旅行慣れしない日本人のベイエリア初体験ブログ、になります。


今日は、最近聴いている好きな音楽の紹介。

最近、音楽通の友達に、もっと色んな音楽聴いたら、といわれたんですね。いや~、色々聴いてるつもりなんだけど(笑)

でもジャズ、特にブルーノートレコード系が多いのは事実ですし、好きなアーティストの録音を収集する癖と、入手した音楽を一週間くらいエンドレスにリピートする癖のせいで(汗)広く浅くよりは、深く狭くな傾向が確かにあるんです。

まぁとにかく、先週末レコード屋に行って、現役、ジャズ以外、しかもこれまでCDを買った事無いアーティスト、に絞って3枚買ったんです。…それが気付いたら3つともアフリカの人だったんだから。結局あんまり広くないじゃん、と(笑)


で、最初にエンドレスにリピートされてるのが、サハラ砂漠の遊牧民トゥアレグ族のバンド、ティナリウェン。

Imidiwan: CompanionsImidiwan: Companions
(2009/10/13)
Tinariwen

商品詳細を見る


こんな音楽です。



強烈なスウィング、グルーヴ感。こういうのが好きなんです。わかりにくいかもしれない言い方すると、ロックンロールの、ロックじゃなくてロールの方。

ブルースのプロトタイプと言っていいようなギターも魅力。


元々、トゥアレグ族の独立運動をきっかけに活動を始めたバンドだという事で、そのメッセージ性にも深みがあるんでしょうが、残念ながら彼らの言葉を知らない自分には入り込めません。でも、そういった背景を知らなくても伝わるパワフルな音があります。

テーマ : 音楽
ジャンル : 音楽

トゥマニ

昨日の夜はネットが繋がらず、更新出来ませんでした。

いきなりですが、トゥマニ・ジャバテ、世界一の楽器奏者かもしれないと思ってます。





弾いてるのは西アフリカの伝統楽器コラ。両手の親指と人差し指だけで、ベースライン、中音のメロディー、高音の即興演奏まで全部やってます。

もっと見たければYouTubeでどうぞ

コラのソロ演奏をはじめて聴いたのはいとこのママドゥ・ジャバテで、本当に感激したんですが、トゥマニを聴いた後でママドゥの録音を聴くと、チェンバロでバッハを弾いてるみたいに聴こえます。つまり、それはそれで面白いんだけど、音の強弱の付け方や、リズムのゆらぎがトゥマニには全然かなわないんです。


持ってるトゥマニのCDは↓

まずソロ演奏。上の2曲も入ってます。
ザ・マンデ・ヴァリエーションズザ・マンデ・ヴァリエーションズ
(2008/02/17)
トゥマニ・ジャバテ

商品詳細を見る


幼なじみのバラケ・シッソコとコラのデュエット。
New Ancient StringsNew Ancient Strings
(1999/06/22)
Toumani Diabat�

商品詳細を見る


これは、バラフォン(木琴)とンゴニ(バンジョー)と一緒。
DjelikaDjelika
(1995/09/05)
Toumani Diabat�

商品詳細を見る


最後に、ビッグバンドのリーダーに。上の3つは超絶民族音楽、これはポップです。
独立大通り独立大通り
(2008/07/27)
トゥマニ・ジャバテ&シンメトリック・オーケストラ

商品詳細を見る



追記:
危ない危ない。もう1つありました。
同じマリ出身のギタリスト、アリ・ファルカ・トゥーレとの共演。砂漠のブルースと言われたトゥーレのギターも面白いんですが、残念ながら2006年に亡くなっています。

イン・ザ・ハート・オヴ・ザ・ムーンイン・ザ・ハート・オヴ・ザ・ムーン
(2008/07/27)
アリー・ファルカ・トゥーレトゥマニ・ジャバテ

商品詳細を見る

テーマ : WORLD MUSIC
ジャンル : 音楽

最近聴いた音楽

オムレツの美味しいカフェで書いてます。

この店、ラジオでジャズが流れてて、好きな雰囲気なんですが、選曲に問題があるんです。古いボサノヴァを流し過ぎ。

↓これとか
Getz/GilbertoGetz/Gilberto
(1997/05/20)
STAN GETZ / JOAO GILBERTO

商品詳細を見る


↓これとか
Jazz SambaJazz Samba
(1997/05/20)
Stan GetzCharlie Byrd

商品詳細を見る


↓これとか
Jazz Samba Encore!Jazz Samba Encore!
(1990/10/25)
Stan GetzLuiz Bonfa

商品詳細を見る


中に入ってる演奏か、入ってる曲を他の人がやったのが流れてる事がすごく多いんですね。

どれも良いアルバムですよ。でも、何度も聴いてると飽きちゃいます。自分自身、高校の頃飽きるくらい聴いたのもありますし。


ボサノヴァじゃない時は良いんですけどね。どうやら今日はボサノヴァなので、先月サンフランシスコのAmoeba Musicで買ったのを、iPodで聴いてます。(Amoebaの本店はバークリーなんですが、サンフランシスコに行ったついでに見てきたんです。本店に行った時のブログ

今聴いてるのはこれ↓
The Complete Commodore RecordingsThe Complete Commodore Recordings
(1997/01/28)
Billie Holiday

商品詳細を見る


ビリー・ホリデイのコモドアでのボックスセットです。「奇妙な果実」など入ってます。

音源の全部揃ったボックスセットの問題は、同じ曲の複数のテイクが、続けて流れる事ですね。出来れば、全曲1回ずつ流して、そのあとにアウトテイクを並べて欲しいんですが。

まぁ、シャッフルして聴けば問題無しです。今はデッカのボックスセットと合わせてシャッフルして聴いてます。
The Complete Decca RecordingsThe Complete Decca Recordings
(1991/10/01)
Billie Holiday

商品詳細を見る


この2つがあるんなら、コロムビアのボックスセットも揃えたい所。でも枚数が多い分、高いんです。
Lady Day: The Complete Billie Holiday on Columbia (1933-1944)Lady Day: The Complete Billie Holiday on Columbia (1933-1944)
(2001/10/03)
Billie Holiday

商品詳細を見る



土曜日にはウェイン・ショーターがバークリーに来るんで、ショーターのアルバムも1つ買いました。
Super NovaSuper Nova
(1991/10/08)
Wayne Shorter

商品詳細を見る


タイトルのSuper Novaは超新星の事なんで、うちのブログにもピッタリ(笑)まぁ、この録音(69年)の後にも、どんどん進化してる人なんで、あんまり直接の参考にはなりませんけどね。生演奏を楽しみにしてます。


先週行ったYoshi's Oakland、今週もタダ券が出ました。ちょっと忙しいんで今回はスルー。

でも、MySpaceで聴く限りだと面白そうなグループでした→Tarbaby

"tar baby"(tarはタール)は、黒人の子供の事を指す蔑称です。この人たちは、ジャズがtar babyとして扱われている、と。理解出来ない人達、演奏出来ない人達に汚されているジャズを守りたい、というメッセージを込めてバンドの名前にしたようです。

個人的には、ジャズという音楽は色んなものを吸収して育っていく、もっと力強いものだと思ってますが、この人達の演奏には文句が付けられません。オリジナルですが、伝統を大事にする気持ちは伝わってきます。

アルバムも検討中。

TarbabyTarbaby
(2009/01/13)
Tarbaby

商品詳細を見る



追記:
忘れるところでした。

シアトルで去年聴いたホーメイのグループChirgilchin、バークリーで明日演奏する予定だったんですが、メンバーの1人にビザが出なくて中止との事。残念。国籍の話を書いたばかりの時に(笑)

この人達はすごいです。

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

プロフィール

アシュリー

Author:アシュリー
カリフォルニア州バークリー在住、元スポーツジャンキーのアシュリーです。

今観るスポーツは、アーセナル(サッカー)とグリズリーズ(バスケ)、あとテニス。

専門の物理ネタ以外にも、色々書いていくつもりです。

Twitterをハンドル名Inoueianでやっています。

ブログ内検索
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
RSSリンク
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。