スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペンギンズ優勝

Sidney Crosby


NHLの話です。

デトロイト・レッドウィングズとピッツバーグ・ペンギンズの決勝シリーズ、
面白かったです。
去年は確かほとんど見なかったんですが、リマッチでした。

最初の6試合はホームチームが勝って、
最後の最後にデトロイトでペンギンズが勝って終わり。

Game 1 ペンギンズ 1-3 レッドウィングズ
Game 2 ペンギンズ 1-3 レッドウィングズ
Game 3 レッドウィングズ 2-4 ペンギンズ
Game 4 レッドウィングズ 2-4 ペンギンズ
Game 5 ペンギンズ 0-5 レッドウィングズ
Game 6 レッドウィングズ 1-2 ペンギンズ
Game 7 ペンギンズ 2-1 レッドウィングズ

1と2、3と4、6と7のスコアが同一っていう、不思議な偶然も(笑)


ホッケーは、出てる選手が目まぐるしく変わるんで、(1分に1回くらい)
素人目には、誰がどういう選手なのか、なかなかつかめないんですが、
この2チームだと目立つ選手が何人もいて助かります。

ペンギンズは、若手フォワードコンビのクロズビーとマルキンがまず良いですし、
GKのフルリも活躍してました。

レッドウィングズは、NHLのヤンキーズみたいな存在で、
応援するわけにいかないんですが、
困った事に、代表チームでは好きなスウェーデンの選手が何人もいます。
キャプテンの二クラス・リストロムや、フォワードのヘンリク・ゼテベリなど。

こっちも、GKのオズグッドが良かったです。
キーパーが良くないと、ここまでは上がって来れないって事でしょうね。


今シーズンは、NBAを見てない分見られるかな、と密かに思ってましたが、
結局見たのはプレーオフの最後の方だけでした。
引っ越した後は、サンノゼ・シャークスの試合が中継されてると思うんで、
馴染めるかもしれません。

(写真はNHL.comより)
スポンサーサイト

テーマ : アイスホッケー
ジャンル : スポーツ

4度目の延長

テンプレートはちょっと試してみてるだけなんで、
前の方が良かった、って意見あれば多分戻します。
こっちの方が良い、って思ったらそれはそれで言って欲しいですけど。


セルティックスがようやくホークスを倒して、NBAのベスト8が揃いましたね。

でも今日は、NHLの方が凄かったです。


ベスト4の枠をかけた、
ダラス・スターズ対サンノゼ・シャークスのGame 6が、
1対1で並んだまま、1時間以上延長してやっと決着が付いたんです。

勝ったのはスターズでした。
ゴールキーパーのマニー・ターコが凄かった。
Turco

62本もシュートを受けて、1つしかゴールを許さなかったんですから。

相手のキーパーのナボコフも、53回セーブしたんですけどねぇ。
Nabokov

↑パックがゴールライン上まで行ったセーブもあって、
勝たせてあげたくなるパフォーマンスでした。


ホッケーは、プレーの流れの中で1分ごとくらいに選手が交代するんで、
キーパー以外は同じ選手が2時間以上ずっと出てたわけじゃないんですけどね。

それでも、「氷上の格闘技」を40分とか50分やってたわけで、
みんなホテルに戻ってバッタリ倒れてるんじゃないでしょうか。


これでNHLはベスト4が揃いました。(数字はシード)


ピッツバーグ・ペンギンズ(2)×フィラデルフィア・フライヤーズ(6)

西
デトロイト・レッドウィングズ(1)×ダラス・スターズ(5)


カナダのチームって事でモントリオール・カナディアンズを応援してたんだけど、
フライヤーズに負けちゃったんです。

ここから応援するのは、ペンギンズ。
スーパースターのシドニー・クロズビーは、
素人目にも凄さが分かる選手ですし、応援はしやすいです。

他は、レッドウィングズは常勝軍団で、
ダラスはアイスホッケーのチームがあっていいのか疑問なほど暑いんでダメ(笑)

(写真はESPNより)

テーマ : NHL
ジャンル : スポーツ

NHLで事故

NHL(アイスホッケー)で命に関わるような事故がありました。
幸い、無事だったみたいですが。

ちょっと、ここに詳細を書くことがためらわれるような話なんで、
リンクを貼るだけにしておきます。

日本語のニュースはまだ扱ってるところが無いみたいなんですが、
ブログに書いている人は見つけました。
バッファロー・セーバーズのファンらしい「さーべる倶楽部」さんの所で。


NHLで初めて起きたわけでもないらしいし、
聞いたことが無いわけでもないんですけどね。
アイスホッケーだけはやる気が起きなさそう...


ホッケーは乱闘も多いですけど、
乱闘は、実は結構コントロールされてたりします。

ホッケーに関わってる人達の間では、
ホッケー選手はこうあるべき、って言う姿が確実にあって、
乱闘にも作法があるんですね。

スティックとグラブを外して相手と1対1で向き合って、などなど
暗黙の了解が多いんです。
扱う力が大きいなりに、責任感が伴う、って事では武士道とか騎士道みたいなものですね。

で、その規律を破ると、相手の選手はもちろん、
チームメイトやファンからも見放されかねないんです。

なんだこいつら、暴力ふるいたいだけじゃないか、って言う見方の人もいますけどね、
そうじゃないんだよ、と自分は思います。

テーマ : NHL
ジャンル : スポーツ

今さらだけど

日本でも、新年のスポーツは色々ありますが、
(一番見てたのは、ラグビー大学選手権準決勝でした...少数派ですよね、笑)
アメリカの新年のスポーツと言えば、
元日の昼前から、大学アメフトのボウルゲームが目白押し。

週末に引っかかれば、NFLのプレーオフもちょうど始まる時期です。


でも今年は、もう1つ注目の試合がありました。

NHLで屋外での公式戦があったんです。
カナダではここ10年で2回屋外でやった事があるみたいですけど、
アメリカでやるのは初めて。

会場は、普段はバッファロー・ビルズ(NFL)のホーム、ラルフ・ウィルソン・スタジアム。

7万人の観客を前にプレーしたのは、バッファロー・セーバーズと、
20歳ですでにMVPを取っているシドニー・クロズビーのピッツバーグ・ペンギンズでした。

両チームとも、レトロのユニフォーム。
ペンギンズの水色ジャージ良いな~(普段は黒、黄色、白)

まぁ、ハイライト↓ちょこっとでも見てみてくださいな。
フットボール場にリンクを作る様子から始まります。



延長でも決まらなくて、↑最後の方はシュートアウト(PK戦みたいなの)です。
これだと良く分からないけど、クロズビーが股抜きシュートで勝ちを決めました。


クロズビーは、最初の点にも絡んでましたけど、
一番リプレーされたのはこのプレーかも↓



ホッケーはやった事無いんでどれだけ難しいのかいまいち分からないんですが、
下手をすると思いっきり体当たりをかまされるスポーツで、
公式戦でこんなプレーを出せる、ってのはすごい度胸と自信ですね。


とにかく、この企画はNHLとしては大当たりでした。
言ってしまえば、ただのレギュラーシーズンの試合なのに、
去年のプレーオフ決勝より視聴率が高かったんです(笑)

カナダでは根強い人気があるにしても、アメリカでは注目度がかなり低いNHL。
リーグの一番のスターの顔も広められたし、
普通にNHLが話題に上がるようにできたのは成果が大きいと思います。

テーマ : NHL
ジャンル : スポーツ

新投票&1人で5点!

NFLのレギュラーシーズン残り2節で、
ペイトリオッツがまだ全勝を守ってるって事で、
右の投票変えました。

質問は、ペイトリオッツがいつ負けるか(または、負けずに優勝しちゃうか)

参考としては、
NFLで全勝優勝したチームは過去1つだけ(72年ドルフィンズ)

あと、レギュラーシーズン残りの対戦相手の成績は、
ドルフィンズ 1勝13敗
ジャイアンツ 9勝5敗
です。

ま、最終的には勘でどうぞ。
あと、途中で修正投票しちゃってくれても良いですよ(笑)
コメントに修正だって事書いておいてください。


じゃ、今シーズン初めてのNHLネタ。

ミネソタ・ワイルドのマリアーン・ガーボリーク(スロバキア代表)が、
1試合で5点取ったんです。

ESPNのハイライトは→クリック(観られなかったらおせーて下さい)

5点のうち2つは、空中のパックを叩き入れてます...
すごい動体視力&反射神経ですよねぇ
テレビで普通の速度で観てたら何が起こったか全く分かりません(笑)


アイスホッケーは、サッカーより点入るんで、
1人で5点とかもあるのかなぁ、と思ってたんですけど、
なんとNHLでは11年ぶりだとか。

考えてみると、NHLは試合中にどんどん交代してるんで、
1人の選手が出てる時間は試合の半分にもならないんですよね。
1人大量得点が珍しいのはだからかな、と勝手に納得。

O Canada!

NHLのスタンリーカップ決勝は、
最初の2試合はホームのダックスが連勝。
セネターズにとってGame 3は必勝の試合でした。

そのGame 3の前の出来事。


NHLでは、アメリカのチームとカナダのチームが対戦する時、
両方の国の国歌斉唱があります。

ダックスはカリフォルニアのアナハイム、
セネターズはカナダの首都オタワのチームなんで、
このシリーズでは毎試合両方流すわけです。


まずはアメリカ国歌「The Star-Spangled Banner」、
マイクを持ったのは、ちょっとさえない風貌のおじさん。

歌い始めると、ベルカントの綺麗なテナー。
あなどってたよ、おじさん(笑)
最後の音程の上がるところも難なくこなしてました。


そしてカナダ国歌「O Canada」(歌詞などはこちらで)
観客の9割以上はカナダ人。
(カナダ人のはずの)おじさんも気合を入れます。

歌の後半、盛り上がっていくところ
From far and wide,
O Canada, we stand on guard for thee.

と歌ったところで、なんとおじさんが歌うのを止めます。

God keep our land glorious and free!
O Canada, we stand on guard for thee.

それでも続く演奏と歌。
そう、観客の合唱に会場が包まれたんです。


ちょうど歌詞も、(カナダ大使館さん通訳お願い)
「神よ、これからも
われらの大地を荘厳で自由に保ちたまえ
おお、カナダよ
 われらは汝を守りゆく」

ここでアメリカのチームには負けられない、と言う気持ち、
アイスホッケー発祥の地の誇りを感じました。


どれくらい痺れたか、10点評価で言うと、9点。
10点が今年は1回ありましたけど、
他はちょっと比較にもなりません。

わざとらしい演出じゃなく、
観客の素直な気持ちが現れてましたから。


...で、なんで9点かって言うと、
ダックスの選手も、過半数がカナダ人なんです(笑)
その皮肉を感じてしまったんですわ。

今年はサンノゼ・シャークスの試合で、
サンノゼの客がカナダの国歌にブーイングした、ってのもありましたけど、
味方のファンに自分の国歌がブーイングされてる選手としては
たまったもんじゃないですよね。

テーマ : アイスホッケー
ジャンル : スポーツ

スタンリーカップ決勝

決勝は、
オタワ・セネターズ
×
アナハイム・ダックス

になりました。

どっちも好きな方ですけど、
そういう時はむしろ見なくなっちゃう傾向が(笑)


セネターズは、
キャプテンのダニエル・アルフレッドソン、
ダニー・ヒートリーとジェイソン・スペッツァ、
3人のスターフォワードを同時に出す豪華メンバーです。

プレーオフ15試合での成績は、
         得点 アシスト
ヒートリー     6   15
スペッツァ     7   13
アルフレッドソン 10    7

逆にダックスは、守備が強み。
スタメンのディフェンスマンは、2人ともオールスターレベルの、
クリス・プロンガーとスコット・ニーダーマイヤー。

キーパーのジャン=セバスチャン・ジゲールもいいです。

攻撃のスターは、テーム・セランネ。


どうなりますかねぇ。

Game 1は月曜です。

テーマ : アイスホッケー
ジャンル : スポーツ

セーバーズ生き延びた

今日は早く帰ってNHLプレーオフ観戦。

初めて試合を最初から最後まで見るバッファロー・セーバーズ。
(一応、残ってる中では一番勝ってほしい)

1番シードなのに、4番シードのセネターズに3連敗で追い込まれちゃってました。


あ、最初から、ってのは厳密には正しくないです。
最初の20秒くらい見損ねました。

そして、その間にセーバーズが先制してました(笑)

試合開始後9秒で得点って...あるんですね。


60分(3ピリオド)の試合時間のうち、
第1ピリオドから、第2ピリオドの最初の10分まで、
セーバーズのペースでした。

反則で何度も相手にパワープレー(人数アドバンテージ)を許してたのに、
それでも相手のやりたいようにはさせてませんでした。
キーパーのライアン・ミラーもキレキレ。


なるほど、こういうチームなのか、とやっと分かった感じ。

シーズン中はリーグ最多得点のチームだったのに、
ここまでのプレーオフで見る限りでは
それがあんまり感じられなかったんです。


ペースをつかんでいる間に3点リードを取ったんですけど、
そのあと2点立て続けに取られて、最後は危なっかしかったです。

まだ3連勝しないといけないんで、やっぱり厳しいかも。

テーマ : アイスホッケー
ジャンル : スポーツ

延長戦

NBAは、優勝予想のマブズが1回戦で1勝2敗です(汗)
今日の試合は酷かった...

NHLに切り替えたところで、延長戦が見られました。


バンクーバー・カナックスと、アナハイム・ダックスの第2戦。
カナックスはなんとか1試合アウェイで勝ちたいところでした。

延長、第2延長とずっと見てたんですけど、
とにかく相手のチャンスを潰すのが両方とも上手い。
サドンデスだっていうのに、
自分みたいなにわかファンにはつまらなかったです(苦笑)

カナックスが勝ったのには安心。
バッファロー対バンクーバーの決勝に期待してるので。

次に見る試合は、もうちょっと得点チャンスが見たいです。


さてと、明日、明後日はNFLドラフトです。

テーマ : アイスホッケー
ジャンル : スポーツ

まずは良かった

今日の第7戦、カナックスが逆転勝ちで、
2回戦に進みました。


鍵だったのは、パワープレー。
相手の選手が反則でブタ箱に入れられてる間の、
1人アドバンテージの時間でした。

スターズに先制されたあと、
パワープレーで、
至近距離でヘンドリック・セディンがフリーになって同点。

逆転ゴールも、パワープレーで押している時、
味方のシュートをスティックで弾いたのが、
相手キーパーの反応できないシュートになった点でした。


今日は双子のセディン兄弟のコンビネーションが見事でした。
Game 1に2人で2点取ったあと、この試合までアシストさえなかったんですね。
この2人がもっと活躍しないと、次は厳しそう。


これで2回戦の組み合わせは決まりです。


☆(1)バッファロー・セーバーズ×ニューヨーク・レンジャーズ(6)
(2)ニュージャージー・デヴィルス×オタワ・セネターズ(4)☆

西
(1)デトロイト・レッドウィングズ×サンノゼ・シャークス(5)☆
(2)アナハイム・ダックス×バンクーバー・カナックス(3)☆

☆のチームを応援。
バッファローとバンクーバーは特に。

テーマ : アイスホッケー
ジャンル : スポーツ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

プロフィール

アシュリー

Author:アシュリー
カリフォルニア州バークリー在住、元スポーツジャンキーのアシュリーです。

今観るスポーツは、アーセナル(サッカー)とグリズリーズ(バスケ)、あとテニス。

専門の物理ネタ以外にも、色々書いていくつもりです。

Twitterをハンドル名Inoueianでやっています。

ブログ内検索
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
RSSリンク
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。